855708
ライブネタバレ掲示板
この掲示板は ライブのネタバレ情報が書かれています。
ライブのセットリスト等の情報を知りたくない方は
閲覧しないようご注意ください。

[トップに戻る] [新しく投稿する] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
◆画像を投稿出来る掲示板です
◆画像をクリックすると別ウィンドウに大きなサイズで表示します
◆記事の削除、修正は画面最下部から行えます
◆この掲示板は携帯対応です
◆カメラ付き携帯電話から写真を投稿することもできます


No.5993仙台初日速報
by Miya-Y 投稿日:2016/12/02(Fri) 21:37
 

【次記事】
●らぶびば
●butterfly
【メドレー】
●escape
●ばっくぶろっくす
●リズムリフレクション
●change for good
●キャッチザレインボー

●真夜中の〜
●明日はもっと
【MISIA弾き語り】
●流れ星
●スノーソング
●きすだき

●白い季節
●オルフェンズ

●フリーダム
●スーパー虹
●あなたにスマイル

〜アンコール〜

【メドレー】
●イントゥ
●すぃーとねす
●逢いたくていま
●キャンドルオブライフ
●忘れない日々
●グローリー
●エヴリ

●花

9:20ごろ終了。
メンバーは重実さん、JINOさん、Tomoさん、周平さん、TA-SHI、Lynちゃん
女性ダンサー陣。
オープニングアクトにRYOちゃん2曲あり。

No.5994Re: 仙台初日速報
by おむら - 2016/12/02(Fri) 21:43
 

キャンドルが抜けてます‼

いやーさすが、仙台ですね。
恐るべし。

No.5995Re: 仙台初日速報
by Miya-Y - 2016/12/02(Fri) 21:55
 

>おむら
ありがとうございます!追記しました。
スッキリしたー(^O^)

No.5996Re: 仙台初日速報
by ともっち - 2016/12/02(Fri) 23:42
 

さっすが❗すごい曲ばかりですね。

No.5997Re: 仙台初日速報
by おむら - 2016/12/03(Sat) 10:57
 

昨日もちょっと書きましたが、
やっぱり仙台の方々最高ですね、
相変わらず。
音楽がなった瞬間ブワーっと立つ感じ。

幕が開いて、現れるMISIA、ダンサー、メガ幸子もといメガMISIA。アルバムジャケット見たときからインパクトがあった、あの王冠というかなんというか。あれが、今回のステージによく活かされてますね。
スーパーレインボーの時は虹色になり。
スノーソングでは、雪の結晶っぽくなり。
なんとなく、アセンションのときのステージングにも通じる部分もあるのかな。
(ビバってるのやりとりもアセンションっぽくてすき。)
メガMISIAは、アリーナな早く見てみたいです。ステージ映えしそう。運ぶの大変そうですけどね。

hip hopメドレー終了後の
DJタイム。 バンドメンバーとta-shiとのやりとりも、かっこよかったなー。欲を言えば、ベースとなっていたGinuineのponyのコーラス部分をリンちゃんに歌って欲しかったなー。絶対かっこいい。

真夜中の〜は最近よく歌ってるのでイントロ聞いた瞬間は「またか」と思いましたが、Dj入りでまたちょっと違うかんじでかっこよかったです。サビの部分とかのスクラッチ音がいいっ♪

弾き語りも、いいですね。
3曲も歌ってくれて。
全部よかったけど、
やっぱり、キス抱きは
よかった。ここのパートは公演ごとにかえてくるのかな?と期待。 そばにいてとかも聞きたいかも。

ハウスメドレーの衣装結構好きです‼
酉年を意識した(笑)。
(してないけど、、。)
夏のフェスで歌ったものの
豪華、過去のヒット曲最強
みんなが聞きたいよねメドレーって感じだなと思いました。
Intoは振り付け、前のダンサーさんの時と同じ? 気のせいか。

最後の花もアレンジを変えていて。ますますこの曲が好きになりました。

ダンサーさんが、みんな若くて。
こういうステージはじめてのかたもいらっしゃるのでしょうかね。彼女たちの進化を見届けたいと勝手に思っています。個人的には、初日だったからか堅かったなーと。

もうこの興奮を、共有したいなと
思い、バーーっと書いてしまいました。すみません。
やっぱり、tour of シリーズ最後なのは悲しいですね。
初日で嬉しいかったのと同時に悲しくて。途中で並だがポロポロと。
昨日は「ビバってる」MISIA公演。
今日は今年「神ってる」広島にいってきまーす。

No.5998Re: 仙台初日速報
by なす - 2016/12/03(Sat) 20:48
 

ビッグ・ホワイト・シャツ、BWSのNaSuです。

No.6003Re: 仙台初日速報
by Miya-Y - 2016/12/04(Sun) 12:10
 

>ともっち
今のうちに体力つけておきましょう(笑)。

>おむら
レポ感謝です〜。いやぁ人が感じた事を読めるの嬉しい(^^♪

>なす
ご無沙汰しておりまーす。最近使えそうなネタがないと思っていたらそうきましたか(笑)。

No.6015Re: 仙台初日速報
by たら - 2016/12/07(Wed) 09:48
 

>おむらさん
>Intoは振り付け、前のダンサーさんの時と同じ? 気のせいか。
いえ、一緒でしたよ(^^)/ 懐かしくて一緒に踊っちゃいそうでした♪
他にも何曲かは以前からの振り付けだったと思います。


No.6002仙台二日目参加しました🎵
by AJ 投稿日:2016/12/03(Sat) 22:31
 

【次記事】
今日はドラマー、青山純さんの命日だそうです。
mcの中で、触れる場面があり、弾き語り三曲目のイッツジャストラブの前には、涙していました。

MISIAの青山純さんのドラムを聞いたことがない人はいないとのコメントの後、実際にドラム演奏していた山下達郎さんのクリスマスイブを歌いだした時は、正直もっと聴いていたいと思いました。

天国の青山さんも、きっと笑顔で、ツアーオブMISIAの初日を見つめていたんでしょうね。

No.6005Re: 仙台二日目参加しました🎵
by Miya-Y - 2016/12/04(Sun) 12:11
 

>AJ
書き込みありがとうございます(^^。2days参加お疲れ様でした☆
2日からTA-SHIがアレックス(青山純さん)のタオルをしていて心温まりました。
3日はMCで話もあり、メンバー紹介も凄く嬉しかったです。
そうそう、MISIAのクリスマスイブ、もっと聴きたかったですよね〜(笑)。


