1224171
ライブネタバレ掲示板
この掲示板は ライブのネタバレ情報が書かれています。
ライブのセットリスト等の情報を知りたくない方は
閲覧しないようご注意ください。

[トップに戻る] [新しく投稿する] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
◆画像を投稿出来る掲示板です
◆画像をクリックすると別ウィンドウに大きなサイズで表示します
◆記事の削除、修正は画面最下部から行えます
◆この掲示板は携帯対応です
◆カメラ付き携帯電話から写真を投稿することもできます


No.9460矢沢永吉さんライブ参加レポ
by Miya-Y 投稿日:2022/08/28(Sun) 12:34
 

【次記事】
8月27日 国立競技場で開催された『EIKICHI YAZAWA 50th ANNIVERSARY TOUR「MY WAY』に参加してきました。
MISIA登場部分のレポをしていきます。

8月15日MISIAが矢沢永吉さんのライブにゲスト出演するという情報が発表されました。
MISIAと矢沢永吉さんは今まで大きな繋がりの情報はなかったのでビックリ。
ちなみにMISIAが過去に他アーティストさん名義の単独ライブにゲスト出演したもの&歌った曲は〜
(イベントやFesは除いています)

●玉置浩二(2004)
・名前のない空を見上げて

●GANGA ZUMBA(2006)
・Survivor (feat. MISIA)

●黒田卓也(2016)
・BELIEVE

●Marcus Miller(2018)
・運命loop (feat. Marcus Miller)

●GLAY(2019)
・YOUR SONG feat.MISIA

●矢野顕子(2021)
・音楽はおくりもの

●EXIT(2022)
・SUPER STAR
・つつみ込むように…

となっています。事前に公式発表されたのはEXITさんのみ〜…GANGA ZUMBAは匂わせはあったけど公式発表はなかったでしたっけ? 記憶あいまい(^_^;
で、上記の通り過去にゲスト参加したライブはコラボ等の大きな繋がりがあってコラボ曲を歌うパターンが多かったです。
なので今回は〜

@矢沢さんとMISIAのコラボ新曲発表&披露
 57%
A矢沢さんの曲を二人で歌う
 23%
BMISIAの曲を二人で歌う
 12%
CMISIA『君が代』を歌う
 5%
Dディズニー繋がりで『Sea Of Dreams』を歌う
 3%

という予想(妄想)をしていました。Dは単に私が聴きたいという要望ですが(笑)。

私は矢沢さんはそんなに深く聴いてこなかったですが、MISIAファンの中にも矢沢さんファンちょいちょいいますので興味はありました。
新しい国立も行ってみたかったというのもあって参加決定。事前公表ありがたや。
いろいろ予想しつつ当日を楽しみにしていました。

No.9461Re: 矢沢永吉さんライブ参加レポ
by Miya-Y - 2022/08/28(Sun) 12:36
 

当日私は六本木から国立競技場駅へ。ディープな矢沢さんファンの方々が目に入ります。
…バッグなど荷物を持たずタオルのみという方もチラホラ。
それMISIAならZeppなどのライブハウス会場の参加スタイルですよ(笑)。気合入っていますね〜。
駅到着。私は旧国立競技場駅はサッカー等で何度か行っていましたが新しくなってからは初。
建設中見学に行った事はありましたけど。

少し早めに着いた&せっかくなので見学兼ねて競技場を一周。濃いスタイルのファンの方々も多いです。
会場やファンの方々見ているとなんかワクワクしてきます☆
私は3層スタンド(A席)なのでDゲートから入場します。検温&消毒、チケットはバーコード読込。身分証明書もしっかり確認。
入場時に紙チケット(紙質良し)が渡されます。これは嬉しい♪
もしMISIAもオール電子チケットになるようなら、これは是非やってほしいな〜。
そしてチラシを持っていくよう言われます。宣伝系かと思ったらライブで使用するリストバンドについての説明チラシでした。

座席へ。グループディスタンス等ではなかったです。
スタンドは1席づつ空けるか、グループディスタンスかと思っていましたが流石の集客力。
ステージはメインスタンド側にある構成。なのでスタンドは使っていないところもあります。
花道あり。大型スクリーンもあり。
MCでは『5万人の〜』という話をされていました。
私は右端付近の席でした。Dゲートから結構歩いた(^_^;
開演前はマスク着用・永ちゃんコール等の声援禁止のアナウンス、映像でもしっかり流していました。
チケット購入時にもしっかり確認事項としてありましたし、運営さんしっかりしているな〜と感じます。

ライブ開始。座席位置&会場の大きさ・作りから音は遠め。
私の席はスピーカーラインから外れていて、クラップがかなり響くので音が聴こえづらい状態。
でもクラップのないバラードになると『良いバランスしているな〜』と感じます。
正面席ならかなり良い感じだったのではと予想。この規模の会場ではとても頑張っていると感じました。
…そして羨ましいと思いました(笑)。
矢沢さん、歌・演出共に素晴らしいです。メンバー構成も豪華。
ストリングスとかかなり人数いるのに使う曲はかなり絞っていて
『うはぁ〜贅沢な使い方だな〜』なんて思います。花火やキャデラックで一周など演出も豪華〜。
そしてライブ後半〜

No.9462Re: 矢沢永吉さんライブ参加レポ
by Miya-Y - 2022/08/28(Sun) 12:40
 

矢沢さんMCで〜

・50周年で特別なゲストを呼びました。
・年が2〜3周り離れていますけど日本を代表する歌姫と矢沢のおじさんがデュエットしたらどうなるか。
・夏の夜、歌うならこれしかないなと。『HEY YOU・・・』。

※矢沢永吉さんの話し方は脳内補完できないのでかなり違っているかも

という感じでイントロ開始。
矢沢さん『日本のNo.1の歌姫、MISIA〜〜!』
と紹介。
衣装等は↓を参照してくださいませ。
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/08/27/kiji/20220827s00041000609000c.html

まずは矢沢さんから歌います。そして次にMISIA。
美しく声を響かせてきます。
そして会場から拍手発生。区切りの良いところではないところで発生した拍手に
『MISIA矢沢さんファンに受け入れられたかも♪』
と思いました(^^。
MISIAが矢沢さんの曲歌うってそんなにイメージできなかったのですけど、
低く深みのある矢沢さんに対して、MISIAは高く美しい声できます。
普段のライブよりやや意識して高めにしているかも。この対比がとても良い感じ。

そして二人での歌唱。最初は矢沢さんがハモリ。
二人の声、想像以上に相性良いです。うひひ。
1番終わって再び拍手発生。
2番はMISIAから歌います。そしてハモリはMISIA。
う〜んめっちゃ心地良い。

矢沢さんの最後の歌詞『愛してる』の後、甘いサックスが良いなぁ。
そしてMISIA『50周年おめでとうございます』と言って
矢沢さん『MISIAに暖かい拍手を!』と言ってMISIAはステージ下がりました。

曲終えて矢沢さん〜

・歌うまいよね〜。
 (会場:(笑))
・最高だよ感動しちゃったよ。音楽って世代は関係ないよね。

という感じでライブは続いていきました。
MISIAについては『ある人を通じて〜』というような事を言っていたかも。

という事でMISIAのゲストタイムは終了。
私のライブ前最終予想は〜
・矢沢さんの曲を二人で歌う。
・二人でMC(今回のゲスト参加の経緯、コラボ曲発表)
・二人でその曲を歌う
という感じでしたが見事にハズレ(笑)。
多くて2曲とは思っていましたが、MISIAとのMCがなかったのは予想外でした(^_^;
ですが『HEY YOU・・・』めっちゃ良くて感動しました。
結局何故MISIAが大きな関わりのなかった矢沢さんのライブにゲスト出演する事になったのかは謎ですが(笑)。

MISIAファン的にはMISIAの出番少なかったな〜とは思いましたが、
私はMISIAだけ目的で行ったわけではないので満足です。
ライブ楽しかった☆

帰り道で矢沢さんファンの
『MISIA短かったね。持ち歌1曲デュエット1曲で良かったのに〜』
なんて声を聞いたという方もいました。
嬉しい感想(^^。

No.9463Re: 矢沢永吉さんライブ参加レポ
by Kei - 2022/08/28(Sun) 13:18
 

事前に知らなかったら、きっとひっくり返りましたね(笑)
紅白での有線マイクの話しなんかしてくれたら、永ちゃんファンももっと盛り上がったのに!
と思いました…

No.9464Re: 矢沢永吉さんライブ参加レポ
by たら - 2022/08/29(Mon) 15:25
 

衣装の情報、発見〜☆
今回は、トモコイズミさんではなかったのね(^^;

https://twitter.com/shiroaraki/status/1564106989138915329

No.9465Re: 矢沢永吉さんライブ参加レポ
by Miya-Y - 2022/08/30(Tue) 07:54
 

>Kei
翌日のゲストは完全シークレットでB'z。
B'zファンが現地にいたらひっくり返っていた事でしょう(笑)。
『黒く塗りつぶせ』はこちらでしたね〜。
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202208280001371.html

>たら
情報ありがとうございますm(_ _)m
トモコイズミさんっぽいと思っていました〜(^_^;
インスタ拝見したところ、画像は載っていないですが星Acroの背中ピースマーク衣装もARAKI SHIROさんですかね〜?

No.9466Re: 矢沢永吉さんライブ参加レポ
by たら - 2022/08/30(Tue) 22:36
 

個人的な話でゴメンね。

昨日の昼間に「MISIA」でエゴサーチしてたら、永ちゃんのバンドメンバーに「米川英之」って出てきたんだけどさ…。
えっ、元「C-C-B」の米ちゃん!? 永ちゃんのバックやってるの!?
私、子供の頃C-C-B好きだったから(FCにも入ってた)、思わぬ所で名前が出てきてビックリしたよ〜。

No.9467Re: 矢沢永吉さんライブ参加レポ
by Miya-Y - 2022/08/31(Wed) 07:51
 

>たら
おぉ、そうだったのですね〜。
個人的な話を返すと、多分私が初めて大きなホールでポップスを聴いたのは旧渋谷公会堂での『ザ・トップテン』。
その時に『C-C-B』さん出ていました(笑)。曲は『Romanticが止まらない』。

そういえば矢沢さんバンドメンバーのサックス『グスターボ』と紹介されていたように聞こえました。
私遠くて顔は確認できなかったですが平成武道館等で参加したグスターボ・アナクレートさんですかねぇ?


No.9457国立競技場矢沢永吉さんライブゲスト速報
by Miya-Y 投稿日:2022/08/27(Sat) 21:02
 

【次記事】
矢沢さんの持ち歌『HEY YOU…』を2人で歌いました。
前後にMISIAと矢沢さんのMCはなく、間奏中に
『50周年おめでとうございます』
という感じで短めではありました。
でも曲はとても良かったです(^^)。

No.9458Re: 国立競技場矢沢永吉さんライブゲスト速報
by Kei - 2022/08/28(Sun) 02:13
 

Miyaさん、お久しぶりです!
2人の歌っている姿、素敵でしたね〜
私的には、「黒く塗りつぶせ」なんて、歌ってくれると、さらに嬉しかったのですが…

永ちゃんの50周年&新国立競技場で初の有観客ライブ!
これは行かなきゃと、チケット取って楽しみにしていたら…
まさかのMISIAがゲストってΣ(゜ロ゜;)
初日にしといて、良かったです(^_^)v

No.9459Re: 国立競技場矢沢永吉さんライブゲスト速報
by Miya-Y - 2022/08/28(Sun) 12:33
 

>Kei
お久しぶりでございます〜。
後で別にレポ書きますが、想像以上に2人の声の相性良いと思いました(^^。
おぉMISIAゲスト出演公表前にとっていたとは。
私は事前発表のおかげで参加できましたが、もし事前公表なかったら超〜ビックリしたでしょうねぇ(笑)。


No.9439星空Acro7月16日長崎公演詳細レポ
by Miya-Y 投稿日:2022/07/18(Mon) 18:26
 

【次記事】
2022年7月16日(土)長崎市稲佐山野外ステージで行われた
『MISIA 星空のライヴ ACROSS THE UNIVERSE』(以下星Acro)ファイナル公演に参加してきました。

以下詳細レポになります。

※このレポでは『MISIA Soul Jazz Big Band Orchestra Sweet & Tender』をBig Band公演、『Candle Night』をCN、『THE SUPER TOUR OF MISIA』をTSTOM、『MISIA SOUL JAZZ SWEET & TENDER』をS&T2019、『MISIA SUMMER SOUL JAZZ』をMSSJと略します。

※内容等に間違いがある場合も考えられます。また個人的な感想も書いています。
 観賞位置や周りのオーディエンス等によって受けた印象が違う方もいると思いますがご了承くださいm(_ _)m

No.9440Re: 星空Acro7月16日長崎公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/18(Mon) 18:27
 

セットリスト&メンバー

●Welcome One / HELLO LOVE
●Hello Love / HELLO LOVE
◯MC
●陽のあたる場所 / Mother Father Brother Sister
●あなたにスマイル:) / LOVE BEBOP
◯MC
●Everything / MARVELOUS
●さよならも 言わないままで / HELLO LOVE
●明日へ / SOUL QUEST
◯MC
●Higher Love / HELLO LOVE
●好いとっと / HELLO LOVE
●SUPER RAINBOW / Life is going on and on
◯アンコール〜MC
●花はどこへ行った / CD未収録新曲
●アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN) / Life is going on and on
◯中継準備〜MC
●希望のうた / CD未収録新曲
◯MC
●歌を歌おう / HELLO LOVE

18:34頃開始、20:54頃終了

Tomo(Tomoaki Kanno)(Ds), 種子田健(B), 吉田サトシ(G), 大林 武司(P, Key), 村田千紘(Tp), 池本茂貴(Tb), 陸悠(Sax), 鈴木明男(Sax), 渡辺麿裕美(Cho), KOTETSU(Cho)
ダンサー:KAZANE, MIYU

No.9441Re: 星空Acro7月16日長崎公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/18(Mon) 19:44
 

ファイナル公演という事でノンビリ書いていきま〜す。

●会場等
今回の会場は長崎市稲佐山野外ステージ。キャパはWEB調べでは1万5000人となっています。
TBSさんの中継によると今回は6000人入れたようです。
MISIAの長崎公演の歴史は以下のようになっています。

2018/08/01(水)星X 長崎ブリックホール
2014/08/30(土)Candle Night2014 稲佐山野外ステージ
2013/05/11(土)星VII 長崎ブリックホール
2010/07/17(土)星VI 稲佐山野外ステージ
2010/01/16(土)星V 長崎ブリックホール
2007/09/15(土)星IV 稲佐山野外ステージ
2006/08/12(土)星III 稲佐山野外ステージ
2003/08/02(土)星II 稲佐山野外ステージ

ちなみに
2015/12/31(木)第66回NHK紅白歌合戦 平和公園 平和祈念像前
もありましたね。
私は長崎公演は星VII以来9年ぶりの長崎、12年ぶりの稲佐山です。ご無沙汰ーっ!
長崎追加公演発表された時『星空のライヴ(以下星空)の聖地〜』なんて公式文章もありましたが、
星空の聖地は河口湖ステラシアター(以下ステラ)というイメージが強い方が多いのではないでしょうか。
MISIAも以前MCでそう言っていたし〜(笑)。
ステラでやって稲佐山がやっていない星空シリーズは星I、星V、星IX、星X。
稲佐山でやってステラでやっていないのは星II、星III、星IV。
星IVのDVDは稲佐山で収録されたものですね。ステラで星空シリーズの収録は現時点ではなし。
MISIAの生まれた地であるというところは稲佐山の大きなポイントですね。
まぁ個人的にどこが聖地か〜とかこだわりはないです。2つあってもいいし(笑)。

当日の天気は晴れ。前日は時間帯によっては雷雨&豪雨だったそうで。
私は雨であっても野外ライヴが大好きな人なのですが
(MISIA以外で台風クラスの雨での野外ライブ経験2回あり。星IVの時は足元水たまりで裸足でライヴ観ました(笑)。)
もちろん晴れたほうが嬉しいです。晴れて良かった(^^。

●交通について
ライヴ当日は一般車両の交通規制があったようです。
稲佐山への交通は公式バスが往復1500円でありました。出発・到着は長崎駅のみ。
14:30からバスが出ていたようです。
私はみー友さんと行動していたので大波止あたりからタクシーで移動。
17:10出発。やや混雑していて17:25到着。2060円でした。3人いれば公式バスより安くすみますね。
帰りは前方席&規制退場&みー友さんと少し話しをしていて最後尾グループ。
タクシーは十分ありましたがとにかく大混雑。
公式バスは最後尾グループで終演後約1時間待ち。タクシーはそれ以上かかったと思います。
公式バスは往復チケット持っていなくても、帰りだけでも乗れた模様。
私は臨時路線バス(長崎駅行き)が出ていると聞いてタクシーは諦めてそちらで帰りました。
会場からバス停まで少し坂道&階段歩きますがタクシー待つより早く駅まで行けたと思います。
あ、長崎で交通系カード(SUICA、PASMO等)が使えるようになっていたので遠征の方は多めにチャージしておくと良いと思います。

●稲佐山到着
稲佐山到着。想像以上に人が沢山います。これがみんなMISIAのライヴに参加と思うと嬉しくなります(笑)。
そして私的に何か野外ライヴはテンション上がります〜!
入場時に手首による検温、消毒液プッシュ、チケットは自分でもぎる感じでした。
そして『音楽の日』デザインのタオルとひまわり(生花)が渡されます。
おぉ流石TBSさん、予算あるぅ〜(笑)!
私はチェックしませんでしたが飲食の屋台いくつかあったようです。
ステージがが見えてきます。おぉ花道があるっ!
私が参加した中では稲佐山に花道あるのは初。
そして大きなクレーンが中央付近にあります。生中継用の機材ですね。
前方が座席指定(パイプ椅子)、中盤以降が芝生席(椅子はなし)という感じです。
2daysあるなら1日は芝生席で観るのもいいな〜なんて思います。過去に稲佐山2daysやった事ないですが(^_^;
横は122番までありました。縦は何列あったかチェックし忘れました(^_^;
今回の私の座席は10列以内右端付近でした。
グループディスタンスではなかったようですが、ちょいちょいグループ間の席空けているところもあったような気もします。
前日かなり雨降ったみたいですが、水たまりなどなかったです。芝生も濡れていたりはしていなかったと思います。

●開演まで
ライヴ前にいつものように注意点等のアナウンスがされます。普段と違う方で声にキレがあります。
TBSの方なのかな(笑)。
野外なのでステージには当然幕はありません。なので楽器が確認できます。
…白井君の参加はなさげ。ホーンの譜面台の数からして残念ながら東京国際フォーラム(以下国フォ)の構成ではなさそうです(>_<)
でも…一つ多い?『って事は明男ちゃんか黒田君が参加だろうか〜。それとも今までのJazzホーン隊誰かが増員?』と思います。
定刻5分ほど過ぎてオープニング曲が流れ始めます。
星Acroファイナル公演いよいよ開演ですっ!