No.5981Tour of Misia
by G/R 投稿日:2016/11/03(Thu) 16:16
 

【次記事】
火曜日の星空のラジオには懐かしいDJ TA-SHIさん登場でした、12月からのTour Ofのステージに立たれるそうです、ダンサーさんもAUDITION で選ばれたとか、もうU-GE さんやMichie さん達の時代じゃないのかも! 素晴らしいhip-hop dance を見せてくれるはず、でもMisia さんもそろそろきついかも?  ショックだったのは今回は総集編でTour of はもうお仕舞いだとか言っていました、残念です、その代わり来年はフルに回転して貰わないとね、
先行予約で外れたファンも多かったことを忘れないでね、

No.5982Re: Tour of Misia
by Miya-Y - 2016/11/04(Fri) 06:22
 

>G/R
ラジオで公式に発表されましたが、メンバー情報も知りたくない方もいますのでこちら(ネタバレBBS)に移動させていただきました。
で、TAーSHIさん参加嬉しいですね(^-^)
ダンサーさん達もオーディション募集してましたね。
最後の『TOUR OF〜』宣言はBOSSがTwitterでしていましたが、MISIAのほうからも発表ありましたね。
個人的には『TOUR OF〜』というタイトルじゃなくてよいのでDJあり、ダンサーありのライブはこれからもやってほしいです。

No.5983Re: Tour of Misia
by G/R - 2016/11/04(Fri) 19:37
mail
 

Miya-Yさん、ありがとうございます、
確かに名称はTour ofでなくても、Misiaらしい超高音でアップテンポの曲を DJ/Hip-hop danceで楽しみたいですね、それがないとMisiaライブの魅力の半分がなくなったちやうものね、こんなことを言うと、叩かれるかも!

No.5984Re: Tour of Misia
by Miya-Y - 2016/11/04(Fri) 20:02
 

>G/R
以前の『TOUR OF〜』のようなアリーナクラスの会場&ゴージャスな演出〜…じゃなくても、それこそ『ENERGY Supporters Summit』の時のようにライブハウスでも良いと思うんですけどね〜。
ってもう『ENERGY Supporters Summit』も10年前かぁ。
スタンディングはキツいと思うオーディエンスも増えているのだろうなぁ(^_^;

私としては『TOUR OF〜』だけでも『星空』だけでもなく、いろんなMISIAを楽しみたいでっす。
まずは『TOUR OF〜』を悔いなく楽しめるよう体力つけねば〜(笑)。

No.5985Re: Tour of Misia
by リシェ - 2016/11/05(Sat) 01:16
 

ここ何年か、早く冬のTOURは終わりにして欲しいと思ってます。
春から夏、そして秋。。。 が、理想です。
寒いのは苦手です。< TOUR

No.5987Re: Tour of Misia
by Miya-Y - 2016/11/06(Sun) 17:52
 

>リシェ
それぞれの季節に合う歌があるので、私はオールシーズン聴きたいですわー。

No.5988Re: Tour of Misia
by G/R - 2016/11/06(Sun) 22:24
mail
 

確かにMisia さんのライブの山は大抵は年明けから3月の寒い季節ですよね、僕はその頃にいい思い出が多くて大好きです、東京や神奈川だからかもね、
一番苦手なのは屋外ライブ、雨は大嫌いだし蚊に喰われるのも嫌なので、
今年は春日大社に行くつもりでしたが、身内の不幸があって行けなくなりました、屋根が出来てからの河口湖ステラシアターはお気に入りですけどね、


No.5971MUSIC for ASO 2016 supported by ap bank
by SUSIA(スーシャ♂) 投稿日:2016/10/22(Sat) 16:38
 

【次記事】
@あなたにスマイル
Aつつみこむように
Bビリーブ
C逢いたくていま

Dはるまついぶきwith桜井和寿
バンド ap bank band
Chorus:Tiger&はな
開始14時35分、終了15時17分
MISIAと桜井和寿さんがお互いを「ぱいせん」(先輩)と呼び合ってた。(笑)
MISIAは高校の卒業旅行に仲の良い友達10数人で阿蘇に来たとのこと。
ライブは大雨でベチャベチャになりました。トホホ。

No.5972Re:MUSIC for ASO 2016 supported by ap bank
by かもめ - 2016/10/22(Sat) 17:37
 

1987年のライブ…。ビートチャイルド…雨で伝説の地であるところを、あえて雨を味わえたか…。

帰り道、靴屋に靴があることを願います(笑)。


No.5973Re: MUSIC for ASO 2016 supported by ap bank
by KU - 2016/10/22(Sat) 19:50
 

こんばんは!
こんなにも激しい雨のライブになるとは、予想もしてませんでした!
夏フェスと同様に、圧倒的なMISIAに櫻井さんも登場を恐れたそうです。
その伏線は、バスで流れたラジオ番組にあって、通常の3倍くらいパンクバンドはMISIAにしごかれたらしい。
MISIAのことを、一人太陽って表現してた気がします。
エネルギーを発して吸収していくから。

僕は、今日のMISIAは圧倒的バージョンでなく、優しさ溢れるバージョンに感じました。逢いたくて今は特に思いが入ってたと思います。

パンクバンド向けアレンジは、トランペットがいい!
とはいえ、なんか教習所みたいな演奏に感じました。やはり、MISIAにはMISIAバンドですね〜

音響は、フェスにしては抑えすぎかな。
もっと開放的な音にして欲しかった。
あ、僕のポジションは、10列目くらいのセンターより右寄りあたり。

石巻のWOWOW放送を生で聴けたような感じで、ツアーオブまでのビタミン補給に、本当に来てよかった!