No.9442Re: 星空Acro7月16日長崎公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/19(Tue) 20:53
 

●セットリスト分析
メインBBSのほうにも書きましたが…
多分間違っているところはあるという前提ですが『MISIA 星空のライヴ ACROSS THE UNIVERSE』全120公演セットリスト分析してみました。この情報も含めてレポしていきたいと思います。
※データの収集ミス、登録ミスなどある可能性はあります。公式発表のセットリストが間違っている場合もあったりします(^_^;
同じように収集している方と差も少しありました。どちらが正しいと検証も難しいのでアバウトなデータとしてくださいませ。


No.9443Re: 星空Acro7月16日長崎公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/19(Tue) 20:56
 

●オープニング
打ち込みオープニング曲開始。
このオープニング曲ツアー初日からありました〜…って私は初日参加していないから正確には『あったと思われます』。
メンバー登場。ベースは種ちゃん。そして明男ちゃんがいます♪
ということで今回のホーンは4人構成。この構成は多分初。私の予想では80%3人構成と思っていたので嬉しや♪
そしてMISIAも登場。普段アンコール後に着るウクライナカラー衣装での登場です。
国フォで新登場した衣装をTV中継で使うから変更になったと思われます。

ちなみにツアー初日のメンバーは
Tomo(Tomoaki Kanno)(Ds), 中林 薫平(B), 吉田 サトシ(G), 大林 武司(P, Key), 白井アキト(Key), 広瀬未来(Tp), 陸悠(Sax)。
ダンサー:KYOKA, KAZANE
でした。初日はホーン2人、コーラスなしだったのですねぇ。
5月新潟公演から池本茂貴(Tb)さんが入って、10月大阪公演から渡辺麿裕美(Cho)さん参加。11月大阪公演からKOTETSUさん。
11月広島公演からは広瀬未来さん(Tp)→村田千紘さんに変更。
ベースは種ちゃん、中林 薫平さん、JINOさん、安達貴史さん。
Jazzホーンは黒田君(Tp)、佐瀬悠輔(Tp)さん、曽我部泰紀(Sax)さん。
明男ちゃんホーンでは小澤篤士(Tp)さん, 鹿討奏(Tb)さん。
コーラスは桐嶋ノドカさん、佐々木詩織ちゃん。
スペシャルゲストとして黒田君、明男ちゃん、LBD RYOちゃん、紀平凱成君、小林武史さん。
ダンサーはKEINさん、RiNさん、MOMOKAさん。
多くの方が関わったツアーとなりました。…漏れないかな(^_^;

●Welcome One(120/120)
ファイナルと言う事でツアーで歌った回数、思い出深い点も書いていこうと思います。回数は少々間違いはあると思いますがご了承ください(^_^;
で、この曲は全公演1曲目として歌いました。
『Welcome〜』というMISIAの気持ちが感じられるようでオープニング曲としてピッタリですね(^^。
初登場は今ツアーの初日。その初日前日に配信開始されたので先に配信音源は聴いていました。
今ツアーで印象深いのはやはり国フォの6人ホーン隊です。初回のインパクトは特に凄かった〜。
MISIA歌い始めます。
久しぶりの稲佐山で純野外らしい反響のない音を楽しみにしていたのですが…反響以前に私には音が大きすぎ(>_<)。
まぁ今回は前方席でスピーカーの前、そして広い会場なので仕方ないとは思います。
ホーン入ってくると少し耳が痛い。とは言え演奏は良い感じ。
流石に6人構成の国フォにはおよびませんが私の脳内再生は3人構成が強かったので厚く感じます。
MISIA、Aメロに入る前『なーがーさーきぃー!』と叫びます。
私は『うぉー星IVDVDまんまや!』と何か懐かしさと、また稲佐山でMISIAを聴けている喜びがこみ上げてきます。
MISIAためを入れて歌うところもあり。この辺歌い込んできて変化していきました。
私の最近のツボは『心が繋がる時』の『が』です(笑)。
今2021のライブエール観るとあっさりめに感じます。そして生コーラスの存在はやはり大きいっ!
最近は『Forever〜♪』を裏声で歌う事(特に初回)もありますが長崎は全て地声できます。
MISIAコンディション良さげです。と言うか凄く気持ち良さそうに歌っている印象です(^^。

No.9444Re: 星空Acro7月16日長崎公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/20(Wed) 19:11
 

●Hello Love(117/120)
こちらも今ツアー初登場曲。ツアー初日から歌っています。この曲はライヴ初聴き(配信やCM含めてとにかく1番最初に聴くのがライヴ)でした。
私はライヴ初聴きをするのが好きなタイプ。今ツアーはライヴ初聴きだった曲は少なめだったのは少し残念。
この曲の思い出は何と言っても曲名(笑)。
私が参加したステラ2日目の時にはまだ曲名決まっていなくてその時の曲名候補が
『心にLOVE』
『GOGO LOVE』
だったのですよね。MISIAは結構『GOGO LOVE』推しでした(笑)。
ステラ3日目には何故か曲名候補になかった『Hello Love』になっていてビックリ&安心したものです(笑)。
それにしてもアルバムタイトルになるとは思っていなかったです。場合によっては『GOGO LOVE』というアルバムになっていたのかもしれない(笑)。
意外な事に今ツアーで3公演ほど歌っていない公演があったのですね。
2021年8月4日兵庫2nd、8月5日堺2nd、8月10日渋谷2nd。その際は変わりに『陽場所』や『AMAZING〜』になっていたようです。
長崎レポ。イントロ開始して〜

・こんにちわー!
 (Miya-Y:時間帯的には『こんばんわ』なのでしょうけど明るかったからか『こんにちわ』でした。)
・皆さん今日は星空のライヴ ACROSS THE UNIVERSE長崎公演そしてファイナルへようこそー!
・約1年3ヶ月やってきたこのツアーのファイナルをここ長崎で迎えられて嬉しくて幸せです。
・心を込めて歌ってまいりますので最後まで楽しんでいってねー!
・それでは『Hello Love』聴いてください。Clap your hands〜♪

という感じで曲へ。やや国フォのホーンが脳内に残っていますがそれは忘れる事にします。
その分ってわけではないでしょうけど、国フォ以上にサックスバリバリ入ってきます♪
この曲ツアー当初よりかなりテンポよく歌うようになった印象。ここ最近のAメロ語尾の響きの美しさも当初はなかったはず。
音が大きくて満喫とはいきませんが、やはりホールとは違う野外の音好きだな〜。
野外は通常なら歌い手にとっては好ましくないかもですが、MISIAにとってはまったく問題ないでしょう。というかむしろ野外好きそう。
サビへ。『L・O・V・E』『G・O・G・O』の振り、流石に芝生席の方はやっている人少なかったです。
複数公演参加の人は芝生席じゃないでしょうし、芝生席からはMISIAの振り見えないでしょうしね(^_^;
ツアー始まってしばらくは『G・O・G・O』の振りがよくわからなかったなぁ。Y1000のCMやラジオでの質問で解明したものです(笑)。
メンバー紹介へ。ファイナルって事で何か感慨深いものがあります。
そういえば国フォでもそうでしたが種ちゃんの紹介が『種子田健こと種ちゃぁ〜〜〜ん!』でした。
『青山純ことアレックスー!』を思い出します。
ちなみに本来は『アレックスこと青山純〜っ!』が正しくて最初はそのように紹介していたそうですが、
間違って『青山純ことアレックス〜っ!』と言ってしまってから、それが定着したそうです。
この流れからの『種子田健こと種ちゃぁ〜〜〜ん!』かもしれませんね。
終盤MISIA自由に楽しそうに歌っていきます。ここもツアー当初から大きく変わったんだろうな〜。

●MC
ここでは〜

・こんにちは〜。もう出てきた瞬間から胸がいっぱいに、嬉しくて気絶しそうになりました(笑)。
・改めまして『星空のライヴ ACROSS THE UNIVERSE』長崎公演ツアーファイナルへようこそー!
・稲佐山でライヴやるの8年ぶりです。みんな久しぶりー!
・長崎としては4年ぶりかな。しばらく来ないうちに長崎駅前通ったら『うわ、大きくなっと!』ってビックリして。もうすぐ新幹線も通りますね。
・あ、よかったらお席のほうに〜。
・私は大村で生まれました。大村にも新幹線通るのですね。大村の人は街に行くって言ったら長崎の方じゃなくて諫早やから(笑)。
 諫早の方にも新幹線通るって聞いてそうなんだ〜って。
 (Miya-Y:地元トーク(笑)。ちょいちょいでる九州弁が可愛いです♪)
・昨年の4月から始まったツアーなんですけれど、ライヴが延期になることもあってどんどん伸びていったんですね。
 延期で寂し気持ちもありましたけど、新規に組まれる公演もあったり、新しい出会いがあったりしてね。
 (Miya-Y:群馬やこの長崎もですかね(^^?)
・そしてツアーファイナルがなんと故郷の長崎で。もう幸せっ。もう私にとってご褒美です。
・そしてこの天気〜♪ 嬉しいですねー☆
 (Miya-Y:MISIA雨女のイメージが強かったですが、最近巻き返してきているかもしれない(笑)。)
・今日でツアー120本目になります。今日はツアーファイナルでもあるのですけれど最後の方にTBSさんの『音楽の日』の中継が入っておりまして〜。
 (Miya-Y:やはりライヴ中か。20時台という発表があり、国フォ7日2ndで『希望のうた』を最後の曲として歌った事からそう予想はしていました。
 国フォレポで『音楽の日』で歌うのは『希望のうた』になる確率は98%〜と書きましたが、
2曲はやるだろうと思ったんですよね〜。そこはハズレ。)
・皆さんお手元にタオルありますか?向日葵も。皆も一緒に届けるんだからね。MISIAがこう揺らしたら皆も揺らしてね(笑)。
 (Miya-Y:『希望のうた』で向日葵左右に揺らすのか〜。ちょっとイメージと違うけどどういう画になるかな〜。)
・ここ長崎から平和の祈りをたくさん届けたいと思っております。
・ファイナル、心を込めて歌っていきますから、どうぞ皆さん最後まで楽しんでいってねー!
・あと暑いですから、皆さんこまめに水分補給もしてくださいね。
・では皆には座ってもらったんですけど、次の曲アップテンポ行っていいですか(笑)?
 (Miya-Y:これ言う時のMISIA楽しそう(笑))
・色々大変なこともあったツアーですけど、それでもいろんな方が元気になってくれる音楽をやっていて良かったな…って、
 このお仕事をしていて良かったなって心から思いました。
・これからも皆さんの元気になるような歌を歌っていきたいと思います。陽の当たる場所で…。

という感じでした。

No.9445Re: 星空Acro7月16日長崎公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/21(Thu) 19:57
 

●陽のあたる場所(6/120)
今ツアー6回しか歌っていない曲。2021年7月〜8月に3公演歌って、次の登場は2022年7月国フォ。
『国フォで復活したのは明男ちゃん入ったからかな〜』と思うほど現在は明男ちゃんフィーチャーな感じになっています。
私は昨年のは聴けてないですが、恐らく今年の感じとはだいぶ違うんじゃないかな〜。
今ツアーではあまり歌いませんでしたが、MSSJ2020ではオープニング曲や最後の曲として結構歌いました。
コロナ禍で『I can sing a song for you and me forever』という歌詞は、
現在のMISIAの気持ちが強く入っているのではと想像しています。
長崎レポ。国フォ同様明男ちゃんの甘いサックスのイントロ。
隣のみー友さん(国フォ不参加)から『はぁ〜〜♪』という事が聞こえてきます(笑)。うん、わかる。
そしてMISIA『明男ちゃぁ〜〜ん♪ Ohohoh〜〜〜〜♪』と声出し。
私はこの陽場所3回目ですが、こんなんサイコーすぎですがな。
Aメロ入る前、MISIA声出し&明男ちゃんで掛け合いみたいになっていたのもポイント高いです☆
MISIA花道へ移動していきます。私の席だと少しMISIAとの距離が近くなる感じ。
まぁ私はさほど距離にこだわりはないのですが、私的にとても良い点が。
花道に来るとMISIAの後ろが稲佐山の緑、そして広い空。開放感があってめっちゃ良いです♪
『これぞ野外ライヴー!』って感じ。中継用の花道だったのでしょうけど、また稲佐山をやる際は花道あるといいなぁ。
それにしても今日も低音私にはキツイです。スピーカー近くってのはありますが野外でこれだけボワつくのは(汗)。
私はMISIA PAさんとは音の好みの傾向は違うようです。
歌詞終了。MISIA&明男ちゃんがまた魅せてくれます。
最後は『I can sing a song for you forever〜♪』で曲終了。
嬉しいメッセージです(^^。

●あなたにスマイル:)(2/120)
大林君のアツイキーボード開始。かっけえです。
そしてMISIA『You smile〜♪ You smile〜♪』等声出ししてきます。
という事で『:)』。今ツアーではなんと2回しか歌っていなかったのですね。7月7日国フォ1stが初登場でした。
もう少し歌っているものだと思っていました。CNとごっちゃになっていたか(^_^;
私は星Acroでは初聴き。イントロ&声出し長め、パワフルにきます。はい、大好物です。
CN2022では弦の音が気持ちよかったですね〜。今回は弦は不在でシンプルに。
サビへ。花道視界、空を見て腕を伸ばすのめっちゃ気持ち良いです♪
やっぱり野外ライヴ大好きだー!
この振りは簡単なので芝生席も多くの方がやっていました。
初回サビ終盤、MISIA『2番っ!』と言います。
『あ、これ本当は2番なしのショート版だったのにMISIA歌いたくなって急に2番要求したんだ(笑)』
と思います。CN2022はショート版でしたので恐らく正解。
ちなみにCN2022初日は2番も歌って(恐らくミス)演奏に違和感ありました(笑)。
私は
『おぉMISIAめっちゃ歌いたいモードだ♪ でも、中継時間決まっているでしょうに伸ばして大丈夫かのかな?』
とも思います。先に書くと中継準備から歌うまでに20分弱はあったので時間の余裕はありました。
ブレイクへ。実際に声は出せないですが、脳内では歌いまくり。
脳内にオーディエンスの『Smi〜le♪』が聴こえてきています。
CN2022に続いて『あなたの笑顔が〜光になるの〜♪』はなしバージョン。
終盤MISIA自由に歌って曲終了。多くのオーディエンスの笑顔がMISIAに届いた事でしょう(^^。

●MC
ここでは〜

・ここから本当にゆったり歌うから(笑)、皆さんも良かったらゆったりしてください。
・日が暮れてきましたね。
 (Miya-Y:私の席からは夕陽は右側。ステージ見ると夕陽が見えないのは残念でした。
 チラチラ見ていましたけど(笑))
・こういう自然の演出も素敵ですけれど〜…先生? 中学の時の先生がいました(笑)。
 (Miya-Y:今度は本物だ(笑)←後述)
・私福岡公演の時〜今みんなマスクしてるじゃない? だから間違って全然知らない人に『先生?』って言っちゃって(笑)。
 (Miya-Y:正確には福岡ではなく2021年11月19日大阪公演1stだったようです。今回は本物(笑)。
 間違えたのにまた聞くとはMISIAチャレンジャー(笑)。まぁ大阪の時は自信がなかったのかライヴ終了直前、幕が降りる時に聞いたそうです。間違えてめっちゃ恥ずかしがっていたとか(笑)。
 ちなみに2018年の星X福岡公演も声かけたようでその時も正解だったそうです。)
・なんか不思議とマスクしていても皆の表情とか、楽しんでる様子がわかるのね。
 なんかここに(頭の上あたり)ね、フワッと優しいものが浮かんでいるの。
・皆さんライヴでそういうものをたくさん持って帰ってくれているのかなって。
 (Miya-Y:ライヴの後、幸せでとても温かい気持ちになりますよ〜(=▽=))
・この1〜2年、大変だったじゃない? 寂しかった〜。やっぱり今までみたいに会えなかったから。
 (Miya-Y:(T△T))
 だからせめてマスクしていてもこの時間の中で皆さんが元気に幸せになってくださったらいいなと思います。
・それでは、この長崎の暮れゆく空の中で…『Everything』。

という感じでした。

No.9446Re: 星空Acro7月16日長崎公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/22(Fri) 20:56
 

●Everything(104/120)
ここで私は
『長崎ファイナル、星Acro集大成か〜☆』
と思います。ファイナル&1日1公演という事で少々期待はしていたのですけどツアー終盤にやっている曲ほとんどやりそうな気配。
で、エヴリ。超ド定番曲で、濃いファンからはそんなに求められていない曲。
なのですが今ツアーは濃い方々からもエヴリの評判良かったです。
私は今ツアーでは10月の東京GTが初エヴリだったのですが、それ聴いて『納得だわ〜』と思ったものです。
理由の一つは大林君のイントロ。今回はあっさり始まりましたが群馬公演(他)では
MISIAがイントロで無茶ぶり
(『365段の石段とアツイ群馬のラヴソング』のイメージで〜等(笑))
してきたり。
ツアー前半〜11月ぐらいまでの
『Smile』→『Over The Raibow』→『Everything』の流れも好きだったな〜。
強い音できたり、柔らかい音できたり。ホント公演毎の変化が楽しかったです。
ちなみに今ツアーのエヴリはJazz ver.ベースの2番なしのショート版となっています。ツアー当初は『Smile』→『Over The Raibow』→『Everything』のメドレー構成だからと思っていたのですが単体になってもそのままでした。

歌っていない公演は16公演。調べてみると
東京×2、大阪×5、長野×1、富山×1、宮崎×1、仙台×1、福岡×2、山梨(ステラ)×3。
基本的にライブを多くやっている土地のほうが歌わない傾向ですかね。東京は意外に多かったですけど。
長崎レポ。MISIA歌っていきます。テンポも各公演によって違ったと思います。今回は標準テンポというイメージ、そして力強い感じ。
長崎の『わたしだけ〜』はブルージーではなく標準仕様。
MISIAたまに『わたぁ〜…しだけぇ〜〜♪』という感じに歌う事があります。
大林君それを聴くと『MISIA先輩カッコいいす!』と思いつつ和音を変えてきたりするそうです(笑)。
(ギラ・ジルカ×大林武司ライブのMCより)
もう一度聴きたかった〜。まぁ今ツアーからの歌い方というわけではなかったと思うのでまた機会があるでしょう。
間奏は明男ちゃん。サックスと夕陽はよく合います。私の席からはあまり夕陽見えないですけど(^_^;
ここから大サビの展開は惹きつけられます〜♪
MISIA『胸のいた↑〜みも↑〜ぉぉ〜〜♪』力強く歌ってきます。
この力強さからの終盤の儚い声がたまりません。
今ツアーはここが大きなポイントですね。
『So Special Christmas Live』でも私はエヴリ絶賛していましたが、
レポによるとこの頃はまだこの終盤の流れはなかったと思われます。
長崎は普段より長めな印象。まったく演奏ない状態でのMISIAの美しい響きを堪能できます。
それも野外ですから、もう私的にはウハウハです(ヨダレ)!
最後に軽くピアノが入ってきて、MISIAの美しすぎる高音の響き。
はぁ〜…素晴らしい。今ツアーで曲終了後にオーディエンスの感動の声が良く聞こえてきた曲のひとつです。

●さよならも 言わないままで(118/120)
今ツアーほとんどの公演で歌った曲。というか歌っていないのは2022年のBirthday2公演のみですね。
Birthday LiveはHappy色強くいこうとしたのかな〜なんて思っています。
2021年のBirthday公演では歌っていますけど。
この曲はコロナ禍で生まれた曲。初披露は2020年7月18日の『音楽の日』。
ライブでの初披露はその2日後のMSSJ2020ビルボード横浜公演。
『音楽の日』の初披露時『この一曲ではMISIAの曲としては悲しみが強すぎるけど、次の「明日へ」で希望に繋がっていく』
と感じていました。
その後全ての公演ではないですが『さよならも〜』→『明日へ』の流れは多くの公演で行われました。
長崎レポ。大林君のイントロ開始。私はツアー序盤の河口湖公演の後は10月の東京GT公演まで参加できませんでした。
私は東京GTでこのイントロ聴いたときは大きな衝撃受けました。
日常が崩れていってしまうそんな現状を感じるイントロになっていると感じます。
MISIAとしても、聴く我々としてもこのイントロで深く曲の世界観に入り込めると思います。
そしてチッピー(村田千紘さん)入ってきます。明男ちゃんがいる公演は明男ちゃんというパターンだったようですが今回はチッピー。
明男ちゃんは他曲で多く担当していのでバランス的に良いと思います。
まぁ明男ちゃんのアルトサックスバージョンも聴いてみたかったですけどね(私はソプラノサックスバージョンしか聴けていない)。
MISIA歌い始めます。反響の少ない野外ですがMISIAの語尾綺麗に響きます。
『ホント天然リバーヴだなぁ〜。』と思います。
そして悲しみを感じる歌声に胸が絞めつけられます。
ツアー途中から麿裕美ちゃん入ってもしばらくこの曲コーラスなかったのですよね。
昨年10月の東京GTでは私はイントロから目をつぶって聴いていて
『麿裕美ちゃんとのハモリはどうなるかな〜?』
と目を開いたら『麿裕美ちゃんいない!』とビックリしたのが印象深いです(笑)。
私がコーラスありで聴けたのは12月の東京GTから。コーラス入るようになって満足。
今ツアーで『流れていくだぁ↑〜け〜♪』
『さよならの代わ↑〜り↑〜にぃ↑〜♪』
の歌い方アレンジが入るようになりましたね。
後半は力強く、ためも入れる場所も増えて強い気持ちを感じます。
この曲のアウトロも曲の世界観を深いものにしてくれますよね。

●明日へ(114/120)
ツアー前半は歌っていない公演も多かったですが、2021年5月29日島根公演2nd以降は全公演で歌っています。
全てはチェックはしていませんが、5月29日以降は『さよならも〜』→『明日へ』の流れがほとんどだったと思います。
(『さよならも〜』歌っていない2021年Birthday公演は除く)
私は10月の東京GT公演で『さよならも〜』以上にイントロで衝撃を受けたのがこの曲。
…正確には『さよならも〜』から『明日へ』までの流れで完成すると言ったほうが良いかもです。
前述通り『音楽の日』時点で曲の流れ自体の素晴らしさは感じていました。
(『音楽の日』は曲間にMCありましたけど)
『さよならも〜』→『明日へ』の流れは今ツアーでは5月2日のステラで体験していましたが、その時はこのイントロはなかったはずです。
このイントロは『さよならも〜』の悲しみから、少しずつ陽が差し雪が溶け草木が芽吹いていくようなイメージ、物語を凄く感じます。
このイントロで『明日へ』単体で聴くよりずっと『明日へ』で希望を感じるようになりました。
また演奏が毎回異なって毎公演とても新鮮に感じました。
長崎でも私は目をつぶり音に集中します。野外の稲佐山で聴くこの曲はまた一層素晴らしく感じます。
MISIA強さと、優しさと、希望を感じる深い歌声。今日この場にいられる事に感謝。
終盤。『共に向かって行こう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜』
できます。そしてマイク外してのロングトーン。
広い野外の稲佐山ではマイク外ししてこない可能性もあると思っていましたがやってきます。
最後は声あれましたが、これはこれで気持ち入って良いです。
後方芝生席でどう聞こえたのか体験してみたかった〜。
『そしてできる事ならMISIA視点の稲佐山の画を観てみたいものだ〜』なんて思ったものです。
MISIA歌い終えてオーディエンスから長い長い拍手。
今ツアーからというわけではないですが、星Acroでもこの長い拍手を多く聴きました。
そして曲終了後にオーディエンスの感動の声が多く聞こえてきたのはエヴリとこの曲でした(^^。

No.9447Re: 星空Acro7月16日長崎公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/23(Sat) 20:30
 

●MC
ここでは〜

・最後にマイクを外して『明日へ〜〜』って歌う時に…10代の頃歌手を目指して頑張っていて。
 対馬に住んでいたのですけどその空の下で歌ってたんですよ。
 (Miya-Y:腕の伸ばすMISIA)
・それを少し思い出しました。
・今回のツアーはコロナ禍のということで、いろんなことがありました。
・こうしてファイナルを迎えることができて胸がいっぱいと言うか。本当に私達のこの音楽が、あなたにとって(×沢山) 明日への力になったらいいな…という想いでここまでやってきました。
・みんな元気になってる?