明日は雨もあがるみたいですし、会場周辺で乗馬に食事に、お金落としてきます(笑)



No.5974Re: MUSIC for ASO 2016 supported by ap bank
by Miya-Y - 2016/10/22(Sat) 20:06
 

>SUSIA
情報ありがとうございます〜m(_ _)m
2016年MISIA晴れ女説は途切れましたかぁ(^^;
雨の中お疲れ様でした〜。お気をつけてお帰りくださいませ〜。
お互いに「ぱいせん」って(笑)。

>KU
書き込みありがとうございます☆
おぉ、優しさ溢れるバージョンいいですねー。
同じ曲でも大きく変わることありますよね。
ビタミンM補給できたようですし、明日の観光楽しんできてくださいませ(^^。

No.5975Re:MUSIC for ASO 2016 supported by ap bank
by SUSIA(スーシャ♂) - 2016/10/23(Sun) 17:16
 

ひとつ言い忘れてたことを…
ap bank のギタリスト=小倉博和氏のギターがかっこよくてどこかのギタリストに見せてあげたかったです。
小倉博和氏には今年大阪であった澤田かおりちゃんのライブで初めて知りましたが、かなりの腕前だと思います。
代わって欲しいなぁ。(笑)

No.5976Re: MUSIC for ASO 2016 supported by ap bank
by あゆみわ - 2016/10/24(Mon) 20:14
 

忘れちゃいけません。
MISIAは"◯女"ですよ〜〜。笑

No.5977Re: MUSIC for ASO 2016 supported by ap bank
by Miya-Y - 2016/10/24(Mon) 21:36
 

>SUSIA
追加情報ありがとうございまーす。
小倉博和氏のギターじっくり聴いてみたいものです〜。
ギターと言えば渡辺香津美さんの『ギター生活45周年祭 〜 Guitar Is Beautiful Special』が
WOWOWで放送されますよ〜。…ってお知らせしようと思ったら再放送も終わってた(^_^; 再々放送に期待っ。
私このライブ行こうと思っていたのですが都合つかず(>_<)
ちなみに渡辺香津美さんとMISIAは『Eyes On Me』のCDで共演しています。
いつかお二人の共演を生で聴いてみたいものです。
………渡辺香津美さんじゃなくても我慢するので『Eye On Me』聴かせてぇー(笑)!!
また10月27日は目黒ブルースアレイにてSUN-CHA BANDありますっ。
ギターは今剛さん、佐橋佳幸さんとギター好きにはヨダレものの面子です。
明男ちゃんも出ますよ〜(^^。まだ間に合うかな〜。興味のある方は是非☆
以下メンバー。
(B)富倉安生 (Sax)鈴木明男 (Key)齋藤有太 (Ds)島村英二
(G)今剛、佐橋佳幸 (Vo)坪倉唯子 and more

>あゆみわ
もちろん今までのMISIAの雨(雪)女っぷりはわかっています(笑)。ですが2016年に限ってはステラシアター3daysから始まった野外公演は好成績だったんですよー。予報が雨でもライブ中は降らなかった事もちょいちょいありました。
(福岡の音楽花火フェスは雨でしたが花火も上がりましたし、翌日のライブが中止になった事を考えると良かったほうだと。)
ここで阿蘇も雨じゃなかったら『2016年MISIA晴れ女説』が有力でも良かったかもしれません。あくまで『2016年』ですが(笑)。

No.5978Re:MUSIC for ASO 2016 supported by ap bank
by 空 - 2016/10/26(Wed) 08:49
 

渡辺さんとEyes on meで共演と書いてあるのがスゴく気になりました、一番好きな曲なので(≧∇≦) Eyes on meってMARS and ROSESに収録されてるあのEyes on meですか? TOUR OF、星空のライブ等で会場で披露され映像が収録されたら初の映像化になりますね! (≧∇≦) 逢いたくていま、に変わってこの曲がセットリストに入ってくれたら、嬉しいんだけどなぁ(笑)

No.5979Re: MUSIC for ASO 2016 supported by ap bank
by Miya-Y - 2016/10/27(Thu) 23:04
 

>空
はい、MARS&ROSESのですよ。Eyes〜の大きな魅力の濃厚なスパニッシュギターかは渡辺香津美さんの演奏です。
Eyes〜を歌ったのは2005年が最後ですね(ギターは健ちゃんでした)。
可能性はかなり低いと思いますがいつかまた生で聴きたいものですねー。

No.5980Re:MUSIC for ASO 2016 supported by ap bank
by 空 - 2016/10/30(Sun) 07:25
 

Miya-Yさん Eyes on meは本家の方だったんですね (*^o^*) 作曲は鷺巣さんですよね、作詞はMISIAですよね(*^o^*)



名前のない音楽会? でしたっけ?



あまりライブで歌う頻度が少ない、隠れた名曲を中心としたセットリストでのライブも聴いてみたいです!(≧∇≦) いつか生で!って楽しみにしてるんですが2005年から参加してるんですが まだ一度もその夢がかなった事がありません(^_^;) Eyes on meこそは、隠れた名曲だと思うんだけどなぁ(・o・)ノ


No.5957Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2016 詳細レポ
by Miya-Y 投稿日:2016/09/19(Mon) 13:39
 

【次記事】

2016年9月17日(日)、横浜赤レンガ野外特設ステージで行われた『Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2016』(以下BNJFes)に行ってきました。
※内容等に間違いがある場合も考えられます。また個人的な感想も書いています。
 観たの位置や周りのオーディエンス、興奮度(笑)等によって受けた印象が違う方もいると思いますがご了承くださいm(_ _)m


No.5958Re: Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2016 詳細レポ
by Miya-Y - 2016/09/19(Mon) 13:43
 

セットリスト&メンバーっ。

●R.S.B.D / Zigzagger
●Afro Blues / RISING SON

〜MISIA登場〜

●BELIEVE / LOVE IS THE MESSAGE
●真夜中のHIDE-AND-SEEK / LOVE BEBOP
●The Best Of Time / SLOW JAM or MISIA 星空のライヴ -Best Acoustic Ballade-
●It's just love / LOVE IS THE MESSAGE
●陽のあたる場所 / Mother Father Brother Sister
●つつみ込むように… / Mother Father Brother Sister
●オルフェンズの涙 / LOVE BEBOP

※MISIA楽曲全てJazzyなアレンジ

14:50頃開始、16:00頃終了

MISIA(vo)
黒田卓也(tp)

バンドメンバー:Craig Hill(t.sax)、泉川貴広(p,key)、Rashaan Carter(b)、Adam Jackson(ds)
special guest: Marcus Miller(b)

No.5959Re: Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2016 詳細レポ
by Miya-Y - 2016/09/19(Mon) 14:22
 

●会場など
今回の会場は横浜赤レンガ倉庫 野外特設ステージ。横浜での大規模な野外ライブが行われる場所です。
私も過去数回他アーティストさんの単独ライブやフェスで参加させていただいています。

MISIAがBNJFesに参加するという情報はビックリでした〜。
しかも黒田卓也さんとの共演っ。
私は黒田さんはJUJUさんとの共演などで聴いた事はありました。

チケット代はMISIAのみ目的なら高額でしょうけど、私にとっては他メンバーも魅力的。
EARTH,WIND&FIREまで観ると20時半と長丁場になるのでA席を購入。
出演メンバーと遠征費かからない事考えれば高いとは思わないですわ〜(笑)。

当日は1日ガッツリ楽しもうと11時50分には会場入りしました。
当日の天気予報は曇りのち雨。念のため雨合羽なども持っていきました。

BNJFesはBIRDステージ(メイン。前方)とDIZステージ(後方。スタンディング)の二つのステージがあります。
(画像参照)
DIZステージはの大きさはBIRDの半分以下って感じ。横幅はZeep東京より狭いぐらいの印象。

『MISIA×TAKUYA KURODA』はDIZステージ2組目。14:50開演予定。
私はまず自席を確認。A席のやや前方です。そこからだと想像以上にDIZステージ遠い〜っ。
というかテント(DIZステージのPA?)が邪魔でステージ見えない(^_^;)
椅子はパイプ椅子でBIRDステージを向いているので、席でDIZステージを観るようにはなっていない感じですね。
なので貴重品以外の荷物を席に置いて一組目の『GOGO PENGUIN』を観にDIZステージのスタンディングエリアへ移動。うーんレベル高い☆
このままずっと観ていたかったですが、MISIAに備えて自席で観るとどうなるかを確認しに戻ります。
視覚的だけでなく音的にも自席で観るのは厳しい感じ。音的にはDIZステージのテントより前には行きたいところ。
という事で選択肢としては〜

(1)自席でBIRDステージのMarcus Millerを観終わってから、DIZステージへ移動。
(2)Marcus Millerを自席で観るのを断念して、DIZステージで待機。

って事になります。
ちなみにS席はS席専用のスタンディングエリア(DIZステージの前方約右半分)がありました。
これを事前に知っていれば無理してでもS席行けば良かったかぁー。
私はMarcus Millerをめっちゃ聴きたかったので気持ちは(1)。MISIAはこれからも観る機会あるし。
でも今回の構成は貴重だからなぁ…。個人的にはテントより前ぐらいであれば十二分満足ですが。
でも(1)でテントの前まで行けるかは分からないし…。
と、気持ち揺れまくり(^_^; とりあえず『GOGO PENGUIN』を観にDIZステージに戻りました。
『GOGO PENGUIN』のステージが終了すると、DIZステージにいた大半のオーディエンスはBIRDステージに向かいます。
そりゃMarcus Millerは魅力ありまくりですし、BNJFes参加者でMISIAが主目的の方は多くはないでしょうからね。
で、今なら中央2〜3列目も余裕でいける状態。DIZステージに残っている人達は知った顔が多し(笑)。
うーん………悩んだ末に(2)をチョイスする事にしました(^_^;)。待ち時間は2時間弱。

DIZステージで聴くMarcus Millerー…悶えるぐらい良いです。あちゃーこれは失敗したかなぁ(^_^;)。
『Marcus Miller、MISIAのステージに飛び入りしてくれれば良いのに〜。』
『近いんだから、こっち(DIZステージ)遊びに来て軽く弾いていこうよ。』
そんな夢のような、今思えば前フリのような事を皆と話していました(笑)。

●開演まで
Marcus Millerのステージ終わると即、DIZステージにオーディエンスが押し寄せてきます。
この感じだとA席で観てからの移動は厳しかったかも。
ふとステージ端を見るとJINOさんとTOMOさんの姿が。
『まさか、でるの?』と一瞬思いましたが、そうではなくスタッフ&お客さんとしてのようです。
黒田さん達にMISIA楽曲の特徴などを伝えていたりしたのかもしれませんね。
またお二人とも英語ペラペラですので、他の出演アーティストとの通訳もやったりしたのかもしれません。
軽いリハが始まります。黒田さん登場。MISIAはリハには登場しませんでした。
リハの段階ではMISIAの楽曲だと分かるようなものはなかったです。

リハが終わって後は開演を待ちます。
んーJazzyな曲、Jazzyなアレンジで来るのかなぁーと期待と妄想が広がります。
『いやいや、思い込みはよくないなっ。』
と、たとえ超Jazzyな『SUPER RAINBOW』が始まってもがっかりしないように妄想は抑えました(笑)。

開演予定時間になって、黒田卓也さんとメンバー達が登場。
MISIAはまだ登場せず。そして演奏開始です。


No.5960Re: Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2016 詳細レポ
by Miya-Y - 2016/09/19(Mon) 20:37
 

●黒田さんタイム
黒田さんのオリジナル曲『R.S.B.D』『Afro Blues』と演奏していきます。
いやぁカッコいいです☆ 気になる方は以下をチェック↓
http://www.universal-music.co.jp/kuroda-takuya/discography/

演奏終わってBGMは知らない曲に。
黒田さんが演奏した曲とメンバーを紹介して〜
『それでは皆さん大きな拍手でお迎えください。MIぃーーーっ、MIぃーーーっ、(Miya-Y:ためるなぁ(笑)) MIぃーーーSIAぁぁーーー!』

●BELIEVE
会場大歓声でMISIA登場。MISIAは白い衣装〜…この辺BNJFes公式にもアップされているので要チェック☆
http://bluenotejazzfestival.jp/gallery/bnjf2016/
(※『MISIA×TAKUYA KURODA』全部で8枚あります。お見逃しなく!写真下部の小さいところをクリックすると、他画像になります。)