そして『Higher〜』のフリータイムへ。

●Higher Love(66/120)
そういえばタイミング忘れてしまいましたが、MISIA暑くなったのかウクライナカラーの衣装の青い部分を脱ぎました。
分離できるんだ(゜□゜)!!と思ったものです(笑)。
この曲はライヴで初聴きできた曲の一つ。初登場は2021年10月16日の札幌2nd公演でそれ以降は全公演歌っています。
最初はレポで『久保田利伸さんっぽい感じがする〜』なんて書いてましたがハズレ。藤井風さんでした。
MISIAラジオで藤井風さんの事言った事はありましたが、この繋がりは予想できませんでした〜。
この曲は『Hello Love』後、『好いとっと』前、アンコール後等結構歌う位置が変動しました。
『好いとっと』前が一番多かった印象ではあります。
この曲の想い出は2021年10月23日東京GT公演2nd。
MISIA少し歌って歌詞飛び…『もう一回歌ってもいいかしら〜♪』と即興ソング(笑)。
この時歌い直し前に『一緒に腕を伸ばすと楽しいよ〜』と言って、固さが取れて曲が楽しく・明るい方向に進んだと思います。
この件がなくても辿り着くところは同じだったとは思いますが10月23日の1stと2ndで一気に大きく変わったと感じだものです。
長崎レポ。MISIAのフリータイム。MISIAめっちゃ地声で声伸ばしてきます。
そして『ながさきぃ〜〜〜〜の 空ぁ〜〜〜〜〜♪(※一部マイク外し気味)』等即興で歌っていきます。
歌詞は『長崎の空の下でこの瞬間を過ごせる幸せ。』という感じだったでしょうか。
広い空が見える野外でこれを聴けて、もうこれだけで私は今日のライヴ大満足ですよ(T▽T)。
MISIA超高音も出してきます。会場からは拍手。圧倒されますわ〜っ!
って言うか…『MISIA今日中継あるよー!』って言いたい(笑)。
もう余力残すとかまったく考えていない様子です…歓迎ですけど(笑)。
歌詞へ。『Higher〜』はTV放送やWEBでも配信されましたが、
このMISIAの『Higher〜』前の長いフリータイムは流れていないのですよねぇ。
CN2022も短めでしたし。長崎Blu-ray撮りもしていないかなぁ〜…多分していない(-_-;
本編へ。やはり野外で腕を伸ばすのはホールとひと味違います。芝生席も反応良い感じ。
『誰に委ねよぉ〜ぉぅ〜ぉぅ〜ぉ〜♪』
『気がしていたぁ〜け↑ど↑〜♪』
など今ツアーで早くもアレンジ入りましたね〜…って歌ってる回数は多いですものね。
歌い方以外も全体的にとても曲の生命力が上がっていたように感じています。
私は12月の東京ガーデンシアター公演参加後に
『みんなで一緒に未来へと光が伸びていっている』ような景色が見えて、2022年の紅白にこの曲を推すようになりました。
MISIA最後にも高音炸裂させて曲終了。あぁこの曲も一緒に声出して歌いたいものです。

●好いとっと(120/120)
全公演歌った曲のひとつ。
NHK福岡放送局開局90年ソングとして2020年3月30日に発表。配信は同年9月16日開始。
ライヴ初登場は2020年09月19日の『MISIA SUMMER SOUL JAZZ 2020 〜 Support for Medical Professionals 〜』。
私は今ツアーが初聴きでした。
2021年8月のFUJI ROCKでも歌いましたねぇ〜(←意外でした)。
ツアー当初はやっていませんでしたが、この曲の前にMCあると『好いとっと♪』とプリティーに曲名紹介するのにズキューンときていました(笑)。
『Higher〜』が『好いとっと』前に入るとこれを聞けない(聞ける時もあり)事が多かったのが残念な点でした。
ツアー終盤には『皆の事が…好いとっと♪』とか言ってきて『キャーぁ〜(>▽<)!』(自主規制)
私は聞けませんでしたが地方方言バージョンをやってくれた事もあったようで。
11月20日の大阪公演2ndでは
『大阪ごっつう好っきゃね〜ん!』と言ってから何故か『届け〜♪』(←『Higher〜』の歌い出し)と間違えて歌い初めたそうですが、
そのまま継続してゴスペル風(賑やかな方)『ミニ Higher Love』(1番のみ)をやったとか(笑)。
これめっちゃ聴きたかったですわ〜。
で長崎ですが『Higher〜』後だったので曲名紹介は期待していませんでしたが、イントロ開始して
MISIA『長崎ぃ〜〜〜!みんな〜…好いとっと〜っ♪』やってくれました。『キャーぁ〜!』(略)。
ツアー当初は少数派だった『しゃれとんしゃ〜♪ しゃ〜れとんしゃ〜♪』
での『チャチャッ(Clap! Clap!)』も、MISIAが促すようになって多くの人がやるようになりました(^^。
長崎のMISIAはノリ優先で歌い崩す事も多い感じ。楽しいです〜♪
間奏は池ちゃん。最後は『長崎っ、みんなっ、好い…とっ…とぉ〜〜〜〜〜!』
という感じでノンストップで次の曲へ。

●SUPER RAINBOW(120/120)
この曲も全公演やりました。
ツアー中盤までは『好いとっと』→『Can't Take My Eyes Off Of You』→『SUPER RAINBOW(以下『超虹』)』のメドレーでしたが、
2021年10月17日札幌1stから『Can't Take〜』が外れました。
それ以降たまに復活する事はありましたが以降は『Can't Take〜』なしが基本となりました。
ちなみに『Can't Take〜』歌った回数は62/120。
長崎は〜『Can't Take〜』なし。残念ではありますが他曲をかなりやってくれているので不満はありません。
ホーン6人構成だったら『また聴きたかったぁぁ〜〜〜〜』とか書いていたかもしれませんけど(笑)。
『Can't Take〜』最後の『I love you』で『youぅ〜〜〜ぅぅぅぅぅぅぅぅ〜』と声を震わせてそのまま『超虹』入るの結構好きでした。
『Can't Take〜』外れた事によって『超虹』の前奏がめっちゃ長くなった事は良ポイント。
これも最初はそんなに長くなかったのですけど、どんどん長くなっていきました。
今ではもしかしたら本編より長くなっているんじゃないかという噂もあります。ストップウォッチで計ってみたかったなぁ(笑)。
たまに『Can't Tkae〜』入る公演でもこの前奏がなくならなかったのはとても嬉しかったです♪
今ツアーで印象深いのは12月11日東京GT2ndのMISIAの高速Clap要求。
『Clap! Clap! Clap! Clap! Clap! Clap!』
(イメージ的には『クラっ!クラっ!クラっ!クラっ!クラっ!クラっ!クラっプ!』という感じ)
これをこなせる体力つけなきゃと思ったものです(笑)。その後ここまでの高速Clap要求は私は体験していません。
長崎レポ。サトシさんカッティング開始。
MISIA『長崎のリズムを聴かせて〜♪ Clap your hands〜♪』と歌っていきます。
そして最近の公演同様に1拍、3拍といろいろClapを変化させていきます。
さすがに会場が広いので国フォでやったオーディエンスを半分に分けてのClapはやりませんでした。
今はコール&レスポンスができないですが、Clapでの一体感、MISIAの音楽に参加している感があって嬉しいです(^^。
そして各メンバーのソロ。まずはTomoさん。MISIA『もっと、もっと〜♪』と普段より長く要求していました。
種ちゃんは相変わらずベキベキと聴かせてくれます♪
そしてサトシさん。サトシさん終わったら『サトシとたけし〜♪』と大林君へ。
昔はよく『吉田たけし〜』と紹介間違っていたなぁ(笑)。12月11日東京GT2ndでは
『大林サトシー!! あぁ間違った!大林武司〜!たけし〜!たーけーしー!!』
なんてこともありました(笑)。
次は明男ちゃん。国フォの超長い大林君&明男ちゃんのバトル風をまた聴きたかったですが、あれは明男ちゃん働かせすぎだったかもしれないので仕方ないでしょうか(笑)。
そしてホーン隊入ってきます。そして最近お馴染みとなったClap3回。ここ楽しい&燃えますよね〜☆
そしてMISIAロングトーン披露して『ワ〜ンっ、トゥ〜っ、ワントゥっ』で本編へ。この入り方も好き。
また言いますが『MISIA生中継あるんだよ〜(笑)っ!!』
サビへ。芝生席の『チャン・チャチャン Fu-!!』の様子は未チェックでしたが、この頃は暗くなっていて芝生後方席まで結構ペンライトの光が揺れていました☆
MISIA普段のように『Thank you〜♪×沢山』を言います。そして〜
『長崎ぃ〜〜〜、ここまでお送りしてきた全国のみんなぁ〜〜〜!
日本中、世界中、あなた(×沢山)へ〜♪ 笑顔がありますように〜〜〜♪』
そして超高音含めた『Thank you〜♪』を沢山言って曲終了。
ファイナル公演バージョンって感じですよね! これ今ツアー参加した人達に聴かせたい〜っ。
あ〜ホント長崎公演収録していてBlu-ray出てくれたら良いのになぁ〜。
そしてMISIA『ありがとう〜♪ バンド・コーラス・ダンサーにも大きな拍手を〜』
と言ってMISIAは退場。その後少しバンド演奏が入り一幕終了ですっ。

No.9448Re: 星空Acro7月16日長崎公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/24(Sun) 21:20
 

●アンコール〜MC
Clapでのアンコール。しばらくしてバンドメンバー再登場。
今回はウクライナTシャツには着替えていません。中継入るから?
そしてMISIAも再登場。予想通り国フォで開演時に着ていた背中にピースマークが入った衣装。
頭の飾りからは村田菜穂さんの衣装っぽく見えますが…まぁ私は衣装の事はわかりませぬ(^_^;
そしてMCへ。ここでは〜

・やっぱり長崎最高やね♪
・皆さん今日のライブ楽しんでいただけましたか?もう胸がいっぱいです。
・この星空へと祈ることを歌に託してお送りしてきた星空のライヴ。
 (Miya-Y:ちなみに晴れていましたが私の席からは残念ながら星は見つかりませんでした。)
・星空に願うのは皆さんの幸せ・笑顔です。長崎から教えてもらったことの一つですが、
 私達の幸せのためにはその根底に平和がなければ成り立たないと思っています。
・だから私は平和を祈ります。アンコール、その平和への願いを込めてカバー曲をお送りさせてください。
・『花はどこへ行った』

という感じでした。

●花はどこへ行った(24/120)
ロシアのウクライナ侵攻が始まってしまい2月26日の名古屋公演から歌い始めた曲。
その後4月の札幌公演までは全公演歌っていました。
CN2022で『希望のうた』が初登場してからは1日1公演では『希望のうた』、2公演あるところでは2ndでこの曲を歌うようになりました。
(7月7日国フォ2ndは除く)
私はこの曲を聴いたのはCN2022が初。その時は加藤登紀子さんとのバージョンで、
MISIAソロとして初めて聴いたのは2022年6月25日の群馬2nd公演でした。
その時『星Acroファイナルの長崎でこの曲を歌うのは凄く意味のある事じゃないか』と思い、
国フォでもう一度聴いて『長崎だからこそ、この曲を届けてほしい』と思ったものです。
(国フォ2ndでは小林武史さんとやりました。)
長崎公演オープニングでウクライナカラー衣装だったので歌ってくれるのか少し不安はありましたがMC聞いて一安心。
『音楽の日』の中継が2曲以上あるならこの曲も候補になるのかな〜なんて思っていました。
長崎レポ。この曲は他公演同様に最後まで大林君と2人のみ。シンプルな構成です。
MISIAゆっくり語るように歌っていきます。以前より語るように歌うところが増えたように思います。
『銃を手にして〜』あたりからのMISIAの歌唱から悲しみを強く感じます。
この曲は『どこへ行ったの』と何度も歌いますが同じ歌詞でも場所によって感情が異なっているように感じます。
この曲も大林君の演奏でいろんな景色が見えてくるようです。
終盤。加藤登紀子さんが訳した歌詞の後、

『争いの後に 残されるものは いつの時代も悲しみだけ』

とMISIAの歌詞が追加されています。
『いつになったら 人は気づくのでしょう』
で曲終了。MISIAの強い想いが伝わってきました。
この曲を長崎で聞けて良かったです。
何度か書いてきましたがファイナルなのでもう一度。
NHKニュースウォッチ9でMISIAは
『私はこの歌が「花はもう摘み取られなくなりました。花畑の上で恋人たちは笑い合うのです」っていう歌詞がいつか書き加えられるっていうのが一番、この歌の辿りつくべき場所だと思います。』
と言いました。この歌詞が加わった『花はどこへ行った』を聴ける日が来るよう頑張っていきたいですね。

●アイノカタチ(120/120)
大林君のイントロ開始。『花はどこへ行った』の世界から『アイノカタチ』へと繋いでいきます。
この流れ難しいと思いますが流石。
この曲も全公演歌った曲の一つ。今ツアーで全公演歌ったのは
『Welcome One』『好いとっと』『超虹』『アイノカタチ』の4曲でした。
今やMISIAの代表曲の一つで求めている方も多い曲だと思います。
現在歌っているバージョンは中国の番組『歌手2020』でアレンジされたものがベース。
その後『So Special Christmas Live』『紅白』『星Acro』と継続しています。
MISIA歌いはじめます。
群馬では『花はどこへ行った』後の『アイノカタチ』は今までの多幸感溢れたものとは異なると感じました。
今回は郡山公演以前頃の状態まではいきませんが、群馬の頃より重さは和らいでいたように思います。
稲佐山の環境でそうなったのかもしれませんね。
ちなみに国フォは『花は〜』後にMC入ったので『花は〜』から続けて歌うものとは別と考えています。
『花は〜』後の『アイノカタチ』は何か意思の強さを感じます。
このバージョンはサトシさんのエレキが特徴的ですよね。夜空と相性良く感じます。
そしてコーラスも大きなポイント。ツアー当初はコーラスいなかったんですよねぇ。今聴いたら寂しく感じるだろうなぁ。
終盤の『あのね あのね ずっと大好きだよ』。『あのね(ため入り強め)、あのね(少し囁き気味)』がツボりました。
また巡り合う日に期待です。

No.9449Re: 星空Acro7月16日長崎公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/25(Mon) 21:07
 

●MC
ここでは〜

・ありがとうございます。それではそろそろ中継に〜。
・準備がありますので、ここからTBSさんにパスしますね。

という感じでMISIA&メンバーは一度舞台袖に下がってTBSスタッフ、ウエキさんからの説明。
ここからMISIA歌唱するまで20分弱はあったと思います。

雑談を交えつつ
・カメラが横切ったりして見づらい事あるかもしれませんがご容赦ください。
・『音楽の日』のタオルを『音楽の日』のロゴが背中から見えるように首からかけてください。
・せっかく買っていただいて申し訳ないですが、演出上ペンライト(公式グッズ)の使用は控えてください。
・向日葵を持って、一緒に揺らしていきましょう。
・(中継開始直前)皆さん立っていきましょう〜。

という感じだったでしょうか。ウエキさん人のよさそうな方で
・コンサート観させていただいて長崎の皆さんの暖かさ感じています。この暖かさを全国に届けていきましょー!
・みんな好いとっとー(笑)!
・まだ時間あるので『でんでらりゅうば』でも歌いましょうか〜。いえ、歌えません(汗)。
とか話していました(笑)。
『でんでらりゅうば』ネタがここで出るとは。
ちなみに2014年のCN稲佐山公演MCで、MISIAが珍しく飛行機で長崎に来て
(↓教えていただいた話)

・長崎空港で流れるアナウンスの曲のBGMが懐かしいと話されてました。
 デンレデ…なんとか、出てくるばってん♪ってこの曲を口ずさむMISIAさんがとても可愛かったです。

と言う事があったそうです。
なので私は『でんでらりゅうば』について調べていたのでタイムリーでした(笑)。
『でんでらりゅうば』については↓
https://www.worldfolksong.com/songbook/japan/warabeuta/dendera.html
長崎空港でオルゴールサウンドで聞けましたよ〜(^^。

で、私は見えませんでしたが中継の直前まで花道の先にテレビがあって『音楽の日』が流れていたそうです。
中継が近づいてきてバンドメンバー戻ってきます。
ウエキさんは一度安住さんとのテストトーク。そしてMISIA再登場。
直前になると会場のスピーカーからTV CMや放送の音声が会場からも聞こえてくる状態になりました。
以下安住さん『安』、MISIA『M』、江藤アナ『江』で表記していきます。

M:こんばんわ。
安:MISIAさんこんばんわ。故郷長崎から今夜歌う気持ちを教えてください。
M:はい、今日は昨年の4月からスタートした、コロナ禍でスタートしたツアーのファイナルで長崎に来ておりまして、
 この長崎という場所はですね。やっぱりすごく平和の祈りが強い場所で、
 今日はここから長崎の平和への祈り。そしてその祈りをこの会場の皆さんと共にお届けしたいと思っております。
安:ちょうどコンサートのお客さんもまだ客席に残ってくださっているんですね。
 (Miya-Y:雑談ですがこの時『バチン!』と何か弾けた音して少し驚きました。中継でもその音入っていました(^_^:)
M:はい、そうです。本当にこの1年、音楽をやっていて人の力になる音楽をこうしてお仕事にできていて良かったなと、
 音楽の力を感じておりますので、今日はさらに心を込めて皆さんにお届けできるように頑張ります。
安:そして今日歌ってくださる歌ですが、MISIAさんが常日頃からおっしゃってる聴いてる皆さんの心を穏やかにしたい。
 平にしたいという、そういう願いがこもった歌だと聞いています。
M:はい。矢野顕子さんが、ニューヨークにいらっしゃる矢野顕子さんが世界の平和を祈り作ってくださいました。
江:それでは楽しみです。スタンバイお願いいたします。
 長崎稲佐山公園、MISIAさんの故郷から歌っていただきます。『希望のうた』

という感じでした。
ライヴ中断から歌唱開始まで結構時間あったので『歌を歌おう』やれたのでは〜?
なんて一時思いましたが、
『中継終了後に歌ってくれるか。そのほうがライヴも締まるし。』
と思いなおしました。
私はライブの生中継は何度も経験ありますが、テレビの生中継は〜…J-SQUAD Blue Note公演で一回あったか。
ライブの中の中継という事で中断感はありましたが、スタッフさんの『良い音楽を届けよう』という熱意が感じられて悪い印象はなかったです。