先ほどの知らないBGMからそのまま曲に入ります。
この時点でも何の曲か分かりませんがMISIAが『I Believe〜』と言ったから『BELIEVE』なのでしょう(笑)。
いや原曲からアレンジしまっくているんで分からないのですよ〜。
そしてMISIA超Jazzyに『I〜 Believe〜♪』と歌います。
私は『ふぉぉぉぉーーーぉぉぉーーーー!』
と、もうこれだけで今日来た甲斐があったと感じです(笑)。
普段が
『あーーーい、び りーーぃぃーーぶ♪』
だとすると今回は
『あぁーい……びりぃ〜ぃぅ"っ』
みたいな。この文章だとまったく伝わっていないでしょうが(笑)とにかく普段とは違う色、魅力がでまくりです。
その後もめっちゃ良い感じに進んでいきます。曲のアレンジも歌い方もまさにJazzです。
間奏の黒田さんのペットがまた良いんですわ〜♪ 会場は明るいですが脳内は夜な感じ。
サビなどは原曲よりスローテンポな印象。
原曲では元気に『I Beliぃ〜e〜ve♪ I Beliぃ〜e〜ve♪』と歌っていきますが、
今回はアダルトな粘りある感じの声で歌っていきます。最後は弱い声の『I〜 Believe〜♪』で終了。
私はこの一曲だけで満足感ありまくりでした。

●真夜中のHIDE-AND-SEEK
『BELIEVE』終了後、簡単に黒田さん&自己紹介(名前を言った程度)をして次の曲名を言って曲開始。
『真夜中の〜』です。Jazzフェスならやるであろうと思った曲、その1。
ピアノ、トランペットと音を出していきます。こちらもアレンジしまくりです。
曲名聞いてなければ私はイントロだけでは分からなかったですね。
テンポは原曲と同じぐらい。歌い方は普段よりだいぶ力を抜いている(手抜きって意味じゃないですよ)ところが多い印象。
こちらもアレンジに合わせてアダルトな雰囲気を出しています。
サビへの流れは力強く。私は心の中で『わぁ〜ぉ、わぁ〜ぉ♪』と叫んでいます。
サビへ。コーラスはいないのはちょっと寂しいですが、ここは脳内コーラスでフォロー。
普段はコーラス隊に任せている『迷わせるのはLove and Fake〜』もMISIAが歌います。
後でみー友さんと話たところ、コーラスいないほうがかえってJazzっぽくて良かったという意見もあり。
ぬぅ、確かに音が多くない構成でしたしそういう考えもありですな!
ベース、トランペット、サックス、ドラム、ピアノ一音一音が気持ち良いです。
後半の『赤く揺れるKiss in the dark』とか裏声入れて短め、でも語尾が綺麗で凄く良かったなぁ♪
終盤の声出し。最初大人しめにいっているなと思ったら飛ばしてきます(笑)。
明男ちゃんとの掛け合いとは違う、また別の世界観があって良かったです〜。
あ〜幸せだぁ〜〜〜〜〜☆

●The Best Of Time
MISIA『もっと聴きたいですか?』と言います。
(Miya-Y:聴きまくりたいです!!!)
そして曲名を言って次の曲へ。
『The Best〜』です。Jazzフェスならやるであろうと思った曲、その2。
こちらはイントロでわかりました。これまでの曲と比べると原曲に近いです。
そしてMISIAイントロで超高音出してきます。
『ウチのMISIAはどうよ?』って初見の人に言いたくなりますな(笑)。
そしてSAX。この流れも原曲な感じですね。
Aメロへ。音は少な目に。ベースの音が心地良いな〜。
そうそう音響ですが、私の位置が前過ぎなので正直わかりません(^_^;
私の位置からだと、半分はダイレクトな生音って感じでした。
ストレスを感じるような事はなかったです。
CDのようなバランスの音ならスタンディングエリアの中央が良かったと思います。
中盤〜後半へ。やはり他曲に比べると大きく変わっているわけではないのですが、
派手すぎない感じがJazzyでGood。これだけでも結構印象変わりますね〜。
終盤へ。MISIA普段より声出しは抑えめ。
アレンジの雰囲気にあわせていっているな〜と思ったら
『Best Of Timeっ、Best Of Tぁ〜ぁimeっ』と歌ってCraig Hillさんを見つめます。
濃いめのMISIAファンの方なら、これは
『掛け合いしましょ〜♪ もっとグイグイいきましょ〜!』
的な表現だと感じるでしょうけど、Craig Hillさんは反応せず。MISIA何度か試みた様子でしたが(笑)。
これは気づいていないとか、反応できないとかではなくMISIAがアドリブ大歓迎&大好物って事を知らなかったのでしょうね。

●MC
『The Best〜』終了後、すこし間が空いて演奏が始まります。
ん、これは〜…原曲と雰囲気は違いますが『It's just〜』ですね。
これをBGMにMC開始。ここでは〜

・改めましてこんにちは。
 (Miya-Y:普段の『ようこそー!!!』的なテンション高い感じではなく、落ち着いた感じで話します。ラジオとかと比べても低めのトーン。なんか新鮮だ(笑)。)
・Blue Not Jazz Festival 最高ですね。も〜う凄いカッコいい。
・黒田さんと一緒にできるし、Marcus Miller、George Benson。EARTH,WIND&FIREも来ていて凄い贅沢ですよね。
・この場所、そしてこのメンバーと一緒に歌える事を幸せに思っています。
・次はスローナンバーを。黒田君が一番好きな曲なんだそうです(笑)。『It's just love』。

という感じでした。いやぁ曲紹介がまた大人っぽい低いトーンで私はウキキっ♪と思っていました(笑)。

●It's just love
序盤はベース、オルガンの音中心の構成。シンプルです。
この状態でのMISIAの歌声がまた良いですね(^^。
テンポは原曲と同じ印象ですが、AメロBメロはゆったり感があります。
サビから軽くホーンが入ってきます。
印象的だったのは『頷いて〜』から間奏の黒田さんのトランペット。カッコいいです☆
その後は大サビですが、こちらは原曲のような大サビらしさは抑えめな展開。Jazzyな雰囲気ですね。
歌詞終了後は長めにとっていて(2004DVDぐらいの長さ)MISIAの声出しを堪能。
最後は黒田さんのトランペットで締め。この終わり方良かったなー。

No.5961Re: Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2016 詳細レポ
by Miya-Y - 2016/09/20(Tue) 21:37
 