●希望のうた(8/120)
初登場はCN2022。星AcroツアーではないですがCN2022で初聴きできた曲。
この曲は星Acroでも入ってくるのではと予想していました。
CN2022後の公演では(8/10)歌いました。
Aメロに入ります。MISIA今まで飛ばしてきていた印象ですがこの時もコンディションは良い感じ。語尾の響き美しいです。
ただテレビ中継の影響か、躍動感控えめとと言うかやや硬い印象。
普通ならそうは思わないレベルなのですけど、国フォ2ndの『希望のうた』聴いた後だとそんな印象を持ちました。
視界のほうは最初は暗めで中継大丈夫かな〜と思いましたが、これは後半に会場を明るくすると一面の向日葵が〜という演出でしょうか。
まぁテレビで暗い状態でもオーディエンスや向日葵が映っていますのでさほどインパクトは与えられなかったかも。
向日葵は明るくなるまで掲げないほうが演出的に良かったかも〜なんて収録後の映像見ての結果論ですね(^_^;
Fooさんが書いていましたがピースマークの全体が写っていなかったのは残念。
私の席は花道からやや距離がありました。その視点からだと向日葵良い感じでしたよ〜。
帰宅して観た映像より、向日葵の密度があったように見えました。
テレビだと上からのアングルだと向日葵が少なめに見えてしまいますね。
テレビは大きく引いたアングルのほうが映えるでしょうか。
少し懸念していたこの曲での左右のスウィング。
相性良いとは言えませんが、私の視点では向日葵効果で予想していたより悪くなかったです。
これは全員動きがそろっていないほうがナチュラルで良いかな〜と敢えてスウィングをずらしたりしていました(笑)。
最後『希望の〜…う〜た↑ぁ〜〜〜〜ぁぁぁ〜〜〜ぇぇぇ〜ぇ〜〜♪』
と力強い声を出してきて曲終了。

●MC
安:MISIAさんありがとうございました。会場の皆さんの向日葵が向日葵畑で歌っているようにこちらには見えました。
 本当に素晴らしいステージ届けてくださってありがとうございます。
 会場の野外ステージの皆さんにもよろしくお伝えください。ありがとうございました。
M:ありがとうございました。

そしてウエキさん〜
『皆さん本当にありがとうございました。無事中継終わりました。皆好いとっとー(笑)!』
と言って中継終了。
そしてMC。

・ありがとうございました。いやー、もう長崎からこうやって中継でね。お送りできるって。
 そしてこの平和の祈りが込められた歌をここ長崎から皆で届けられたっていうのがもう。
 (Miya-Y:皆で届けられた〜って思ってくれている事が嬉しい(T▽T))
・本当に皆さんご協力ありがとうございました。
・今回のツアーで九州は全部行きましたよ。今まで全国…日本だけでなくアフリカ等世界中いろんなところへ行ってきました。
 色々な大変なことがあっても人が想い合っている、助けあっている場所は優しさがあって、笑顔があって、幸せがあったのね。
・音楽って心を繋げたり、人と人を繋げたりする力があるでしょ?
 だから今自分のできる形でなんとか歌を届けたいと思ってやってきました。
・これからもこうして力合わせていけば、なんとか乗り越えていけないかなあ〜って。
・これからもみんな笑顔を忘れずに今を大切に生きていきましょう。そしてまたこうしてお会いしましょうねー!!
・これからも歌を歌っていきましょう。最後にこの歌を聞いてください。

という感じで次の曲へ。

●歌を歌おう(75/120)
初披露は2021年8月21日、日本テレビ『24時間テレビ』。
ライブ初披露は翌22日のFUJI ROCK2021。
単独ライヴでの初披露は9月23日の富山公演1st。そこから今ツアー全公演歌っています。
歌った75回中73回を最後の曲として歌いました。
ちなみに今ツアーで最後に歌った曲は
・アイノカタチ:45回
・歌を歌おう:73回
・希望のうた:2回
となっています。私のライヴ初聴きは昨年10月の東京GT公演。
24時間テレビで初めて聴いた時から
『この曲はオーディエンスとMISIAが終盤一緒に歌って真の完成形になる』
と感じていました。まだ一緒に歌う事はできていないですが…その日が来ることを待ち望んでいます。
また、ファンクラブ会報のMISIAへの質問のコーナーで
『コロナが終息したら一番やりたい事』の回答でMISIAは
『みんなで一緒に歌う事〜歌える日が来たら泣いちゃうかも』
と言っていますね。…私絶対泣くわ。

長崎レポ。イントロ開始。
MISIA『最後に歌います。歌を歌おう。今日はありがとうございましたー!』
と言って歌詞へ。
Aメロからズキューンときます。
MISIA『希望のうた』で感じていた硬さはなく、開放モードという印象。
何か『希望のうた』にはなかったものをビシビシと感じます。
そしてやっぱり大林君のピアノも素晴らしいなぁ。
ホーンも国フォは別として厚くて良いです♪
そしてなんと言ってもMISIA。
『あぁ〜〜〜、これだよ。これ。生命力が違うっ!!』と私はウハウハします。
間奏はチッピー。国フォで感じた『後は任せた』感、当たっていました。
『あ↑ーいのす↑ーべてが↑〜ぁぁ〜♪』
『い↑のーちか↑けぇーーて↑〜ぇぇ〜〜♪』
の歌い方きます。その後のビブラートも素晴らしいっ。
『Lalala lalala〜la〜♪』へ。後方を見ます。ペンライトに向日葵、沢山揺れています。
野外でこの光景見るの夢見ていました。『あ〜幸せだなぁ〜』と心から思います。
一緒に歌えればもう31.48倍幸せになるでしょうけど、今は脳内で我慢。
最後は
『なーがさーーきぃーーぃぃ〜〜いぇぇ〜〜♪ I Sing a so〜〜ng♪ for you〜〜ぅぅぅ〜〜〜♪ I sing a song for you〜〜〜♪』
という感じで曲終了。

No.9450Re: 星空Acro7月16日長崎公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/26(Tue) 18:56
 

●ライヴ終了
『歌を歌おう』終えて〜

・ありがとうございましたー。またねーっ。
 (『Welcome One』が流れます)

そしてメンバー全員ステージ前に来て整列。
中央のMISIAがお辞儀すると左右のメンバーが順に同じようにお辞儀していきます。

・バンド、コーラス、ダンサーに大きな拍手をー!

それからもう一度一人づつメンバー紹介。これは他会場ではなくファイナルだからだと思われます。
最後に『そしてMISIAでしたー!』と自己紹介あり。
私は『…これは、きそうな予感。』と思います。
するとMISIA『Sha-la-la, la-la-la, la-la-la, la Forever〜♪』
(Miya-Y:きたーーー(>▽<)♪)
『Whenever, we are so sree〜♪』までの短いものでしたが、
流れている音源に合わせて歌ってくれました。
オーディエンスが声出せる状態でしたら、一曲フルで歌っていたかもしれない(笑)。
そして改めて『ありがとうございましたー!』と言って舞台袖の方へ。
今回はステージに幕はなかったですが、舞台袖の奥の幕ギリギリまで手を振ってくれていました。
次記事で長崎&星Acroツアーで感じた事を少し書きます。

No.9451Re: 星空Acro7月16日長崎公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/26(Tue) 18:57
 

●長崎メンバー・セットリスト
国フォではホーン6人という豪華構成でした。
これがBirthday仕様なのか、『音楽の日』仕様なのかどっちかな〜なんて思っていましたが結果前者でした。
と言っても明男ちゃんは参加してくれました。明男ちゃんだけ参加は予想外でした〜。
セットリストはファイナル&1日1公演という事で多くなるのではと期待・予想していましたが、
私の予想以上にやってくれました。星Acro終盤の集大成になっていた印象です。
個人的に『花はどこへ行った』を是非長崎で聴きたかったので、やってくれてとても嬉しかったです。

●稲佐山
長崎稲佐山野外ステージ。私はステラも好きな会場ですが私的には半野外会場。
純粋な野外会場としては私は2019年7月のCN2019三崎公園 野外音楽堂以来となりました。
『私はやっぱり野外公演大好きだ〜〜〜』
と再認識しました。もう会場付いた瞬間テンション上がる〜☆
稲佐山はとても広さを感じるので野外らしさ優先して次回は芝生席狙うのもありかな〜と思っていたり。
今回は花道がある事によって私の座席からはMISIAの後方に緑が見える開放的な画となって野外を強く感じる事ができました♪
野外会場は交通面や天気の面などハードルは高くなるのですけど、私にとってはそれ以上にメリットが大きいです。
何かうまく言えないのですけど音楽のルーツを感じるというか、自然と共に音楽を感じるというか〜。
う〜んやはりうまく言えません(^_^;

●1日2公演
今ツアーはコロナ禍という事で1日2公演が基本でした。
コロナ禍になる前に販売を開始して、キャパを半分にするわけでもなく
(した会場も少しありましたが)
1日2公演での開催。しかもその告知も最初はされなかったというのは大きな問題に感じました。
コロナ禍前に販売したものは一度払い戻しをして、
『1日2公演、観客収容率は状況により変動予定です。』
というような告知があってのエントリーでしたら個人的には問題には感じなかったとは思います。
で、1日2公演。
以前ライブ最後のMCで『アンコール、もう一回最初から歌いましょうか〜?』
なんて冗談言った事がありましたが、1日2公演参加するとある意味それを実体験した事になります(笑)。
今回のツアーは自由度が高く変化があり、1日2公演参加しても個人的には十二分に楽しめました。
これはバンドマスター大林武司君の存在が大きかったと思います。
1公演参加後の待ち時間で『これからまたライヴに参加できる〜』と妙にホクホク気分になった事も(笑)。
まぁ1公演の時間は短くなってしまいますし、何よりMISIAの負担が大きいとは思うので1日2公演は今後は避けてほしいとは思っています。
コロナ禍という状況で先は読めない状況だとは思いますが、
『ライブを、どういう状態で開催する』
という事が明確になっている状態でエントリーしたいものですね。
運営側の問題はいろいろ感じたツアーでしたが、MISIAの
『できる限り音楽を届けたい』
と言う想いは実際にライヴに参加して強く感じられました。

●星Acroツアー終了
という感じでついに、ついに終了した
『MISIA 星空のライヴ ACROSS THE UNIVERSE』
全120公演、50会場、全1396曲っ(恐らく誤差あり)。
ツアー前からツアー中いろんな事がありました。それを乗り越えての完走ですね。
MISIA、バンドさん、ダンサーさん、スタッフさん本当にお疲れ様でした。
今回私は多くの公演参加できませんでしたし、3ヶ月後にはもうアリーナツアー始まりますが〜…
これだけ長いツアーだとやはり感慨深いものはありますね。
次のツアーまで短い期間ですけどゆっくり休んでください〜。

で、約3ヶ月後には25周年アリーナツアーです。
次のツアータイトルは『Yakult presents 25th Anniversary MISIA THE GREAT HOPE』。
私は星Acroツア(&CN2022)ーに参加して何か『希望』を感じていました。
ACROSS THE UNIVERSEからつながって、より大きな希望あるツアーになる事を楽しみにしております。

No.9452Re: 星空Acro7月16日長崎公演詳細レポ
by KU - 2022/07/27(Wed) 12:05
 

こんにちは。

いやあ、終わってしまいましたね〜
これだけ長いと、日常になってしまっていたようで、感慨深いです。


野外らしさという意味では、僕はちょうど夕日が見えるサイドだったので、満喫できました。

先週末、小田和正さんのツアーがテアトロンであり、芝生席から参加しました。いやあ、この日もいい天気で、夕焼けにシャッタータイムに花火、さらにセミや虫の鳴き声、海風の心地よさなど、こちらも満喫でした。

調べてみると、僕が前回の小田和正ライブでテアトロンに行ったのは2014年7月のツアーで、その年の9月がMISIAのテアトロンでのCandle Nightだったんですね。そして、その中間の2014年8月が稲佐山でのCandle Nightでした。

ということで、8年ぶりの稲佐山&テアトロンで、いずれも小田さんとMISIAという組み合わせでした。

またMISIAもテアトロンに来てほしいです。最高ですね。

昨年は、苗場のフジロックでの野外でしたから、個人的には2年続きで、うれしい。宗像フェスは今年はどうなんでしょうね〜

No.9453Re: 星空Acro7月16日長崎公演詳細レポ
by たら - 2022/07/27(Wed) 14:23
 

>KUさん
九州住み人間(鹿児島)としては気になって調べてみたら、宗像フェスは今年は既に開催済みでした(^^;
6/4・5と北九州市で行われたそうです。

https://munafes.jp/

No.9454Re: 星空Acro7月16日長崎公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/27(Wed) 20:07
 

>KU
終わちゃいましたね〜。レポアップし終えて第2段の実感がいまきております(笑)。
夕陽サイドうらやましぃー!
もし『MISIAライブの開催会場選べる券』があって私が持っていたら第一にテアトロンを選びますね。
小田和正さんのほうも羨ましい〜。私がテアトロンという会場を知ったのは小田和正さんがライブをやられていたからでした。

>たら
宗像フェス情報感謝です〜。
MISIAが出たのは2016年8月28日。出演予定だった2019年9月22日は台風で中止。
今年は早かったのですね〜。
せっかくなのでついでに2016年宗像フェスセトリ。

【メドレー】
●INTO THE LIGHT (David Dub Mix)
●逢いたくていま (Gomi Remix)
●忘れない日々 (HEX HECTOR'S RADIO MIX)
●THE GLORY DAY (Gomi Remix)
●Everything (Junior+Gomi Club Extended Mix)

●MAWARE MAWARE (feat. Doudou N' Diaye Rose)
●つつみ込むように…
●あなたにスマイル:)
●オルフェンズの涙
●Everything

No.9455Re: 星空Acro7月16日長崎公演詳細レポ
by KU - 2022/07/30(Sat) 10:26
 

おはようございます。
たらさん、宗像フェス情報ありがとうございます。
台風の影響を避けるために時期を変えたんでしょうかね〜

2016年も、結果オーライですが、ハナちゃんのステージすらできるかどうかわからない、綱渡りの開催でしたし、実際、真横が海で怖い感じもありました。
中城城でJTBにもらったカッパでは役に立たないくらいの天気でしたが、結果的にはおさまって素晴らしい野外ライブになり、花火までMISIAと一緒に楽しめるというスペシャルなフェスでした。

フェスといえば、宗像フェスの年だったと思いますが、MISIAも参加したモンバスが今年は開催される予定で、小田和正さんも出演予定です。

当時、ステージ前スタンディングエリアでは夏フェスならではの盛り上がりで、目を点にしながらMISIAの順番を待っていたのが懐かしいですが、今年はコロナの影響を受けて、事前の抽選による立ち位置指定っていうやり方だそうです。

入れ替え制みたいなので、1列目に定住するフジロッカーやミスチルオタクみたいな人が排除されるのはいい反面、フェスらしくないような気もするし、コロナ対策だけならば立ち位置マーキングと人数カウントだけでいいような気もします。

夏フェスだけでなく、ホールやアリーナ公演の在り方も、試行錯誤が続くのでしょうね〜

No.9456Re: 星空Acro7月16日長崎公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/31(Sun) 09:14
 

>KU
ライブ後にMISIAと花火、贅沢〜っ。
2016年宗像フェス、翌8月29日は中止になってしまったんですよね。

>事前の抽選による立ち位置指定っていうやり方だそうです。
私は大型フェスにそんなに参加した事がないですが、これを聞くと確かに『フェスらしくない』とは感じますね。
試行錯誤して、今回の評判によって今後が変わっていくのでしょうね。


No.9437長崎ファイナル情報
by Miya-Y 投稿日:2022/07/16(Sat) 21:52
 

【次記事】
●Welcome One / HELLO LOVE
●Hello Love / HELLO LOVE
◯MC
●陽のあたる場所 / Mother Father Brother Sister
●あなたにスマイル
●エヴリ
●さよならも〜
●明日へ / SOUL QUEST
◯MC
●Higher Love / HELLO LOVE
●好いとっと / HELLO LOVE
●SUPER RAINBOW / Life is going on and on
◯アンコール〜MC
●花はどこへ行った / ピート・シーガーカバー
●アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN) / Life is going on and on
○中継準備
●希望のうた / CD未収録新曲
●歌を歌おう / HELLO LOVE

No.9438Re: 長崎ファイナル情報
by Miya-Y - 2022/07/17(Sun) 00:03
 

個人的なポイント。

●あなたにスマイル本当はショート版だった(と思われる)ところをMISIA『2番ー!』と言ってフルにしてきました(笑)。
●スマイル以外にもMISIAグイグイきて『音楽の日』中継の為に余力を残す気配まったくなし(笑)。
●やっぱり長崎で『花はどこへ行った』歌ってくれた。
●希望のうたはやや固くなっていたかも。
●中継終了後の『歌を歌おう』は開放モードになって凄かったです☆

ホーンは4人、Jazzホーン隊+明男ちゃん
MISIAお疲れ様でしたー!!
沢山の元気、幸せをありがとう☆


No.9424星空Acro 7月6日〜7日 東京国際フォーラム公演詳細レポ
by Miya-Y 投稿日:2022/07/08(Fri) 21:28
 

【次記事】
2022年7月6日(水)〜7日(木)東京国際フォーラムA(以下国フォ)で行われた
『MISIA 星空のライヴ ACROSS THE UNIVERSE』(以下星Acro)に参加してきました。
(私の参加は6日と7日の2nd)

以下詳細レポになります。

※このレポでは『MISIA Soul Jazz Big Band Orchestra Sweet & Tender』をBig Band公演、『Candle Night』をCN、『THE SUPER TOUR OF MISIA』をTSTOM、『MISIA SOUL JAZZ SWEET & TENDER』をS&T2019、『MISIA SUMMER SOUL JAZZ』をMSSJと略します。

※内容等に間違いがある場合も考えられます。また個人的な感想も書いています。
 観賞位置や周りのオーディエンス等によって受けた印象が違う方もいると思いますがご了承くださいm(_ _)m

No.9425Re: 星空Acro 7月6日〜7日 東京国際フォーラム公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/08(Fri) 21:28
 

6日セットリスト

●Welcome One / HELLO LOVE
●Hello Love / HELLO LOVE
◯MC
●陽のあたる場所 / Mother Father Brother Sister
●Higher Love / HELLO LOVE
●さよならも 言わないままで / HELLO LOVE
●明日へ / SOUL QUEST
◯MC
●好いとっと / HELLO LOVE
●Can't Take My Eyes Off Of You / MISIAの森 -Forest Covers-
●SUPER RAINBOW / Life is going on and on
◯アンコール〜MC
●希望のうた / CD未収録新曲
●アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN) / Life is going on and on
●歌を歌おう / HELLO LOVE

19:05頃開始、20:40頃終了

No.9426Re: 星空Acro 7月6日〜7日 東京国際フォーラム公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/08(Fri) 21:29
 

7日1stセットリスト

●Welcome One / HELLO LOVE
●Hello Love / HELLO LOVE
◯MC
●あなたにスマイル:) / LOVE BEBOP
●Higher Love / HELLO LOVE
●Everything / MARVELOUS
●明日へ / SOUL QUEST
◯MC
●好いとっと / HELLO LOVE
●Can't Take My Eyes Off Of You / MISIAの森 -Forest Covers-
●SUPER RAINBOW / Life is going on and on
◯アンコール〜MC
●アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN) / Life is going on and on
●歌を歌おう / HELLO LOVE
●希望のうた / CD未収録新曲

15:35頃開始、17:10頃終了

No.9427Re: 星空Acro 7月6日〜7日 東京国際フォーラム公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/08(Fri) 21:29
 

7日2ndセットリスト&共通メンバー

●Welcome One / HELLO LOVE
●Hello Love / HELLO LOVE
◯MC
●陽のあたる場所 / Mother Father Brother Sister
●Higher Love / HELLO LOVE
●明日へ / SOUL QUEST
◯MC
●好いとっと / HELLO LOVE
●Can't Take My Eyes Off Of You / MISIAの森 -Forest Covers-
●SUPER RAINBOW / Life is going on and on
◯アンコール〜MC
●花はどこへ行った with 小林武史 / ピート・シーガーカバー
●アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN) / Life is going on and on
●歌を歌おう / HELLO LOVE
●希望のうた / CD未収録新曲

19:00頃開始、20:45頃終了

Tomo(Tomoaki Kanno)(Ds), 種子田健(B), 吉田サトシ(G), 大林 武司(P, Key), 村田千紘(Tp), 曽我部泰紀(Sax), 池本茂貴(Tb), 小澤篤士(Tp), 鈴木明男(Sax), 鹿討奏(Tb), 渡辺麿裕美(Cho), KOTETSU(Cho)
ダンサー:KAZANE, MIYU
スペシャルゲスト(7日2ndのみ):小林武史(Key)

No.9428Re: 星空Acro 7月6日〜7日 東京国際フォーラム公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/08(Fri) 21:40
 

●会場等
今回の会場はお馴染み東京国際フォーラムA(以下国フォ)。キャパは約5000人。
MISIAのBirthday Liveと言えば私は国フォのイメージが強いです。
国フォは2020年『So Special Christmas LIVE』以来、
国フォでのBirthday Liveは2018年星X以来でしょうか。イメージ強いと書きましたがご無沙汰でしたねぇ。
私は6日と7日2nd(以下7日)の参加となりました。
また私は昨年の大阪Birthday公演は参加できなかったので2年ぶりのBirthday Liveです♪