●陽のあたる場所
イントロのオルガンで何となく分かりました。『陽場所』ですね。
ここも黒田さんのトランペットがGoodです♪
こちらも音はJazzですがイメージは原曲に近いです。
MISIAの歌い方は何か少し普段と違ったノリを感じます。
太めの声&裏声が良い感じ。
『歌えるよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜』で伸ばしてきて
『I can sing a〜』は一回お休み。コーラスいないですからね。
普段はお約束の『Say!』はなしです。はい、このバージョンならそれが良いと思います。
サビでオーディエンスはいつもの手の振りをやりました(^^。
…と、ノリノリに楽しんでいた私ですが、集中を切らす事件が発生。
ステージ左奥に…Marcus Miller!??
『似た人かな…』と思いつつ曲に意識を戻します。
う〜んホーン良いな〜(左チラ見)。
Jazzyなアレンジはベースラインが重要だよな〜(左チラ見)。
いかん、どうしても気になる(汗)。そして再び事件が。
『JINOさん記念写真撮っているやん!ホンモノやΣ(゜□゜;)!!!』と私はビックリ。
『遊びにきたのか〜。これで参加してくれたら夢のような話だよなぁ…』
なんて思っていました。
集中は途切れましたが、今度こそ曲に集中し直します。もったいない、もったいない。
この曲は原曲でも歌詞終了後の展開が私のポイント。
MISIAの『Oh〜〜〜oh〜oh〜oh〜oh〜ohoh♪』にホーンの音。
これはシビれますっ。基本の流れは原曲な感じですが、ところどころで今まで聴いた事のないパターンを出してきます。
これって恐らくその場で思いついて歌っているのでしょうね〜。MISIAのこのセンスの凄さを改めて感じます。
アツイドラムもあって、とても盛り上がりましたー!

………そしてステージ左を見ます(笑)。三度の事件っ!!
Marcus Millerさんがステージ衣装になって、ベースを持っています!!!
こ、こここここれは期待してもいいのか!?

●つつみ込むように…
左が気になりつつ軽快なホーンの音から曲開始。これは何の曲かわかりません。
すると『My〜he↑〜〜〜〜〜〜〜art♪』
おぉ『つつみ〜』だぁ☆
こちらは原曲よりテンポ早めで軽快な感じです。
ふとステージ左を見るとMarcus Millerさん曲に合わせてベースを弾いてます。
(音は出ていません)
これは『こんな感じで行くか〜とイメージしているようにしか見えない! マヂで出てきそうだ!』
と私は左が気になって仕方ないですが、頑張って曲に集中。
サビ前の展開は
『考えって』(ファン♪)
『怖がって』(ファン♪)
『逃げ続けているのさ』(パパパっ、パパパっ、パパパっ、ファーン♪)
※括弧内はホーンの音

という感じです。これ好きだなぁ〜。
明男ちゃんソロなどをやる間奏部分はなし。ここはシンプルに。
その変わりってわけじゃないですが
『音もなく朝が来て〜』が前の『考えて怖がって〜』を基本に一捻りを入れた感じで私はニヤニヤ。
そこから転調の流れが凄く良いです☆ そして〜
『そして明日を〜〜〜〜、つつみ〜込むようにぃ〜〜〜〜ぃぃぃぃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪』
でロングトーン炸裂。会場沸きます!!
そしてホーンの音。こりゃたまりまへんですわ(>▽<)!
普段『ターラッ、ターラッ、タラッタ』のコール&レスポンス(以下C&R)をやるところで、
また聴いたことのない声出しもしてきます。
大半は聴いたことのない新パターンでグイグイきます。
『パララ』とか『パラッパ』を多く使っていたので、これも黒田さん達の音聴いてその場で生まれてきたのかもしれません。
この時私はステージ左の事は忘れて盛り上がりまくってました〜♪
最後は『つつみ〜込むよぉ〜ぉ〜っ、にぃ〜〜〜〜ぃ〜〜〜〜〜〜〜Yeah Yeah Yeah〜〜〜っ♪』
(黒田さんのペットもあり)
という感じで曲終了。私の周り(濃い人多いですけど)の盛り上がりは最高潮って感じでした〜☆

●MC
ここでは〜

・BLUE NOTE JAZZ FESTIVA〜〜〜Lっl!!!
・最高ですね。みんな楽しんでいますかー!?(大歓声) 最後にもう1曲お届けしたいと思います。
・今日は楽屋に凄いアーティストの方が沢山居て、JAZ FESTIVALって凄い、日本じゃないみたいと思いました。
・今日初めてお会いして、初めてやらせていただくのですけど…
 (Miya-Y:(心の中で)きたーーーーーー!ホントにきたーーーー!!んふぉおぉぉぉぉぉぉーーーー!!)
・スーパーベーシスト、Marcus Millerー!!
 (Miya-Y&会場:う"ぉ"ぉぉぉーぉぉぉぉぉーーー!!)
・こんな事ってあるんですね〜。
 (Marcus Millerさん登場してセッティング。すぐ目の前にMISIAとMillerさんがいるなんて幻を見ているようです。)
・ホントさっき決まったんです(笑)。ではこの曲を…。『オルフェンズの涙』。

という感じでした。

●オルフェンズの涙
曲名聴いて
『ぬはー。今日のオルフェンズどうなるのだろう〜?』
と思っていると曲開始。黒田さんのシビれる&シヴいトランペットからです。うほほー。

そこから『オールっフェーンズっ♪』の展開。
この時は軽いオルガンだけのほぼ音無し状態。そして

MISIA『宇宙が歌う〜Blue↑ぅ↑〜〜sっ♪』→黒田さんの『パパパパパパーーーン』

この時点でかなりの名アレンジっ。
まだMarcus Millerさん入ってないですがテンション上りまくりです。

そして原曲よりゆったりな感じで『Ah〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜…闇夜に浮かぶ〜』
(※音は少なめ)

『おぃおぃ、こんな序盤で、しかもMillerさん温存状態で、これから私をどうするつもりだ?』

と心の中で思います(笑)。MISIA普段よりAメロを太めに、粘りある声で歌っていきます。
このアレンジに合う感じ。ベースラインは今まで通りRashaan Carterさん。

それを聴いて私は
『流石のMillerさんでも(恐らく)一度も聴いた事ない曲にいきなり入ってくるのは厳しいよなぁ。
でもきっと間奏でちょ〜〜〜カッコいいソロ聴かせてくれる事だろう。』
と思いました。