…昨年12月の東京ガーデンシアターのレポを読み返していると12月12日1st公演MCでMISIA
『もしかしてまたどこかで東京公演あったら来てくださいね。わからないけど。』
と言っていました。
今(2022年7月東京追加公演あり)思うと…MISIA下手っぴだ(笑)。
まぁ当時はめっちゃ不自然に感じつつ、流石に星Acroの東京追加公演があるとは思わなくて
『次のツアーの話だろうな〜』と思っていました。
…MISIAこの時言いたくてウズウズしていたのでしょうね(笑)。
それにしても今後東京のホール公演は『東京ガーデンシアター』『NHKホール』『LINE CUBE』『国フォ』どこになるのでしょうかねぇ。

7月6日〜7日。残念ながらまた新型コロナウイルス新規感染者が増加傾向になってきてしまいました。感染対策は〜
入場時に手首による検温、チケットはスタッフさんがもぎって、置いてある消毒液を自分でプッシュするスタイルでした。
喫煙所は使用禁止。男性トイレは通常運用。
ちなみに2020年時はカメラを通過しての検温、足(消毒マットを踏む)、手、全身(消毒スチームを通過)の消毒、
紙チケの半券は自分でもぎり。喫煙所は使用禁止。男性トイレひとつづつ空きあり〜という感じでした。

入場します。バースデーチャリティーはグッズコーナーの隣。
もう少し案内とか出して(グッズコーナーの案内はあり)目立つようにすればよいのになぁ。特に退場時。
今回の私の座席は
6日:10列以内左より
7日:10列以内右より
という感じでした。席はグループディスタンスだった模様。
国フォ(Birthday)公演はCLUB MSA率が高く前方席がでない印象なのですが、
今回は珍しく2公演とも前方席でした。

今回も幕(段帳)あり。星Acroのこの大きな幕を見るのも今度こそ最後。
(稲佐山は野外で幕はつけれないと思われます。)
私は今ツアー多く遠征していませんが、1年以上のロングツアーなので少し感慨深い気持ちになります。
会場が暗くなりいよいよ開演ですっ。

No.9429Re: 星空Acro 7月6日〜7日 東京国際フォーラム公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/09(Sat) 21:12
 

●オープニング〜Welcome One
お馴染み打ち込みオープニング曲開始。
6日。…音大きいな(汗)。今までの経験上オープニングより本編のほうが音がかなり大きくなるのわかっているので6日の本編はかなり大音量になるのではないかと懸念。先に書くとこれは正解でした(>_<)。
7日。今日はオープニングの音控えめで安心。6日と7日で音のバランス変わっていたのではなく私の席がスピーカラインに入っているかいないかの差だったとは思われます。
オープニング曲が終わり幕が開き、大林君の演奏から『Welcome One』開始。
6日、私が最初にチェックしたのはステージ左。以下私の思考。

・(ステージ左見て)あぁ白井君不在か〜(>_<)
・…あれ、ベース種ちゃんやんっ!
・ぬぉ、MISIA新しい衣装になってるっ!
・!? 明男ちゃんがいる!! チッピー(村田千紘さん)もいるぞ!?
 明男ちゃんがスペシャル参加って事か。
・って知らない人(笑)もいる!!、つーかホーン沢山いるやん!
 通常ホーン隊+明男ちゃんホーン隊ダブル構成!?
(ホーンの音鳴る)
・音厚〜〜〜〜〜っ!なんやこれ!?
・やっぱり私には音が大きい〜。左耳痛い(>_<)。
・つーかMISIA調子良くない? 群馬&ANNGの様子から声のコンディションはさほどよくないと予想したのだけど〜。
・お、今日のダンサーはMIYUさんか。
・ん〜種ちゃんベースええなぁ〜

…入ってくる情報が多すぎる(笑)。
という事で6日はキャパオーバー状態でしたが7日は集中して聴けました。
MISIA新衣装。衣装の詳細書く能力はないので↓を参照してください。
https://www.barks.jp/news/?id=1000221932
写真では分かりづらいですがMISIAの背中にはピースマークが描かれています。
やはり白井君がいなくて寂しく感じるところもあるのですが、とにかくホーンの音めっちゃ厚い。
小澤さんのハイトーン迫力ありますわ〜☆
Aメロ入って普段はない明男ちゃんの音が入ってきます。新鮮。
7日のMISIAの歌声は2daysの2公演目という事でさすがに6日と比べると落ち着いていますが、それでも私の予想以上に良い感じ。
7日の音は6日より中央よりでスピーカーラインの内側だったので大きさは許容範囲。ただその影響でコーラスが遠めになってはしまいました。
サビへ…これから何度も書くと思いますがやはりホーンが凄い。エグい(笑)。
これ脳内でいままでの星Acroの音を再生できる方ほど感動が大きい事でしょう。
群馬レポで『私は星Acroで明男ちゃんホーン隊には巡り会えていないので聴いてみたかったぁ。』
と書きましたが、まさかダブル構成で聴けるとわぁぁ〜♪
私的にはこの時点で『最高のバースデースペシャル』って感じです。
『Welcome One』終わって思わずガッツポーズとってしまいました(笑)。

あ、群馬から陸さん→曽我部さんに変更になりました。
曽我部さんはレコ大、紅白で参加されてましたがライブでの参加は初だったでしょうか〜。

●Hello Love
最初のホーンの音から普段と二段階ほど迫力あって私はニヤニヤ。
『もう最高やな〜♪』とゴキゲンです。
ここでMISIA

・こんばんわー!
・『星空のライヴ ACROSS THE UNIVERSE』国際フォーラム公演へようこそー!
・昨年4月から1年以上やってきたこのツアー、また東京へ戻ってきましたー!
・今夜も心を込めて歌ってまいりますので、どうぞ皆さん最後まで楽しんでいってねー!
・Clap your hands〜♪

7日は
・今日7月7日バースデーを迎えましたー!
・皆さんと音楽の時間で過ごせる事がとっても幸せです。
・今日は感謝の気持ちを込めて、私以上に皆さんにHappyな気持ちになって欲しいです。

という話も加わります。
6日は『Helloぉぉぉ〜〜〜Helloぉぉ〜♪』 と普段より声出し長めでした。ウヒヒ。
そしてその後とホーンの音で私は『たまらんな、こりゃー(>▽<)!』って顔していたと思います。

Aメロ入ります。MISIA両日とも声の響き良い感じです。
種ちゃんのベースの音も堪能。そしてまたホーンの音がぁ〜(略)。
メンバー紹介へ。やはり私的には今回初聴きの小澤篤士さん、鹿討奏さん、曽我部さんに注耳でっす。
燃えますー!ダンサー紹介に入ってテンポアップ。
この時のホーンがまた(略)。とにかく普段以上に楽しい『Hello Love』で暴れるスペースめっちゃ欲しかったです〜!

●MC
ここでは〜

【6日】
・こんばんはーっ!
・改めまして『星空のライヴ ACROSS THE UNIVERSE』へようこそー!
・このツアーは昨年4月末から始まって、本来は9ヶ月ぐらいで終わる予定でしたが延期公演等があって伸びていって。
・あ、よかったらお席のほうにゆっくりしてください。
・それで1年を越えるツアーになって、またこうして東京まで戻ってくることができました。
・星空のライヴでカウントすると今日で117本目になりました。
 (Miya-Y:あ、以前BBSに書いた本数間違っていた(^_^;)。スイマセンm(_ _)m
 ↓であっているかな? お暇な方は間違っていないかチェック〜…ってしないか。
https://misiakanagawa.com/Hoshizora_Across.pdf
)
・この時代に皆さんが元気になってくださったらいいなという想いを込めてガムシャラにやって参りました。
・気がつけば1年以上経ってびっくりすること明日にはMISIA誕生日を迎えます。こうして皆さんと過ごせてとっても嬉しいです。
・まだ言っちゃいけないかもしれないけれど…明日発表になるみたいですけど…。
 今度の7月16日の長崎でこのツアーファイナルを迎えますが、私来年2月にデビュー25周年を迎えるんですけれども…。
 その25周年に向けて今年の10月からアリーナツアー決定いたしましたー!
・そしてBEST ALUBUMもリリースしまーす!
 (Miya-Y:BESTかぁ〜…いや嬉しいのですけどLIVE ALBUMだったらテンション10倍高くなってた(笑)。
 今日のLIVE ALBUMだったら30倍は〜(笑)。
 25周年ってことでのBEST ALBUMで、アリーナツアーのセトリはBEST ALBUM中心になるのでしょうね。
 ライト層には嬉しいかも〜…チケ代はライト層が躊躇してしまいそうな価格ですが(汗)。
 BESTと言っても新曲『希望のうた』は絶対入る事でしょう。)
・この情報は明日が解禁日だそうなので皆様内緒にお願いします(笑)。
 (Miya-Y:公式フライング情報。そして口止め(笑)。
 ちなみにアリーナツアー情報は今年2月の名古屋公演で
 『秋にはアリーナツアーがあるので またお会いしましょうねー♪』
 発言が最初だったかも。MISIA嬉しくなると言いたくなっちゃうタイプですな(^皿^))
・皆さんを座らせてしまったんですけれども、次の曲…アップテンポでした(笑)。
 (Miya-Y:MISIAの鉄板ネタでた〜(笑)…で、次アップテンポ? 最近は次はエヴリが多かったですが〜)
・どんな時にも喜びを探して届けたいという思いで久しぶりにこの歌を選んでみました。
・『陽の当たる場所』。

【7日】
・こんばんはーっ!
・改めまして星空の◎▽ブ…噛んだ。今日誕生日なのに(笑)。
 (Miya-Y:(笑)。MISIAは嬉しくてテンション上がると噛むタイプですな(^皿^))
・改めまして『星空の・ラ・イ・ヴ ACROSS THE UNIVERSE』へようこそー!
・本日7月7日、七夕に誕生日を迎えさせていただきまして。
・歌手として誕生日を迎えられて、こんなに沢山の方と一緒に時間を過ごせて幸せです。
・このツアーは昨年4月末から始まってラスト2公演。今日がホールライヴのファイナルなんですっ。
・心を込めて歌ってまいりますので、どうぞ最後まで楽しんでいってねー!
・次は久しぶりにこの曲を。せっかくだから明男ちゃんも。『明男ちゃ〜〜〜〜ん』
・『陽の当たる場所』。

という感じでした。

No.9430Re: 星空Acro 7月6日〜7日 東京国際フォーラム公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/10(Sun) 10:10
 

●陽のあたる場所
私は曲名聞いて
『ぬぉ陽場所マヂすか!星Acro初!?』
って思いましたが、7月倉敷、8月LINE CUBEとフェニーチェ堺でやっていました(^_^;
ちなみに8月のFUJI ROCKでも歌っています。
私が生で聴くのは2020年7月のMSSJ 2020 ビルボードライブ横浜公演以来と久しぶり。
イントロ開始。普段のJazz Ver.のホーン隊から入るイントロではなく明男ちゃんフィーチャーできます。
これがセクシぃ〜。明男ちゃん相変わらずエロいです(←褒めてるつもり)。
しかもかなり長めにやってくれます♪ MISIAも声出しで入ってきます。
最高すぎやろこれーっ!!
無印版含めてこの感じの『陽場所』は初かな? 国フォ公演、私にとってはもう満漢全席って感じです。
コーラスありの『陽場所』は更に久しぶりなので新鮮&心地良いです。
バージョン的にはJazz Ver.と無印の中間ぐらいな印象。
6日の間奏後、MISIA『You can sing!!』と歌います。
私の脳内では過去ライブではお馴染みの『You can sing!』が流れていましたが『え!?レスポンスしたらマズイよね?』とあせりました。が、MISIAコーラスに向って言っていました。
フェイクか(笑)。7日は『You can sing!!』はなかったです。
6日のMISIAいつもの癖が出てしまったのかもしれない(笑)。
あぁ一緒に歌いたい。
歌詞終了。ここから聴きどころだと私はワクワク。
明男ちゃんのサックスに、久しぶりにJazz Ver.ではない展開でのMISIAの声出し。
まさに相乗効果。音楽の渦を感じます。
明男ちゃんカッコよすぎですわぁぁ〜〜♪
曲終了して脳内でめっちゃ『あっ…きおちゃぁぁ〜〜〜〜〜〜〜〜ん!』と叫びました。

●Higher Love
大林君キーボードを薄めに弾いていきます。
そしてMISIA『Ha〜〜♪ Uh〜〜♪』という感じの声出ししていきます。
MISIAのフリータイムですね。
6日は美しい高音を、7日は地声で『Hallelujah〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪』
と響かせていきます。両日とも圧巻です。
そして『Higher Love〜♪』を繰り返し出してきます。7日は歌詞前に超高音炸裂。会場からは拍手。
あ〜両日とも音源欲しいっ!
歌詞へ入ります。6日は最初に歌詞ミスあった気がしますが気にしないでおきます(笑)。
この曲のベース好きなんですよね〜。さすがの種ちゃんって感じ♪ いつか生Rashaanでも聴いてみたいっ。
Aメロへ。7日なんか普段より跳ねた感じの歌い方をしている印象あり。私これ好きかも。
そして両日とも間奏での声出し新パターンできます。MISIAノリノリです。
7日はうまく表現できませんが、良い意味で何かいままでと違うものを感じるな〜。
やっぱりこの曲のコーラス気持ちええです♪ 一緒に歌いたいものです。まぁ脳内ではコーラス隊に参加していますけど(笑)。
ブレイクへ。両日ともここや終盤の声出しいろいろパターンが変わっている印象。
国フォのMISIA、イマジネーションが溢れている〜って感じです。
両日とも最後に超高音を炸裂させて曲終了。
いやぁこの曲もどんどん成長していっていると感じます。

●さよならも 言わないままで(6日のみ)
こちらは6日のみ。大林君いつものようにピアノを弾いていきます。
しっとりから重い雰囲気になっていきます。私の注目はホーン。
この曲ではTpの誰か一人が担当するのが基本パターン。
今まで黒田くん、チッピー、ミッキー(広瀬未来さん)。明男ちゃんホーン隊参加時は明男ちゃんという感じでした。
で、今回は明男ちゃん(ソプラノサックス)。やったー! 私明男ちゃんバージョン聴いたことなかったので嬉しい。
曲に集中。大林君のピアノで会場の雰囲気が変わり、そこからの明男ちゃんサックス。
…流石の音です。ゾワゾワきます。このイントロの存在はホント大きいと思います。
サトシさんのギターもとても好き。
中盤からドラム、ベースが入ってきます。やはり私には(PA的に)低音キツイ。
ちなみに2日後に同国フォの別ライブ行った方によると、そちらのほうがずっとバランスは良く感じたと言われてました。
6日の席だからという事もあるのでしょうけど。ただ種ちゃんの演奏は『ええなぁ〜♪』と思います。
MISIAの声はとても美しいです。やや粘りも入って私好み状態。
後半から再び明男ちゃん入ってきます。うはぁ〜たまりません(>_<)。
音は私には大きいですがコーラス良く聴こえるのは良いところ。
最後も明男ちゃん魅せて曲終了。はぁ…素晴らしい。

ちなみに今回明男ちゃんはソプラノサックスでしたが、アルトの時もあったそうです。
聴いた人の感想はソプラノはノーマル系、アルトはセクシー系だったとか。
脱線しますが2日後の国フォでの他アーティストさんライブ入場情報。
入場時に検温と手の消毒(スタッフがプッシュ)を同時にやってスムーズだったとのこと。
チケットもぎりは自分でやる感じだったそうです。席は100%。
同じ会場でもシステム変わるものなのですね〜。

●明日へ
7日、大林君の演奏を聴いていくと…『ん? 重くならない?』
すると『明日へ』の流れに入ります。
私は『「さよならも〜」カットか。Birthdayスペシャルゲスト枠の影響か。Birthdayなので重めの「さよならも〜」を外してきたのかな』
なんて思っていました。
でも私は『さよなら〜』→『明日へ』の物語を感じる展開好きなんですけどね。
歌に入ります。相変わらずMISIAの強い想いを感じます。
『明日へ 明日へ 明日へと歌おう』
時を重ねていって、込められているものが大きく、深くなっているように感じます。
終盤、両日とも
『共に向かって行こう〜〜〜〜、おぉおぉ〜〜〜、Yeah〜ぇぇぇ〜〜〜』
ではなく
『共に向かって行こう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜』
できます。そしてマイク外してのロングトーン。
今回は両日とも前方席でしたが、国フォクラスの後方席でも届いたと思います。
(過去に体験しています)
オーディエンスからの長い、長い拍手が会場に響いていました。

●MC
ここでは〜

【6日】
・この星空のライヴが、そしてこの私達の音楽の時間が皆様にとっての明日への力になったらいいな…と思って歌い続けてまいりました。
・この時代は音楽を届ける事が大変な時もありました。けれどこうして時間を過ごして、
 やっぱり音楽ってすごいなあ、元気をくれるなあって、そしてこの瞬間好きだな〜っていつも思います。
・この気持ちを九州弁で言うと。みんなの事が、そしてこの瞬間が…。
・(ゆっくりと)『好いとっと』♪

【7日】
・この星空のライヴが、そしてこの私達の音楽の時間が皆様にとっての明日への力になったらいいな…と思って歌い続けてまいりました。
・私が大好きなお話でね…
 (Miya-Y:赤ちゃんの笑顔の練習の話かな?)
・赤ちゃんって生まれた時にオギャーって泣くでしょ?
 あの音って440hzくらい。音で言うと『ラ』の音。その音で泣きながら生まれてきます。
 これは人間だけじゃなくて哺乳類全部なんですって。
 (Miya-Y:赤ちゃんまでは同じだったけど内容違った(^_^;)
・感情の音っていうのがあるんだよね。私達にとって心がウキウキする音楽、涙がでてくる音楽ってありますよね。それを沢山の人が同じように感じると思います。
・だから音楽にはきっと人の心を癒す音、人の気持ちを元気にする音、そういうものがきっとあると思うんです。
・どこかが痛い時にお母さんや自分が信頼してる人に触ってもらうと痛みが和らぐ〜『お手当て』って言いますけど、これは科学的にも証明されているそうです。
・MISIAはね『音当て』っていうのもあると思うの。
 (Miya-Y:めっちゃ実感しています。『細胞が喜んでいる〜』なんてレポしていたなぁ(笑))
・もし私もそういう力があるのならそれを届けたい。自分でできる事を届けたいという想いでやってきました。
 (Miya-Y:少なくとも私にとっては間違いなくそういう力ありますよ〜!そして同じように思っている人も沢山いるはず。
 MISIA『歌手』としての気持ちの強さがあがっているように感じます。)
・私達の音楽で元気になってくれたらとても嬉しいです。今日は来てくださってありがとうございます。
・とにかく私はこの時間が大好き! 最高に好き!
 (Miya-Y:私もです♪ 多くの人にこの音楽のj感を体験してほしい。)
・この想いを九州弁で言うと〜
・(ゆっくりと)『好いとっと』♪

という感じでした。

No.9431Re: 星空Acro 7月6日〜7日 東京国際フォーラム公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/11(Mon) 21:27
 

●好いとっと
以前から開始前の曲紹介での『好いとっと♪』がプリティーで好き☆
最近は『好いとっと』前にMC入る事なかったのですよねぇ。
私は12月の東京GTぶりにプリティー曲紹介聞けました〜(はぁと)。
そして曲開始。7日は
『やっぱりぃぃぃ〜〜〜〜〜、Ah↑ぁ〜〜〜ぁぁぁ〜〜〜♪ 国際フォーラぁーム!…好きやけん♪』
と珍しく東京で会場名入り。
そしてホーンの音のやられます。もうこうなるのわかっていました(笑)。
間奏でもホーンの厚さにまたニヤニヤ。国フォ公演ニヤニヤが止まらへん(^_^;
私は『あ"〜今日「Can't Take〜」やってくんねぇかなぁ〜』と思います(本当)。
この曲の間奏は最近は池ちゃんでしたが、国フォは鹿討さん。
力強い音を出してきます。7日は
『たなばたさま』(ささの葉さらさら〜)をやってきます(笑)。綺麗に間奏タイムに収まりました。
MISIAめっちゃ楽しそうに歌っていきます。私も楽しいぃぃ〜〜〜!
最後は『みんなーーーっ、好きいとっとぉぉーー♪』
という感じで次の曲へ。

●Can't Take My Eyes Off Of You
『よーし(超虹の)4拍Clapいくでー!』
と思っていると『Can't Take〜』イントロ開始。
『うぉっ、ホントにきたー!?』と私はオドロキ&ガッツポーズ。
いやぁ国フォのホーン構成なら、やらなきゃもったいないですよ。
この曲は昨年11月の大阪フェスティバルホール公演以来。
私は同月の東京GT公演以来です。

曲開始。最近序盤はゆったり粘りいれて歌う印象ありますが、
両日とも粘り控えめで美しく響かせにきている印象。特に6日の響きは凄かったぁ〜☆
サビあたりからはノリよく力強く。そしてやっぱりホーンは聴きどころ。このホーンで私のテンション300%UP!
私の脳内再生音源はコーラス定着していないのでコーラスも新鮮です。
ここでの間奏は池ちゃん。
スローテンポ→テンポアップの変化も楽しい曲ですよね♪
ベースもポイントです。
最後は高音での
『I〜〜〜〜っ、Lo〜〜〜ve、Yo↑〜〜〜〜〜〜u♪』
でノンストップで超虹へ。

●SUPER RAINBOW
『Can't Take〜』最後の
『I〜〜〜〜っ、Lo〜〜〜ve、Yo↑〜〜〜〜〜〜u♪』
の『Yo↑〜〜〜〜〜u♪』を声震わせてノンストップで4拍Clap入るのが好き。
『好いとっと』でも同じような事やる事ありますが、『Can't Take〜』のほうがしっくりきまっす。
そして長〜い『超虹』前奏に入ります。…長いの大歓迎ですぜ( ̄ー ̄)☆
MISIAのオーディエンスのClap煽り。
6日はClap速度を早くしたり、遅くしたり。7日は1拍、2拍、3拍といろいろ変えてきました。
7日はさらにオーディエンスを左右に分けて左右別々のClapを要求。
MISIA先生ノってきています(笑)。
そして各メンバーのソロ。種ちゃんカッコええ〜〜〜♪
今回は大林君ソロ時にMISIA『明男ちゃんもいっしょにーーーー!』と要求。
私的には夢のコラボだーっ!
7日は特に明男ちゃんめっちゃ吹きまくり。古希なのに働きまくり(笑)。
そして『超虹』通常イントロへ。本編と前奏どっちが長いんだろう(笑)?
明男ちゃん一段落したら周りに『もう疲れたよ〜』的なジェスチャーして隣のチッピーや他の皆さんに仰いでもらっていました(笑)。
この曲もホーンの破壊力が凄いです。
MISIA両日『伸ば↑〜すも↑〜の↑〜♪』できます。これ好き。
終盤、6日はしっとり『Thank you×3〜♪』から美しい高音を炸裂させます。
7日は力強い『Thank you×3〜♪』から
『今日もありがと〜〜〜♪
…Happy birthday to me♪ Happy birthday to me♪ Happy birthday dear 私(笑)?
(Miya-Y:私? と疑問形なのがめっちゃプリティー(=▽=*)♪)
全ての命へ Happy birthday to〜〜 yo〜〜〜〜〜u♪
Thank you×3〜♪』
という感じで一度曲終了。
『バンド・コーラス・ダンサーに大きな拍手をー!』
と言ってMISIAは退場。その後少しバンド演奏が入り一幕終了。
最後の小澤さんのハイトーンがめっちゃ効いてます☆

No.9434Re: 星空Acro 7月6日〜7日 東京国際フォーラム公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/12(Tue) 19:56
 

●アンコール〜MC
Clapでのアンコール。
6日。バンドメンバーウクライナTシャツに着替えて登場。そしてMISIAウクライナカラーの衣装で再登場。MCへ。
7日。アンコール中ステージにキーボードがセッティングされます。
って事で『清水ミチコさん登場か〜』と私は思いました。
そしてバンドメンバーは登場せずにMISIA再登場。MC開始します。
MCは~

【6日】
・ありがとうございます。今日は皆さん楽しんでいただけましたかー?
・星空のライヴは私達が星空に願うことを歌に託してきました。
・私が星空に願うことは皆さんの笑顔。そして皆さんが幸せになってほしいという願いです。
・人の幸せは、その根底に平和がなければ成り立たないと思います。
・明日誕生日迎えさせていただきますが前日から誕生日を祝っていただけて、
 こんな時間を過ごせて、歌手としてその日を迎えられる事ができてとても嬉しいです。
・こうしてここ立てているのも、子供の頃から自分の願いを叶えるために頑張れる環境、平和だったからだと思います。
・だから、私は世界中の子供達にも私と同じように平和の中で夢を実現するために頑張れる世界であって欲しいと心から願います。
・誕生日を迎えるにあたって沢山の愛をいただいて、ここまで来れた事に感謝します。
 皆さんが幸せでありますように、世界中が平和でありますようにと願って次の曲を歌いたいと思います。
・矢野顕子さんが平和の願い込めて作ってくださいました。『希望のうた』。

【7日】
・ありがとうございます。自分でHappy birthdayを歌ってしまいました(笑)。
・もう幸せすぎて『出会った全ての命にありがとう』って言いたくてつい歌ってしまいました。今日来てくださって本当にありがとうございます。
・この幸せがどんどん巡っていけばいいなと願って、会場の方ではバースデーチャリティーもやらせていただいております。
 寄付いただいた額はウクライナプロジェクトの方に寄付させていただきます。
 寄付いただいた方には、MISIAが書いたハートのレオナちゃんのステッカーを差し上げておりますので、よかったらご参加ください。
・(キーボードを見て)なんか気になるものがありますけど…もしかして清水ミチコさんが来てくださったのかな〜?
 って思っているでしょうけど〜
 (Miay-Y:え、思っていますけど違うの??)
・今日は特別に来てくださっている方が。男性の方です。背が高くて〜。
 (Miay-Y:え、男性? そして背が高い? これを聞いて藤井 風君を思い浮かべた人も多いと思いますが、
 私は『Higher〜』歌い終わっているから『違う』と判断。後で冷静になったらツアー中でした(笑)。
 …MISIAミスリードさせる為に『背が高い』って言ったのだろうか(笑)?)
・MISIAとの関わりも長くて2005年ぐらいから〜。
 (Miay-Y:って事は紀平凱成君ではない。SINGER FOR SINGERの時期か。
 藤井フミヤさん、比嘉栄昇さん、玉置浩二さん、GLAYさん、久保田利伸さん…みんなキーボードではないな(汗)。
・ここ数年はbank bandさんのほうで〜わかってきた(ニヤリ)?
 (Miay-Y:これでわかったー!)
・小林武史さーん!
 (Miay-Y:なんと客席から向日葵の花束持って登場。中央付近の席にいたのですかね〜?
 小林武史さん客席からステージに上がります。
 そしてバンドメンバーが舞台袖からめっちゃ見てる(笑))

以下小林武史さんの発言は『小』、MISIAは『M』とします。

小:MISIAとは ap bank Fes で本当にお世話になって。
M:いえいえ、こちらこそっ。
小:MISIAのの誕生日という事で声をかけてもらって。
 MISIAが僕にいろいろくれた力の1/100でも 1/1000でもちょっとでもお返ししなきゃということで来させていただきました。
M:いえいえいえいえ〜。
 小林さんの活動は〜2005年って言ったのは White Bandプロジェクトの時、一緒のCM出ていたんです。
 その時から環境問題、貧困問題、紛争問題って繋がっていていろんな事を見つめなくてはいけない。
 小林さん紛争の事もずっと関心を持っていらっしゃって環境の事も凄く深く活動していらしゃって私も教えていただいています。
 東北のほうにもずっと長く想いを馳せていらっしゃって。
 日本中・世界中の事に目を向けて『音楽とアートはこの世界を変えていく力がある』ってことをずっと続けていらっしゃる方です。
小:今から歌う歌、数日前にデモテープを貰って。今日キーボードのをやっている大林さんのテイクが素晴らしくて。
 (Miya-Y:そのデモテープ欲しいな(笑)!)
 こういう時代に、ちゃんとこういう歌を届けているんだって改めて感激しました。
 今からその歌をやらせてもらおうかと。
M:はい、平和を祈り、一緒にやらせていただこうと思います。カバー曲です。

という感じでした。6日の『希望のうた』レポは最後にして、小林武史さんとの『花はどこへ行った』を先に書きます。

●花はどこへ行った with 小林武史
私は小林武史さんの名前聞いた時点では『はるまついぶき』かな〜と思っていたのですがハズレ。
『花はどこへ行った』です。
CN2022で『希望のうた』が初登場してから
1日1公演では『希望のうた』、
1日2公演では1st『希望のうた』、2nd『花はどこへ行った』という構成になりました。
この時点では国フォも同様だと思っていました。

イントロ開始。そしてMISIAゆっくりと『花はどこへ行った』と曲名紹介します。
他公演同様、ピアノのみ=今回は小林武史さん2人だけでやっていきます。
小林武史さんイントロから大林君と演奏全然違います。小林さんの色がとても出ています。
なんか私の脳内に花が咲いている丘の景色がぶわぁ〜っと広がっていきます。
大林君は歌を主にディープに、小林武史さんは聞きやすくそして切なさもありという感じでしょうか。いやぁ流石。
同じ曲で2人の演奏を聞ける事がとてもありがたい。貴重な体験です。

MISIA丁寧に、言葉一つ一つに想いを込めているように歌っていきます。
私はMISIAソロでのこの曲を聴いたのは群馬公演が初めてで今回2回目。
群馬で生歌唱を聴いてこの曲は是非長崎でも歌ってほしい、聴いてみたいと思っています。

脱線しますが『音楽の日』では何が放送されるのでしょうかね。
個人的には『希望のうた』98%、2曲以上来るとしたらこの曲も候補の一つと思っています。
ただ〜
・スローテンポで繰り返しのメロディーが多く、長いこの曲はTV放送的には向かないかな〜。ショート版にするのも違うと思うし…。
・『希望のうた』+この曲だとテーマ的に被ってしまうかな…。
・TV放送として考えると新曲『希望のうた』やるなら、もう一曲はメジャー曲が好ましいか。
・でも長崎だからこそ、この曲を届けてほしい。
と『音楽の日』出演発表されてからいろいろ考えてしまっています。私が考えても意味ないですけど(^_^;

小林武史さんの演奏は大林君と方向性が異なってメリハリもつけてきます。
MISIAも群馬で聴いた時よりメリハリつけているような印象もあり。
MISIA、自身で追加した詞『争いの後に残されるものは いつの時代も悲しみだけ』を歌い
『いつになったら人は気づくのでしょう』で曲終了。
この曲はカバー曲ではあるのですが、MISIAの詞も追加されてただのカバー曲ではない感じですよね。

私はライヴ終了してから
『TV的には小林さんのバージョンのほうが視聴者に受け入れやすいかな〜。
ライブ会場でMISIAの歌声に深く入り込んでいくなら大林君。
でもどちらにしても大音量のライブ会場ではなく、TVのスピーカーでこれが伝わるだろうか〜』
なんて事をまた思っていました(^_^;

●MC
ここでのCMは7日のみで〜

・小林さんのサウンドで、このメッセージを歌わせていただけて…。
・この歌を歌おうと思ってから歴史を調べたら、本当に今のウクライナ地域にすごく関わりがある歌でビックリしました。
・次のアンコール…星空のバンドを改めて〜。
 (Miya-Y:舞台袖から覗いていたメンバー登場。大林君舞台袖からひょっこり覗き込むジェスチャーしてました(笑))
・みんなそこからすごい覗いていて…漫画みたいだった(笑)。
 (Miya-Y:私も舞台袖見える位置だったので超気になっていました(笑))
・それではアンコール、歌わせていただきます。アイノカタチ。

という感じでした。

●アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)
6日は『希望のうた』後、7日はMC後に歌います。
『花はどこへ行った』後に歌う『アイノカタチ』は、普段と全然異なった雰囲気でしたが
今回は間にMCが入ったので群馬とは違う環境となります。

6日。イントロでピアノ入って(アイノカタチとわかって)会場から拍手。
アイノカタチで拍手=MISIAライヴ初参加者やライト層という印象。
東京GTでもイントロ拍手発生した公演ありましたが、意外と初参加者やライト層の方も多いのかな。
だとしたら嬉しい事です(^^。
7日、久しぶりに暖かさ全開の『あのね〜♪』がきます。
6日は序盤から力強さが、7日は暖かく柔らかい感じ。
群馬2ndで『花はどこへ行った』後の『アイノカタチ』を体験しました。
私はいろんなMISIAを聴きたいので群馬2ndの『アイノカタチ』を聴けた事をありがたく思っています。
ですが7日『やっぱり、アイノカタチはこれだよ〜〜〜』と思います。
6日はグイグイきているな〜と思ったら『愛が 溢れ 涙』の『愛が』と『溢れ』の語尾の柔らかな響きにズキューンときます。
これは私的にかなりツボりました。
…また脱線しますが、今月大林武司君とギラ・ジルカさんのライブに行ってきました。
そのMCで少しMISIAの話になって大林君〜

・MISIAさん『Everything』の『わたしだけ〜♪』を『わたしだけ〜♪』と5回に1回ぐらいブルージーに歌う事があります。
 (Miya-Y:私が聴いた事あるやつならレポで
 『わたぁ〜しだけぇ〜♪』とためを入れる歌い方あり。
 と書いたやつかな。私もそれ好き(笑))
・MISIA先輩カッコいいす!って思いながら、それきたら和音をこっちに変えよう〜とかやっています(笑)。

と言っていました(笑)。いやメンバーも同じような事思っているんだなと思って嬉しくなりました☆
レポ続き。
『こぼれるんだぁぁぁ〜〜〜〜』のスローに揺らしてくるビブラートいいなぁ〜♪
と思っているとホーンが入ってきて衝撃。やはり国フォホーンはヤバいです。
スローな種ちゃんのベースも素晴らしい。コーラスも相変わらずいい! 国フォメンバーバンザイ!
6日はMISIAの地声のダイレクト感がとても良い感じ。
大サビからの展開は何度聴いても燃えるなぁ〜♪
そして明らかに普段と違うホーンの音に私はニヤニヤしていた事でしょう。

●歌を歌おう
またイントロでホーンの音にやられます。
国フォこればっかり書いていますな(^_^;
MISIA6日は
・また皆さんと音楽の時間で出会える日を願って…聴いてください。『歌を歌おう』。
と言って歌詞へ。7日は話さないで歌詞に入りました。
Aメロ。ホーンの音厚いだけでなく柔らかさもあって素晴らしい。
MISIA6日はそんなに声伸ばしてこないのですけど、その分語尾の響きが美しい感じ。この感じも良いです。
6日の間奏は小澤さん。美しい高音を聴かせてくれます。
7日も小澤さんかと思ったら、間奏前にチッピーが『はい、いきますっ』みたいなリアクションをするのが見えます。
そして7日の間奏はチッピー。心なしか以前より音に生命力が増したように感じます。
この3公演でジャンルは違えど大御所さん達から学んだり、刺激を受けたのかもですね(^^。
7日『あ↑〜いの全てが↑〜ぁぁ〜〜〜♪』の歌い方アレンジあり、
両日とも『いの↑〜ち かぁ↑〜け〜てぇ↑〜ぇぇぇ〜〜♪』の歌い方アレンジありましたが、両日で微妙に変わっていた印象あり。
終盤『Lalala lalala〜la〜♪』へ。今日も脳内で一緒に歌います。
最後は『I sing a song for you〜〜〜♪ I sing a so〜〜〜〜〜ng♪』
で終了。7日は音程上げてきていました☆

No.9435Re: 星空Acro 7月6日〜7日 東京国際フォーラム公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/13(Wed) 20:41
 

●希望のうた
6日はアンコール後の1曲目として開始。
7日は普段なら『歌を歌おう』でライヴ終了なのですが…大林君アイコンタクトしてキーボード弾く動作に入ります。
私は『ここでバンドさんによるHappy birthday演奏でケーキ登場か〜』と思ったのですが、
始まったのは『希望のうた』のイントロ。
今ツアーで『希望のうた』が最後になる事はなかったのでビックリです。
(※正確には7日1stが初。私は7日は2ndのみの参加で1stセトリ見ていませんでした。)
また、『花はどこへ行った』と『希望のうた』の両方を歌ったのも星Acroでは初(これは7日2ndのみ)となります。
7日は〜
・星空への願い事を歌に託す星空のライヴ。星空へ願うのは皆さんの幸せ、短冊に願うのは皆さんの笑顔。
・この私達の幸せは平和がないと成り立ちません。
・だから私は平和を強く願います。平和でありますように…平和でありますように…平和でありますように…。
・最後に歌うのは平和への祈りを込めて矢野顕子さんが作ってくださった曲です。
・希望を胸に、平和への願いを胸に歌います。『希望のうた』
と言って歌詞へと進みます。

歌い出しからMISIAの想いの強さを感じてゾクっとします。
『何も言わなくていいぃぃぃ〜〜〜〜』のビブラートもGood。
一番終わって間奏へ。ベース、ピアノが心地良いです。
ここから入ってくるドラムも好き。
7日の『陽の光 そそぐ〜 私達にもぉーぉぉーーー』めっちゃ伸びてます。
私の脳内はホント陽の光が注いできている映像が見えてきます。
この曲CN2022の初聴きから完成度高いと感じていましたが、さらに力強い希望が感じらるようになっていると思います。
両日とも最後は
『希望の〜…・う〜〜た↑ぁ〜〜〜〜〜』
とCN2022、群馬から変えてきました。
CN2022レポで『これからもっと伸びていく予感のする曲です。』と書きましたが、その通りな状態です。

●ライヴ終了
『希望のうた』終えて〜

【6日】
・バンド、コーラス、ダンサーにも大きな拍手をー!
 (『Welcome One』が流れます)
・今日も沢山幸せをいただきました。皆さんも沢山幸せでありますように。
・ありがとうございましたー! またね〜!

【6日】
・LOVE & PEACE!ありがとうございましたー!
・バンド、コーラス、ダンサーにも大きな拍手をー!
 (『Welcome One』が流れます)
・今日来てくださいました小林武史さんにも大きな拍手をー!
 (小林武史さんはステージから下がっていてこの時は不在でした)
・みんな幸せになったー!?ありがとうございましたー!
 (Miya-Y:なりまくりましたー(>▽<)!)