サビへ。そこでMillerさんベキベキ入ってきます。…マヂっすか。
それがまたちょ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜カッコ良い音。
この人の頭と指はどういう構造しているのだろう。

そして間奏へ。Millerさんのソロ開始。
先ほどBIRDステージで私を悶えさせたプレイを間近で見せてくれます。
いや、こりゃもう言葉にはできないです。表現できない色気と生命力ある音というか。
それでいて独りよがりなソロとかじゃなくてちゃんと展開がオルフェンズしているのが信じられない。
考えに、考えぬいたような流れで『愛しきものには〜』に綺麗に繋がりました。
私はゾゾゾゾゾゾーーーー!!と鳥肌。
GoodぢゃなくてもうGodです。

ホーンの音も凄く良い感じで転調へ。Millerさんもう馴染んでいる。もう笑うしかない(笑)。
歌詞終了後、Millerさんのベースが激しくなり、MISIA声出しまくり。そしてここでブレイク。
MISIAが歌い、Millerさんが弾く。
よりアツくMISIAが歌い、それに呼応してMillerさんがアツく弾く。
長年やってきている明男ちゃんとの掛け合いのようです。

そして交互ではなく二人の音が重なりあいます。
これもバラバラじゃなくお互いを邪魔せず、それどころかお互いを高め合っていくように感じます。
今日初めて会ったなんて冗談にしか思えないです。
偉大な世界的プレイヤーを前に、伸び伸びと歌うMISIA。
そしてどこまでも高まり、広がっていくような二人の音を聴いて私は涙が出てきました。
最後は原曲のように『オルフェンズっ、オルフェンズっ、オルフェーーンズっ』でビタっと終了。
私は感動しすぎて歓声を出す事も、拍手をする事もなかなかできませんでした(T△T)。

MISIA『Marcus Millerー! 黒田卓也ー! ありがとうございましたー!』
といってステージから下がります。
そして少しオルフェンズのインスト演奏があってライブ終了。
ここでもMillerさん、黒田さん魅せてくれました〜。

この曲の後オーディエンスからは長い長い拍手。
時間的にアンコールは不可能なのは分かっていましたが
(この時点で大体16:00。タイムテーブルでは16:05からGEORGE BENSONさん。)
私はアンコールを求めてというわけではなく、ただ感動の気持ちを伝えたくて拍手をしました。

No.5962Re: Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2016 詳細レポ
by Miya-Y - 2016/09/20(Tue) 21:43
 

という感じで終了した『Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2016』の『MISIA×TAKUYA KURODA』。
この後も『GEORGE BENSON』『ANDRA DAY』『EARTH,WIND&FIRE』とガッツリ1日楽しませていただきました☆
あ、そういえば当日朝の天気予報は雨だったのですが、雨は降らなかったです。
時折青空も見れました。2016年のMISIAは本当に晴れ女なのかもしれない…。

で『MISIA×TAKUYA KURODA』で感じた事をまとめますと〜

●セットリスト
黒田卓也さんとの共演と言うことで、Jazzよりな曲、そしてJazzアレンジが合うだろうと思う曲がきましたねー。
Jazzアレンジもとても良い感じで新鮮味ありあり。
私が『黒田さんとの共演するライブ』としてイメージするものとズレはなかったです。
(考えすぎるとイメージとズレたときが怖いので、実際はあまり考えないようにはしていましたが(笑)。)
フェスティバル直前の黒田さんのインタビューによると
http://bluenotejazzfestival.jp/features/features2016-010/
じっくりMISIAと時間をかけて〜ってわけではないようですね。
黒田さんGood Jobです。感謝っm(_ _)m

で、個人的にはまったく文句のないセットリストでした。
ただスタンディングエリアの中ごろで聴いていた方の話では
『Everythingやらなかったのが残念。』
という声を結構聴いたそうです。
BNJFesに参加する年代の方々はエヴリど真ん中世代も多かったのかも。
最近のMISIAを聴いていない人も多かったと思われるので、そういう意味では王道エヴリもあったほうが会場全体的なウケは良かったかもですね。

●Marcus Millerさんの飛び入り
本当にビックリでした。
Millerさんはタイムテーブルでは15:30からトークショーの予定となっていました。
その時間変更してまで出演してくれたのですね。
もう感謝×512です。あの音を思い出すと今も胸が熱くなってきます。
ちなみにMillerさんは『EARTH,WIND&FIRE』のほうにも参加していました。
きっとその場で何でもできちゃうんだろうなぁ(笑)。
まさにJazz。スーパーベーシストっ!

●最後に
私の周りのみー友さんにも大好評で、皆さん大大大満足って感じでした。
『こんな内容のライブだと分かっていたら、無理しても参加したかった!』
という方も多くいると思います。
私もまたこういうライブを体験したいものです。
(Marcus Millerさんを呼ぶ事はできないでしょうけど(^_^;)

ただこれは濃いMISIAファン=コア層の傾向であって、
これをこのままツアーでやると、ライト層は聴き慣れないアレンジに戸惑う人も多いかもしれません。

今MISIAのライブに参加している主な層はどっち寄りになるのでしょうね。
とりあえず試しに2公演ほど『Jazz Live』やってみてほしいなぁ(笑)。
エントリー時にそういう情報をハッキリ伝えれば、合わないと思う人はエントリーしないでしょうし。
それで好評の声が多いのか、少ないのか聞いてみたいものです。

それにしてもこの日の『オルフェンズの涙』は凄かったです。
愛・地球博でエリカバドゥさんとの『赤い命』と同じように
私にとっては伝説となりました。
この音楽が生まれる瞬間を生で、しかも間近で観れた事に感謝です。

No.5965Re: Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2016 詳細レポ
by Foo - 2016/09/27(Tue) 22:46
 

「キリ番」・・・う〜ん、なつかしい言葉になってしまいました
もうすぐ「7」の ぞろ目ですねぇ、、、
って、それだけでは 何なんで、

BNJF行きたかった〜
某動画サイトにいくつか上がってるんで 
それで雰囲気 楽しませてもらって 我慢しときます

ところでフェスって まだ行った事無いんですよね
死ぬまでに一回くらいは 参加しといた方がいいですかね
でも、がっつり遠征ってのは きついんで
うちから比較的近くて コンセプトもMISIA向きかなと思える 岐阜県の
「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」というフェス、どうでしょう
《太陽光から生まれた電気でロックする。
    未来のエネルギー革命へ繋がるロックフェス!》です
       http://solarbudokan.com/2016/
  初回は武道館だったんですね