そしてメンバー全員ステージ前に来て整列。
今回も中央のMISIAがお辞儀すると左右のメンバーが順に同じようにお辞儀していきます。

7日は〜
・あ、そうだ!10月からアリーナツアー決まりました(笑)!またね〜!あははははは(笑)!
 (Miya-Y:MISIA自分に大ウケ(笑)。
 前日フライングで言っておいて解禁日に最後の最後まで忘れていたとゆー(笑))

そして幕が閉じていきます。今回もギリギリまでしゃがんで手を振ってくれました☆
という感じで終了した国フォ3公演。次記事で2公演参加しての感想を簡単に書いていきます。

No.9436Re: 星空Acro 7月6日〜7日 東京国際フォーラム公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/13(Wed) 20:46
 

●セットリスト
今回のポイントは

・久しぶりの『陽の当たる場所』
・『Can't Take〜』復活
・(7日)『花はどこへ行った』&『希望のうた』を両方やった
・『希望のうた』が最後の曲に。

でしょうか。国フォメンバー活かすという事で
『陽場所』や『Can't Take〜』入ったのかな〜なんて妄想をしています。
…7日1stの『:)』も気になるな〜。聴いてみたかった。

●メンバー、『音楽の日』の中継
国フォ公演前に気になっていたのは
・白井君の参加
・スペシャルゲスト
がどうなるかでした。白井君の不在は残念でしたが種ちゃん、明男ちゃんホーン隊の+αは予想外のサプライズでした。
Jazzホーン隊と明男ちゃんホーン隊のW構成は星Acro初でしたしね。
レポで書いた通り(多分それ以上に)私はとにかくやられまくりました(笑)。
6日ライヴ終了後
『今日のこのメンバーがもうスペシャルなので明日スペシャルゲストいらないのでは?』
なんて言ってました(^_^;
これはスペシャルゲストが音楽関係以外の方だと曲数減になってしまう事を懸念していたからというのもありました。
結果スペシャルゲストは小林武史さんで、素晴らしい『花はどこへ行った』を聴く事ができました。
ケーキやBirthday Song(MISIA自分で歌いましたが(笑))はなくBirthdayライヴらしさは薄かったかもですが、
今は我々がMISIAにBirthday Songを歌う事はできないですし、個人的には理想的な構成でした。
まぁBirthdayライブはMISIAが楽しんでくれたら〜と思っているので音楽関係以外のゲストでもよいのですけど。
とにかく私はMISIAの音楽で沢山の幸せをいただきました。おめでとう、そしてありがとうMISIA。
MISIAも私以上に幸せになってくれていたら嬉しいなぁ(笑)。
あ、明男ちゃん等がTwitterにあげていたケーキの詳細画像は見たい。
メロンパンダや藤城さんの小人がいて気になってます。後日会報に載りますように。

さぁ残りは星Acroツアー全120公演の最後、長崎大ファイナルです。
久しぶりの純野外である稲佐山公演。楽しみですっ
国フォの豪華メンバー、普通ならBirthday公演(6日含む)限定なのでしょうけど、
『音楽の日』に合わせた豪華メンバーという可能性もあるのかな。
紅白、レコ大前の東京GT公演も豪華メンバーでしたし。
どっちなのでしょうねぇ?
『歌を歌おう』間奏をチッピーがやったのは『後は任せた』的な空気も感じましたし〜。
メンバー気になりますねぇ。
また中継はライヴ中なのか、ライヴ後なのか。
18時半開演という事考えると、MISIAが出るのが番組終盤ならライヴ後。
その際はオーディエンスを退場させるのか、残すのか。
でも『希望のうた』が最後になった事から、ライヴ中のような気もします。
『花はどこへ行った』はやるのか、どの曲が中継されるのか。
いろいろ気になります。
答えは16日。無事参加できますように…。


No.9412星空Acro 6月25日群馬公演詳細レポ
by Miya-Y 投稿日:2022/06/26(Sun) 19:46
 

【次記事】
2022年6月25日(土)ベイシア文化ホールで行われた『MISIA 星空のライヴ ACROSS THE UNIVERSE』の1st&2nd(以下星Acro)に参加してきました。

以下詳細レポになります。

※このレポでは『MISIA Soul Jazz Big Band Orchestra Sweet & Tender』をBig Band公演、『Candle Night』をCN、『THE SUPER TOUR OF MISIA』をTSTOM、『MISIA SOUL JAZZ SWEET & TENDER』をS&T2019、『MISIA SUMMER SOUL JAZZ』をMSSJと略します。

※内容等に間違いがある場合も考えられます。また個人的な感想も書いています。
 観賞位置や周りのオーディエンス等によって受けた印象が違う方もいると思いますがご了承くださいm(_ _)m

No.9413Re: 星空Acro 6月25日群馬公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/06/26(Sun) 19:46
 

1stセットリスト

●Welcome One / HELLO LOVE
●Hello Love / HELLO LOVE
◯MC
●Everything / MARVELOUS
●さよならも 言わないままで / HELLO LOVE
●明日へ / SOUL QUEST
◯MC
●Higher Love / HELLO LOVE
●好いとっと / HELLO LOVE
●SUPER RAINBOW / Life is going on and on
◯MC
●アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN) / Life is going on and on
●希望のうた / CD未収録新曲
●歌を歌おう / HELLO LOVE

15:05頃開始、16:35頃終了

No.9414Re: 星空Acro 6月25日群馬公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/06/26(Sun) 19:47
 

2ndセットリスト&メンバー。

●Welcome One / HELLO LOVE
●Hello Love / HELLO LOVE
◯MC
●Everything / MARVELOUS
●さよならも 言わないままで / HELLO LOVE
●明日へ / SOUL QUEST
●Higher Love / HELLO LOVE
●好いとっと / HELLO LOVE
●SUPER RAINBOW / Life is going on and on
◯MC
●花はどこへ行った / ピート・シーガーカバー
●アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN) / Life is going on and on
●歌を歌おう / HELLO LOVE

18:30頃開始、20:00頃終了

Tomo(Tomoaki Kanno)(Ds), 日野JINO賢二(B), 吉田サトシ(G), 大林 武司(P, Key), 村田千紘(Tp), 陸悠(Sax), 池本茂貴(Tb), 渡辺麿裕美(Cho), KOTETSU(Cho)
ダンサー:KAZANE, KEIN

No.9415Re: 星空Acro 6月25日群馬公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/06/27(Mon) 19:41
 

●会場など
星Acro群馬公演。私は2月の福島郡山公演で星Acroの参加は最後の予定でした。
ですがその後追加公演が出たので星Acroツアーに舞い戻ってきました(笑)。
という事で今回の会場は群馬県前橋市にあるベイシア文化ホール(以下ベイシア)。キャパは約2000人。
初めてMISIAライブをやる会場です〜…というか群馬県でMISIAがライブをやるのは初めて。
2014年3月、星空のライヴVII愛媛公演のMCで

MISIA『明後日高知へ行くのですが、これで47都道府県全制覇します♪』

と言ってから約8年…。
※ちなみに高知のMCでは四国制覇に訂正されました(笑)。
こんどこそ本当の47都道府県全制覇となる公演です。
群馬には濃い〜MISIAファンがいらっしゃいます。長年夢に見た公演でしょうし、
『初群馬&47都道府県制覇公演には是非参加したいっ!』
と私も気合入れての参加です。
で、群馬のMISIAファン達の熱量の影響か当日の前橋の気温は39.5度。
昔から群馬の夏の気温についてニュースになっているの見ていましたが体験する事になるとは。6月なのに(^_^;
当日めっちゃ暑かったです。
会場は前橋駅からバス10分+徒歩5分ぐらいで到着。
あまり下調べしていなかったですが会場の周りには涼めるところは多くはなさそうです。
私は前橋駅着いてから『シャンゴ風』を食し、帰りのお弁当を登利平で購入、
けやきウォークで涼んでからバスを使って会場へ向かいました。
あ、また群馬公演あった際の情報としてメモして残しておきます。
湘南新宿ラインで来られる場合はグリーンを取るのもあり。高崎→渋谷で800円だったかな。
帰りは普通車両でも十分座れましたがお弁当食べるにはグリーンですね(笑)。
新幹線使うよりかは安くすみました。
で、私は1st公演は開場時間少し過ぎて到着。入場列は混雑していませんでした。
2ndは1st公演終了してからそのまま館内で待機。両方参加者はそんなに多くないのかさほど混み合っていませんでした。
入場待ちの列は開場してから時間経たないと館内の外まで伸びる感じです。
2ndは気温落ち着いてきましたが1stの時外での入場待ちはキツかったでしょうねぇ。
ホール内へ。今回の私の席は〜
1st:5列以内右より
2nd:5列以内中央付近
席はグループディスタンスのようでした。
ステージには星Acroの幕(段帳)あり。郡山ではなかったので私は東京ガーデンシアター(以下東京GS)ぶりに見ます。
ベイシアはステージの高さが低め、ステージと1列目の距離も短めで他ホールよりかなりMISIAが近くに感じられそう。
ドキドキです。で、1stは3分ほど押して、2ndはほぼ定刻で会場が暗くなりMISIA初となる群馬公演開演ですっ!

●オープニング〜Wlecome One
普段通り打ち込みオープニング開始。
これをまたホールで聴けるとは(笑)。
…そういえば星Acro(日本生命さんで配信あり)もCandle Night2022(WOWOW放送あり)もBlu-ray情報でないですねぇ。
(※CN2022は7月10日13:30〜WOWOWで再放送あります。)
時間短めの星Acroは期待薄かもしれませんけど、CN2022は出てくれると信じたいっ。
ツアー終わってから発表されますように〜。
オープニング後幕が開き演奏開始。
1st。私は『機材トラブル?』って思うほどの違和感。音が少ない。
これは白井アキト君が今回不参加だった為。
2ndは歌い出し前にMISIAが転びかけるアクシデントあり。
大事はなかったです。理由は後のMCで。
MISIA歌い初めます。1st『予想通りMISIA近〜っ!』と思います。
音のほうは前方なのでスピーカーのラインから外れている音。これは仕方ないですね。
2ndも前方でしたが中央付近なのでこちらのほうがバランスは良い印象。
今回もバスドラ、ベースは私には強め(PA的にです)。MISIAの平均的なホール公演の音という感じです。
あ、MISIA郡山から衣装変わっています〜というか昨年の星Acro初日の河口湖公演の衣装でしょうか。
(間違っていたらスイマセン)
この衣装好き〜♪ メンバーの衣装も郡山から変わっていました。こちらは多分新しいものと思われます。
静岡公演不参加だった(鱧人ツアーバッティングにより)KOTETSU君復帰。良かった♪
そして私にとっては初となる男性ダンサーKEINさん。2月の郡山からいろいろ変わっているなぁ。
MISIAの歌声ですが『Sha-la-la, la-la-la Forever』を裏声使う事あり。2ndのほうが裏声多め。
ロングツアーでやや疲れがある感じでしょうか。と言っても心配するようなレベルではないです。
それより私の脳内に白井君のキーボードが流れまくってくる(^_^;
白井君が参加していない公演は今ツアー他にもありましたが私は初。
いつの間にか脳に定着しているものなのですねぇ。

●Hello Love
イントロ開始して〜

・こんにちわー!/こんばんわー!
・『星空のライヴ ACROSS THE UNIVERSE』初めての群馬公演へようこそー!
 (Miya-Y:ラジオで初群馬認識してくれていたので言ってくれるとは思いましたが、初群馬発言あって嬉しい♪)
・お待たせ〜!初めまして〜!
・今回のライブは大きな声を出したり歌い合ったりはできませんが、クラップしたり踊ったりは自由ですので心を開いて身体中で音楽を感じて最後まで思いっきり楽しんでいってねー!
・では『Hello Love』聴いてください。Clap your hands〜♪

といういつもの流れで歌詞へ。
私の脳内再生される音源はCN2022かな〜と思っていましたが星Acro(白井君あり)のようです。
1st。MISIA(我々から見て)ステージ右に来るとホント近い。目合いそうになると照れてそらしてしまいます。情けなや(>_<)。
1st終わるまでに一度はそらさないように頑張ろう(笑)。
サビへ。今回は前方席で会場全体の『LOVE』の振り付け、どれぐらい浸透しているかチェックできなかったなぁ。
初群馬という事でちょっと興味あったのですけど残念。
間奏でのメンバー紹介へ。郡山までは白井君から開始しましたがサトシさんから。
こちらも白井君からのパターンが脳内に染み付いていたので違和感ありました(^_^;
ダンサー紹介へ。東京GSまではダンサー紹介時にテンポ早め→テンポ遅めという流れがあったのですが今回も早めのみ。
やはりスローテンポはKYOKAさん専用仕様なのかな。
メンバー紹介後MISIAノリよくグイグイきます。あぁやっぱりライブは楽しぃ〜♪

●MC
ここでは〜

【1st】
・こんにちはーっ!
・やって参りました、MISIA初めての群公演。改めまして『星空のライヴ ACROSS THE UNIVERSE』へようこそー!
・よかったらどうぞお席の方にゆっくりしてください。
・今年でデビュー24年なのですけど、これまでクラブツアー、ホールツアー、アリーナツアー…どのツアーでも群馬だけ来たことがなかったんです(^_^;)。
・これで47都道府県全制覇しましたーっ!
・東京から車で2時間ぐらいで来れちゃうんだね。いい温泉もあって凄く遊びに来やすいじゃない〜っ(笑)。
・今日MISIAのライブに初めて来ました〜という方拍手してください。
 (MISIA判定で5割超えぐらい?)
・まあまあ多いぐらいかな? 9割ぐらいの会場もあって。東京から2時間ぐらいで来ちゃいますからね。
 (Miya-Y:神奈川から3時間ぐらいで来ました(笑)。節約して新幹線は使いませんでしたが。)
・半分以上は今回初めてお会いした人かな。いやあ嬉しいですね。
・MISIAいろんなツアーをやるのですけど、星空のライブは生演奏を中心としたライブで生の音楽を思いっきり楽しむという形になっております。…この説明するのも久しぶりです(笑)。いやぁ初めての場所だなぁ〜。
・今日めちゃくちゃ暑くてビックリしました。MISIA初めての群馬できっとお客さんがアツくしてくれたんだね(笑)。
 (Miya-Y:群馬にはアツ〜イMISIAファンがいらっしゃいますから〜(笑))
・では星空のライヴならでは〜って感じで少しフリーでやりましょうか。
 (Miya-Y:おぉぉぉ〜♪)
・テンポは本来揺れるものだし、その日その日によって違うものを楽しむ。それが生のライブかなと思います。
 (Miya-Y:私はここで思いっきりうなずいていました(笑))
・(大林君を見て)では群馬をイメージした感じで。
 (Miya-Y:大林君考えるポーズ。これが噂の無茶振りかー(笑)!)

【2nd】
・こんばんは〜。
・先程1st公演やりましたが、今回MISIAにとって初めての群馬公演です。皆様はじめまして。ようこそいらっしゃいましたー!
・オープニングでちょっと転びそうになったの見えちゃいました? ここに椅子があったの忘れていて。
 ちょっと、ちょっとだけつまずいちゃったけど元気ですので。
 (Miya-Y:『ちょっと』強調(笑)。そして『体調悪くて転びそうになったんじゃないよ〜』と伝えてくれるMISIA(はぁと)。)
・よかったらどうぞお席の方にゆっくりしてください。
・今日MISIAのライブに初めて来ました〜という方拍手してください。
 (1stより多い印象。6割強?)
・デビュー24年目なんですけど実は群馬以外は行っていて(苦笑)。
・栃木のホールでライブをやった時に『これで47都道府県コンプリートしました!』って言ってしまった事があって(苦笑)。
 (Miya-Y:上でも書きましたが当サイトの過去ログによると、それを言ったのは栃木ではなく2014年3月の星空のライヴVII愛媛公演のMCのようです。間違っていたらスイマセン(^_^; というかMISIAがこの話を覚えている&話してくれるとは思わなかった〜(笑))
・やっと群馬公演実現して、これで47都道府県コンプリートいたしましたっ。みんなお待たせしましたー!
 (Miya-Y:群馬だけやっていな話をよくネタにしていましたが『ある意味最後はオイシイですよ!』とも言っていました。いやぁ感慨深いなぁ〜)
・東京から車で2時間ぐらいなんですね。来てみてビックリ。こんなに近いのになんで来なかったんだろう(笑)。
・プライベートの方でもそんなに来たことがなかなかったので、1日早く入って伊香保温泉に行かせていただいて。
・石段街って言うんですかね?1番上の伊香保神社まで行って。温泉饅頭の発祥の地なんですって?
・温泉まんじゅう食べてお参りして。石段365段あるんですってね。『10階分ぐらいの建物登ったのかな?』って。
 今携帯でカウントしてくれるじゃない? それ見たら4階って書いてあって(笑)。
 本当かなぁ〜。私の携帯だけ? よかったら皆さんも登ってみて今度教えてください(笑)。
 (Miya-Y:私はカウントしてくれるものがあるの知りませんでした。スマホじゃなく『携帯』っていうMISIAが好き♪)
・今日のライヴうまくいきますように。皆さんが楽しんでいただけますようにってお願いしました。
・昨日温泉入らせていただいてから化粧水がいらないぐらいお肌プルプルになって。
 だから今日のMISIAは群馬の水がすごく入っていると思うんですよ。群馬の水で出てきている。
 (Miya-Y:(笑)。もう群馬のMISIAファン大喜びなMCだ〜。)
・そんなMISIAですけど初めての群馬公演、心を込めて歌って参りますので皆様最後まで楽しんでいってねー!
・この星空のライヴは私のツアーの中でも特に生演奏を楽しんでいただくライヴになっています。
・生演奏で楽しいのがリズムが自由に変わったり、長さを自由に変えられたり、そういう自由さ。
 音の幅ですね。頭のてっぺんから足のつま先の方までいろんなサウンドが聞こえてくるというのが楽しいところかなと思います。
・(大林君を見て)では次の曲は、そんな星空のライヴらしいイントロでお願いしようかしら。
 (Miya-Y:無茶振り始まった(笑))
・群馬の…そうね〜…私が昨日歩いた365段の石段みたいな感じ。あと今日めちゃくちゃ暑くない?
 群馬ニュースになっていましたよ。ごめんね。群馬が暑いのはMISIAが来たせいだね(笑)。
 そんな暑いアツイ群馬かいいな。アツイ群馬のラブソングをお願いします。
 (Miya-Y:大林君2ndも考えるポーズ(笑)。)

という感じでした。

No.9416Re: 星空Acro 6月25日群馬公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/06/28(Tue) 19:25
 

●Everything
私は11月の東京GTまでの
『Smile』→『Over The Rainbow』→『エヴリ』の流れがとても好きでした。
しかし1月の上越公演あたりからエヴリはMC後になる事が多くなりました。
それで前奏が聴けなくなって残念に思っていましたが、MISIAが大林君に前奏を要求する事もあって(郡山1st等)それもすごく良かったです♪
最近の公演ではMISIAが無茶振りをする事がある
(エヴリの前奏や、超虹でのソロパート等)
と聞いていましたが、群馬もきました(笑)。よっしゃ!
大林君は大変かもしれませんが私的には大歓迎☆

1stのお題は『群馬をイメージ』。大林君弾き始めます。MISIAそれを聴いて『水が綺麗ですよね』とのコメント。
大林君流石。そしてMISIA『Un〜〜〜♪ Ah〜〜〜♪』とゆったり声を出し、大林君軽めに弾いてきます。
この声がほんっと美しくて私はここで目がハート状態。
そして少し間を入れて『Everything』と曲名言って、(弱めの)通常イントロへ。
会場からは拍手。

2ndは『365段の石段とアツイ群馬のラヴソング』。強めに来るかなと想像していましたが、
そんなに強くこないでテンポよく弾いていきます。MISIA『下から登っているような感じですね』とコメント。
そしてMISIA声出し。強めとまではいきませんが1stより力強くきます。
私の脳内映像は快晴な石段街を散歩している様子。
そしてMISIA声を強めていって暑さを表現。そして声を弱めて
『You're my everything〜〜〜♪』
で強めの通常イントロへ。

う〜ん楽しい。これ1st, 2nd両方聴いてより楽しめたと思います。星空のライヴ、生演奏の醍醐味ですね!
本編へ。前奏の流れからか序盤1st柔らかめ、2ndやや強めという印象。
1st、ベース・ドラムが入ってきてやはり私には低音強いなぁと感じます。バラードだとより気になります。
2ndは慣れ&中央付近だったからかさほど気になりませんでした。

MISIAのヴォーカルは両公演ともとても心地良いです♪
2ndは大サビでの
『Everythi↑〜〜〜ng♪』
『いらない、いらぁ〜ないぃ〜〜♪』(jazz ver.標準仕様)
をやりませんでした。珍しいかも。
やはり終盤の声の響きの美しさはたまりませんねぇ〜。
初MISIAの方々に大きなインパクトを与える事ができたのではないでしょうか(^^。

●さよならも 言わないままで
大林君の前奏開始。徐々に重い雰囲気になってチッピー(村田千紘さん)の演奏へ。
ここの前奏相変わらず素晴らしいです。
MISIAの曲としては重い世界観なので、曲に集中にする為にこの前奏は大きいと思っています。MISIA的にも私的にも。
歌声が美しく、切なく響いていきます。
1st、ここで私はエヴリからほとんど目を瞑っていた事に気づきます。
バラードは目を瞑ってしまうのですよね〜。
せっかく表情が見える席なので頑張って目を開けるようにしました。と言っても6割ぐらいだったかも。
コーラス増員されてからこの曲でもコーラス入るようになってくれました。
でも今までこの曲のコーラス聴こえ辛かったんですよね〜。
ベイシアはいままでで一番コーラス聴こえやすかったです♪
最近やっている『流れていくだぁ↑〜け〜♪』、
『さよならの代わ↑〜り↑〜にぃ↑〜♪』共に2ndのみでした。
2ndはより感情入っていた印象です。MISIA時折粘りある歌い方もGood。
アウトロもお気に入りです。

●明日へ
ここの前奏も公演によって異なって素晴らしいですよね。
重めの『さよならも〜』から光が差していくような感覚を覚えます。
公演によって生まれてくる音楽が異なって『今日はどうなるだろう〜』と楽しみにさせてくれています。
星AcroもやっぱりBlu-ray欲しいなぁ。CN2022とセットで出ないかなぁ(笑)。
MISIA歌い始めます。強い気持ちを感じ、そして深い歌声。今日も素晴らしい…。
1stの開演前、良席だったので
『「明日へ」のマイク外しワクワクだ〜』
なんて思っていたのですが、歌声聴いていたら頭からすっかり消えていました。
終盤へ。両公演とも
『共に向かって行こう〜〜〜〜、おぉおぉ〜〜〜、Yeah〜ぇぇぇ〜〜〜』
できます。そしてマイク外しての
『明日ぁ〜〜〜〜っ…へーぇぇぇーーーーーーーーーっ!』
マイクを通さない歌声を近距離で聴けました。
できる事ならマイクなしで一曲聴いてみたいものです。無茶言っているのはわかっていますけど(^_^;
曲終了後はオーディエンスから長い拍手、そして『凄い〜』などの声が聞こえてきました。

No.9417Re: 星空Acro 6月25日群馬公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/06/29(Wed) 21:18
 

●MC
ここのMCは1stのみで〜

・私達のライブが、音楽が皆様にとっての明日への力へとなったらいいな…そんな想いでこのツアーを続けてきました。
・昨日はプライベートでも群馬に来たことになかったから1日早く入って伊香保温泉に行ってきました。
・夜、石段街のところに風鈴があって。風鈴の音がたくさん鳴っているの。
・去年から始まったこのツアー、昨年の冬までに終わる予定だったんですけどコロナ禍で延期になった公演もあって。
 どんどん後ろの方に伸びていったんですね。それで今年までライヴをやらせていただいてるんですけど思いもよらず群馬公演が決まって。
 (Miya-Y:延期公演があって、そこからさらに追加公演が決まったという事なんですね。)
・ライヴが延期になって明日みんなに会えないな…と思いながら過ごしていた日もありましたけど、
 昨日は『明日は初めての群馬だ』って思いながら過ごせて。
・だからどんな明日もね。喜びの明日もあるじゃない。だからやっぱり明日へ明日へと歌っていこうって。
 この1st公演が私にとって初めての皆さんとの時間だから。なんかまた想いがいっぱいになりました。
・次に歌うのはさらに明日へと一歩踏み出す力をくれる、そんな歌です。
・手を伸ばしながら歌いますので、その時は皆様も一緒に手を伸ばしてみてもらえないでしょうか。

という感じで『Higher Love』本編前のMISIAフリータイムへ。

●Higher Love
1stはMC後にフリースタイル開始。
『群馬〜♪ あなたと過ごす今〜♪』
と言うような感じで声出しします。
そして強い『Higherぁぁ〜〜♪』 これに私はクラクラ。
ここで腕伸ばすべきなのに圧倒されて最初は伸ばせなかった(^_^;)
高音も出してきます。そして本編へ。

2ndはMCなしでフリースタイル開始。弱い声、強い声、ビームのように伸びるビブラートと多彩にきます。
いやぁ両公演とも本編前凄かった〜。レコ大、紅白、CN2022(星Acroに比べると短め)等『Higher〜』本編前の長いフリースタイルが流れてないのが残念っ。

本編へ。最近よくやる
『誰に委ねよぉ〜ぉぅ〜ぉぅ〜ぉ〜♪』両公演あり。
『気がしていたぁ〜け↑ど↑〜♪』は1stは1回。2ndは2回やったと思います。
この曲は以前からコーラス聴きやすいほうでした。ベイシアも聴きやすい〜そして気持ち良いです♪

文章にかけるほど覚えられませんでしたが両公演とも
『何も知らぬまま〜』前の歌い方変えてきたと思います。
ちなみにCN2022でその歌い方はしていなかったので最近のアレンジと思われます。
後半の超高音部へ。両公演とも段階式できます。
CN2022ではここから演奏のアレンジ(長めになっています)が入りましたが、
ベイシアは通常星Acroバージョン。あくまでCNの時はCN2022バージョンって感じだったようですね。
終盤の声出しへ。こちらも新パターンありました。
パターンというかMISIAがその場に自由に歌っているのでしょうけど(^^。
曲終了して思った事…あ〜〜叫びたいっ!

●好いとっと
MISIA歌い始めます。この曲は最初の
『やっぱりぃぃ〜〜※※※、好きやけん♪』
と※※※に各公演で地名等を入れてる事が多いです。
ベイシアは
1st『群馬ー! 群馬ーっ!』
2nd『群馬に来れて嬉し〜いぃ〜♪ 群馬ー! 群馬ーっ!』
と普段より少し長めな印象。群馬ファン大喜びなはず(笑)。
最初のサビ終わってスピード感ある演奏開始。
1st、私はこの曲は白井君のキーボードが好みポイントなので音不足が気になります。
脳内再生でカバー(^_^; ちなみベースもポイントです。
『しゃれとんしゃ〜♪』後の『チャチャッ(Clap! Clap!)』
MISIAが指で『2回』とサイン出すようになって前半からClapそろうようになってきました☆
2ndは『2回っ』とMISIAの発言もあり。
郡山から『よかよか〜』や『よか〜とにぃ〜〜〜』で少しため入れるようになった印象でしたがベイシアでも健在。
私はこのため好き。
間奏のソロは今回も池ちゃん。そういえば静岡のホーン隊は明男ちゃんグループだったんですよねぇ。
(小澤篤士(Tp), 鈴木明男(Sax), 鹿討奏(Tb))
そのメンバーも一度聴いてみたかったなぁ。
最後は『群馬ーっ 好いとっとーーーー!』で曲終了。

●SUPER RAINBOW
『好いとっと』からノンストップで『超虹』へ。
私はここの前奏も大好物♪
Tomoさん、JINOさん、サトシさん、大林君とソロをやっていきます。
JINOさんベっキベキきました〜♪
そしてホーン隊。MISIAここで
『Clap! Clap! Clap!』と3回クラップをオーディエンスに要求。
『グ・ン・マ!』で3回イメージしているようです。
東京GTでの高速Clap要求は体力削られましたが、こちらは大丈夫です(笑)。
終盤へ。
1stは
群馬〜こんなに盛り上がるのになんで24年来ていなかったの〜♪
もっと来たい、会いたいよ〜、楽しかった〜、Thank you×沢山♪
2ndは
群馬〜、24年かけてここまで来た〜♪
待っていてくれてありがと〜♪ Thank you×沢山♪
という感じだったでしょうか。
そして他公演同様、一度曲終了してMISIAステージから下がります。
そして再び『超虹』のインスト少しやって一幕終了。
24年経っての初群馬という事でとにかく『群馬〜♪』沢山言ってくれましたね(^^。

No.9418Re: 星空Acro 6月25日群馬公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/06/30(Thu) 20:59
 

●MC
Clapでのアンコール。しばらくしてバンドメンバー再登場。
皆さんウクライナチャリティーTシャツ着ての登場です。
ちなみに各メンバー着ているもの違います。
そしてMISIAウクライナカラーの衣装で登場。郡山公演ぶりの私はこの衣装生で見るの初めて♪
そしてMC開始。ここでは〜

【1st】
・ありがとうございます。アツイ・アツイ・アツイ群馬ライヴ、皆様楽しんでいただけましたかー!?
・本当にアツイ群馬のライヴ、忘れられない1日となりました。今日は本当にありがとうございました。
・是非また皆様にもライヴに来ていただいて一緒に元気になってくれたら。もちろん東京の方に来ていただいても良いのですけど。
・またこのような音楽の時間を届けられたらなって思います。
・それではアンコール、心を込めてこの曲を。『アイノカタチ』。

【2nd】
・ありがとうございます。今日は皆さん初めての群馬公演楽しんでいただけましたか?
・間違いなく今日日本で一番暑かったのはこの会場です!
・ちょっと元気がない時は音楽聞いて。MISIAの音楽とビタミンMを補給して〜…このベイシア(Beisia)を通る度に思ったんですけど、
 BeをMにしたらMISIAじゃんって(笑)!
 (Miya-Y:ベイシア到着したとき『Beisia…これMisiaに見える人は病気だな…私の事か。』とみー友さんと話していました(笑)。)
・アンコールの曲に行く前に1曲カバー曲をお送りしたいんですけどよろしいでしょうか?
・このカバー曲、平和への願いを込めて歌わせていただいております。
・星空のライヴ、星空に皆さんの笑顔や音楽を聴いてくれる皆さんが幸せでありますように…と願いを込めています。
・その幸せは平和がないと成り立ちません。だから私は平和を強く願います。
・私が星空に願うのは皆様の笑顔や幸せへの願いです。そしてその幸せは平和がなければ成り立ちません。
・だから私は平和を強く願います。
・想いを込めて…『花はどこへ行った』。

●希望のうた(1stのみ)
『アイノカタチ』は『花は〜』レポ後に書こうと思います。
この曲は1stのみ。CN2022が初披露でしたね。
星Acroにも入ってくるのではと予想していました。
『希望の〜』イントロ開始。歌詞に入ると思ったらMC。

・この星空のライヴでは星空へと願いや祈りを歌に込めてお送りしています。
・星空に皆さんの笑顔や音楽を聴いてくれる皆さんが幸せでありますように…と願いを込めています。
・その幸せは平和がないと成り立ちません。だから私は平和を強く願います。
・次の曲は矢野顕子さんが平和への祈りを込めて作ってくださった曲です。
・沢山の祈りを込めて。『希望のうた』。

という流れでコーラスが入り歌詞へ進んでいきます。
私の脳内再生音源はCN2022。
CN2022では弦一徹さん、ストリングスの音が凄く印象的でした。
なのでベイシアでは寂しく感じるところも正直ありますが比較するものじゃないですよね。
集中、集中。…白井君がいたらまた違うかも(笑)。
MISIAの歌声がどんどん力強くなっていきます。物語を感じるようでこの曲のポイントですね。
2番でドラム入ってきます。CN2022よりかなり耳に残ります。
ベイシアのドラムの音が大きめというのもあるのでしょうけどこの曲のドラム私は好き。
後半コーラスも入ってきて更に力強くなっていきます。
そこからの『誰にも渡さない 誰にも〜奪えない』は私のツボの一つ。
最後の『希望ぉのぉぉ〜〜〜〜〜〜〜〜…う〜〜〜たぁ〜ぁぁ〜〜〜♪』
CN2022と少し変わっていました。これからまたいろいろ変わっていくでしょうね(^^。

●花はどこへ行った(2ndのみ)
ロシアのウクライナ侵攻が始まってしまい、2月の星Acro名古屋公演から歌い始めた曲。
CN2022後の高知公演で『希望の〜』が入ってきて『花は〜』は歌わなくなりました。
私は『もう聴けないか〜…でも長崎では来そうな予感』なんて思っていました。
が、静岡公演2ndで復活。ベイシアも1st『希望の〜』2nd『花は〜』となりました。
私はこの曲はCN2022で聴けましたが、その時は加藤登紀子さん(以下おときさん)と歌ったバージョン。
CN2022はテンポが異なるおときさん→MISIAと交代して歌っていったのですよね。
MISIAソロでこの曲を聴くのは私は初めてになります。

大林君ゆったりとピアノを弾いていきます。構成は大林君のみ。
MISIAの歌声が会場に響いていきます。MISIA想像していた以上じっくりと歌っていきます。
スローで特別力強い声を出してきているわけではないのですがMISIAの想いの強さをとても感じます。
この感覚は今まで他の曲ではなかったかも。MISIAが静かに、でも強く想いを語っているように感じます。
MISIAが歌う『花は〜』の歌詞はおときさん和訳のもの。
皆さんご存知の通りおときさんの歌詞の後に
『争いの後に 残されるものは いつの時代も悲しみだけ』
とMISIAの歌詞が追加されています。
最後までスローテンポのまま、大林君とだけの構成で曲終了。
時間計っていませんがかなり長い曲になっているのではないでしょうか。

この曲聴いて『星Acroファイナルの長崎でこの曲を歌うのは凄く意味のある事じゃないかな』と思いました。
…長崎で歌うかわかりませんけど。
CN2022レポでも書いた事ですがもう一度書いておきます↓
NHKニュースウォッチ9でMISIAは
『私はこの歌が「花はもう摘み取られなくなりました。花畑の上で恋人たちは笑い合うのです」っていう歌詞がいつか書き加えられるっていうのが一番、この歌の辿りつくべき場所だと思います。』
と言っています。

●アイノカタチ
MISIAソロの『花は〜』を聴いてみたかったという気持ちはありましたが
『花は〜』後の『アイノカタチ』にもとても興味がありました。
(郡山公演までの)最近の『アイノカタチ』は優しさ、暖かさ、愛しさ…そんな気持ちを凄く強く感じています。
私は郡山レポで
『もう全体的に最近この曲の暖かみがとても増しているように感じています。』
と書いています。
その『アイノカタチ』が『花は〜』後だと大きく違う〜と聞いていたもので。

1st。イントロは郡山までの星Acroと変わりない印象。
歌い出しの『あのね』の暖かみがこの曲の私のツボの一つ。
以前ほどではなかったですが違和感を覚えるような感じではありません。
『今日は力強い感じでいっているな〜』という印象。

2nd。大林君静かに重めの演奏。そこから『アイノカタチ』のイントロにつなげます。
今までの通常星Acroと違ってホーンやギターはイントロでは入ってきません。
まずこの流れが見事だな〜と感心します。
通常イントロのままだと気持ちの切り替えがうまくいかなかったと妄想。あ、聴いている私の気持ちのほうです(^_^;
MISIA歌います。Aメロ以降は通常星Acroと同様の構成だと思います。
ですが…もう違う曲のように感じます。
哀しみ、切なさ…いや違うな。
…愛しい大切なものを想い、それを壊さないようにする強い想い。
そんな気持ちを感じます。
私としてはやはり郡山までの暖かさ溢れる『アイノカタチ』が大好きです。
ですが同じ曲でここまで感じるものが違うのかと驚き、MISIAはやっぱり心で歌うシンガーだと感じました。
名古屋公演に参加したみー友さんは
『名古屋公演はもっと哀しさがでていた。そこから一皮剥けて次のステップにいっているように感じた。』
と語っていました。う〜、やはりもっと沢山聴きたいっ。
次の公演で何が見えてくるのか、また『花は〜』後の『アイノカタチ』も聴いてみたいです。


※7月1日はレポお休みする予定です。

No.9419Re: 星空Acro 6月25日群馬公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/02(Sat) 22:06
 

●歌を歌おう
イントロ開始。MISIA

・また逢える日を願って、最後に聴いてください『歌を歌おう』

と言って歌詞へ。
1st、暖かみある歌声がとても良い感じ。
東京GTまではコーラス遠めの印章がありましが、最近は良い感じに聴こえます☆
あ〜この曲はMISIAのビブラート堪能できるなぁ♪ 軽めに入る粘りも好き。
私の脳内再生は現状星Acroツアー。
CN2022はメンバーによる演奏の違いだけじゃなくコーラスも結構違うのですよね。
中盤以降の演奏は結構アレンジされていました。
CN後の星Acroはどうなるかと気になっていましたが、こちらも従来の星Acroバージョン。
CN2022、星Acroツアー中でしたがいろいろアレンジしてくれたのだと今になって実感。
やはり星AcroもCN2022も両方Blu-ray化してくれないかなぁ〜。
1st、『あ↑〜い↑の全てが↑ぁ〜ぁぁ〜♪』の歌い方あり。
最近定番の『いの↑〜ち か↑ぁ〜けて↑ぇ〜ぇぇ〜』は両公演あり。
終盤『Lalala lalala〜la〜♪』へ。今回も脳内で一緒に歌います。
ファンクラブ会報のMISIAからの質問の
『コロナが終息したら一番やりたい事』の回答でMISIAは
『みんなで一緒に歌う事〜歌える日が来たら泣いちゃうかも』
と答えていましたね。その日が早く来る事を心から祈っています。

●ライブ終了
・バンド、コーラス、ダンサーにも大きな拍手をー!
 (『Welcome One』が流れます)
・ありがとうございましたー! またね〜!

そしてメンバー全員ステージ前に来て整列。
今回も中央のMISIAがお辞儀すると左右のメンバーが順に同じようにお辞儀していきます。
幕が閉じていきます。今回は幕があったのでギリギリまで手を降ってくれるMISIAを久しぶりに見れました(笑)。

という感じで群馬公演終了。以下2ndの話。
規制退場のアナウンスが流れ退場が始まります。
ですが流れている『Welcome One』に合わせて一部オーディエンスはClap継続。
これは前方席にいたアツイ群馬のファンからのClap。
ダブルアンコールの要求とかではなく、単に初の群馬公演の喜びと感謝からClapが止まらなかったんじゃないかな〜。
規制退場で前方に残っている方々で一緒にClapしてくれる人もいて『Welcome One』終了まで継続。
『Welcome One』終了してオーディエンスから拍手。
いやぁ暖かでアツイ気持ちを感じました〜♪ 初の群馬公演素晴らしかったー!

最後に次の記事で群馬公演を終えての簡単な感想を書きま〜す。

No.9420Re: 星空Acro 6月25日群馬公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/02(Sat) 22:11
 

●メンバー
静岡公演から
・KOTETSUさん復帰
・ホーン隊の変更(レギュラーメンバーに戻る)
・白井君欠席
という感じでしたね。私個人としては郡山公演以来で
・白井君欠席
・ダンサーKEINさんに変更
という感じです。私は星Acroで明男ちゃんホーン隊には巡り会えていないので聴いてみたかったぁ。
白井君の不在は思ったより大きいと感じました。
いつの間にか脳内に刻まれているものですね。
延期・追加公演はメンバーが安定しない感じですが、メンバーさんのスケジュールが先に決まっていて都合がつかない〜って事もあるでしょうから仕方ない事ですね。

●セットリスト
CN2022後でセットリストの変化はあるか気になっていました。
『希望のうた』が入るのでは〜と予想していましたが、これは正解。
他には大きな変化はなかったです。
また上で書いてきましたがCN2022でやったアレンジは星Acroには入ってきませんでした。
CN前と大きく変わる事はなかったですね。
最近は1st『希望のうた』、2nd『花はどこへ行った』の構成となっています。
長崎は1公演のみですし両方来るでしょうか〜…いかん、妄想しすぎないように気をつけよう(^_^;

●初群馬
やはり今回は初群馬!ですね。
私は群馬県民ではないですが『いつか群馬で〜』という想いはありました。
群馬で47都道府県コンプリート達成したのも感慨深かったです。
暑くてアツイ群馬ライヴとても楽しく思い出深いライヴとなりました☆

さぁ星Acro残るは東京×3、長崎大ファイナルのみ。
どうなるのか楽しみですっ♪

No.9432Re: 星空Acro 6月25日群馬公演詳細レポ
by ユニコーン - 2022/07/11(Mon) 23:13
 

読んでて ライブ行きたくてウズウズしてます。
やはり コロナの影響でまだ時短のままなんですね 
早く時間も元通りになって欲しいなぁ
コロナ消え去れー

ところでバンドメンバー マスターの の重実さんは もういないんでしょうか? 涙

No.9433Re: 星空Acro 6月25日群馬公演詳細レポ
by Miya-Y - 2022/07/12(Tue) 19:29
 

>ユニコーン
読んでいただきありがとうございます(^^。

公演によって差はありますが、星Acroツアーは1日2公演の時間が基本となっていますね。

今年4〜5月のCandle Night2022は1日1公演で115分〜130分とほぼ通常時間でした。
アリーナ公演が1日1公演なら通常時間の可能性は高いかもです。
まぁその時のコロナの状況によって変わってくるかもですが。

星Acro長崎ファイナル公演は1日1公演。
大ファイナルって事で少し長めになる『かも』しれません。

重実さん私も気にしています。
MISIA以外のライブ出演情報も最近ないですし、SNSも元からあまり更新されていませんので情報がないのですよね…。


No.94227月7日星Acro国フォ情報
by Miya-Y 投稿日:2022/07/07(Thu) 20:55
 

【次記事】
1st

●Welcome One / HELLO LOVE
●Hello Love / HELLO LOVE
◯MC
●あなたにスマイル:) / LOVE BEBOP
●Higher Love / HELLO LOVE
●Everything / MARVELOUS
●明日へ / SOUL QUEST
◯MC
●好いとっと / HELLO LOVE
●Can't Take My Eyes Off Of You / MISIAの森 -Forest Covers-
●SUPER RAINBOW / Life is going on and on
◯アンコール
◯MC
●アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN) / Life is going on and on
●歌を歌おう / HELLO LOVE
●希望のうた / CD未収録新曲

No.9423Re: 7月7日情報
by Miya-Y - 2022/07/07(Thu) 20:58
 

2nd

●Welcome One / HELLO LOVE
●Hello Love / HELLO LOVE
◯MC
●陽のあたる場所 / Mother Father Brother Sister
●Higher Love / HELLO LOVE
●明日へ / SOUL QUEST
◯MC
●好いとっと / HELLO LOVE
●Can't Take My Eyes Off Of You / MISIAの森 -Forest Covers-
●SUPER RAINBOW / Life is going on and on
※Happy Birthday to meあり(笑)
◯アンコール
◯MC
小林武史さん登場
●花はどこへ行った with 小林武史 / ピート・シーガーカバー
●アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN) / Life is going on and on
●歌を歌おう / HELLO LOVE
●希望のうた / CD未収録新曲

いやぁ豪華メンバーでしたぁ♪
タケシがたくさん、サトシもアツシもいる(笑)

Tomo(Tomoaki Kanno)(Ds), 種子田健(B), 吉田サトシ(G), 大林 武司(P, Key), 村田千紘(Tp), 曽我部泰紀(Sax), 池本茂貴(Tb), 小澤篤士(Tp), 鈴木明男(Sax), 鹿討奏(Tb), 渡辺麿裕美(Cho), KOTETSU(Cho)
ダンサー:KAZANE, MIYU
スペシャルゲスト(2ndのみ):小林武史(Key)

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 編集キー

- KENT & MakiMaki -
携帯用改造:湯一路
写メールBBS:レッツPHP!
アレンジ:裕壹