今年は春日大社と日がかぶってしまいましたが
来年以降 出てくれないかなぁ

フェスでは無いけど
新規開拓、オーディエンスの若返りの為に「学園祭ツアー」もいいかなあ、
現状 平均年齢かなり高めなんでね(含,自分:苦笑)


No.5967Re: Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2016 詳細レポ
by Miya-Y - 2016/09/28(Wed) 21:54
 

>Foo
お、Fooさんフェス未経験だったのですか〜。意外(笑)。
フェスは合う人、合わない人いるとは思います。またフェスによっても大分雰囲気違うので一概には言えないでしょうか。
とにかく参加してみなければ分からないでしょうから機会あれば一度参加してみるのも良いかと(^^。
中津川のフェスもあるんですね。今回のMISIAのフェス参加ラッシュで、世の中こんなにフェスあるんだ〜って知りました(^_^;

前回の学園祭は2005年。もう10年以上前なんですね。
新規のファンが増えてくれると嬉しいですよね☆
フェス参加で、新規ファン効果あったら嬉しいな〜。


No.5932Candle Night 2016 奈良公演詳細レポ
by Miya-Y 投稿日:2016/09/13(Tue) 22:39
 

【次記事】
2016年9月10日(土)〜11日(日) 奈良県春日大社 飛火野特設舞台行われた
『第31回JTB世界遺産劇場 春日大社第六十次式年造替奉祝 Misia Candle Night』に行ってきました〜!
(※『MISIA』ではなく『Misia』は公式表記)
以下詳細レポになります。

※内容等に間違いがある場合も考えられます。また個人的な感想も書いています。
 座席の位置や周りのオーディエンス等によって受けた印象が違う方もいると思いますがご了承くださいm(_ _)m
※以下のレポで『Candle Night』を『CN』と略して表記する場合もあります。

No.5933Re: Candle Night 2016 奈良公演詳細レポ
by Miya-Y - 2016/09/13(Tue) 22:40
 

10日セットリスト〜。

●SUPER RAINBOW / iTunes, moraなど配信のみ
●真夜中のHIDE-AND-SEEK / LOVE BEBOP
○MC
●僕が一番欲しかったもの(槙原敬之カヴァー)
●あなたにスマイル:) / LOVE BEBOP
○MC
○清水ミチコさんタイム
○MC
●雨の街を with 清水ミチコ(荒井由実カヴァー)
○MC
●時をとめて / MARVELOUS
●Let It Smile / SINGER FOR SINGER
●Indigo Waltz(久保田利伸カヴァー) / MISIA 星空のライヴ -Best Acoustic Ballade-
○MC
●Back In Love Again / MISIA Super Best Records
●オルフェンズの涙 / LOVE BEBOP
○MC
●One day, One life / NEW MORNING
●LIFE IN HARMONY / SOUL QUEST
○アンコール
●ひとつだけ with 清水ミチコ(矢野明子カヴァー)
○MC
●Candle Of Life / LOVE BEBOP

17:45頃開始、19:55頃終了

No.5934Re: Candle Night 2016 奈良公演詳細レポ
by Miya-Y - 2016/09/13(Tue) 22:41
 

11日セットリスト〜&共通メンバーっ。

●SUPER RAINBOW / iTunes, moraなど配信のみ
●真夜中のHIDE-AND-SEEK / LOVE BEBOP
○MC
●あなたにスマイル:) / LOVE BEBOP
○MC
○清水ミチコさんタイム
○MC
●雨の街を with 清水ミチコ(荒井由実カヴァー)
○MC
●僕が一番欲しかったもの(槙原敬之カヴァー)
●街(堂本剛カヴァー)
○MC
●Let It Smile / SINGER FOR SINGER
●Indigo Waltz(久保田利伸カヴァー) / MISIA 星空のライヴ -Best Acoustic Ballade-
●逢いたくていま(Aco ver.) / JUST BALLADE
●オルフェンズの涙 / LOVE BEBOP
○MC
●One day, One life / NEW MORNING
●LIFE IN HARMONY / SOUL QUEST
●果てなく続くストーリー / KISS IN THE SKY
○アンコール
●ひとつだけ with 清水ミチコ(矢野明子カヴァー)
○MC
●Candle Of Life / LOVE BEBOP

17:45頃開始、20:05頃終了

バンドメンバー:重実徹(Key)、鈴木明男(Sax)、山口周平(G)、日野JINO賢二(B)、Tomo(Tomoaki Kanno)(Ds)、佐々木久美 (Org/Cho)、Lyn(Cho)

No.5935Re: Candle Night 2016 奈良公演詳細レポ
by Miya-Y - 2016/09/13(Tue) 23:12
 

●会場までの移動など
今回の会場は奈良県春日大社 飛火野特設舞台。
今後同会場でMISIAライブをやる可能性はとても低いと思いますが、
さだまさしさんや、薬師丸ひろ子さんファンの参考になるかもしれないので少し詳しめに書いておきます(笑)。

会場の地図はさだまさしさんのサイト
http://kasuganofes.jp/access.html
がわかりやすいです。

上記の地図の通り、一ノ鳥居から真っすぐ歩いて道路を渡って少し進んで右に入る感じです。
春日大社本殿ではなく手前の飛火野で行われると分かっていれば、近くまで行けば分かると思います。

近鉄奈良駅から徒歩20分弱、JR奈良駅なら30分弱というところでしょうか。
帰りは臨時バスも出ていました。私は歩いて駅まで行ったので詳細はわかりませんが、
聞いた話ではあまり混雑はしていなかったようですよ。臨時バス乗り場も声出して案内してくれている人がいたのでわかりやすいと思います。
電車のほうもさほど混雑していなかったそうです。

遠征される方はライブ前に春日大社、東大寺、興福寺あたりを観光する方が多いと思いますが、
リハーサル音が結構聞こえてきます。ネタばれしたくない方は注意です。
携帯プレーヤーなどを持って、リハが聞こえてきたらイヤホンで音楽聞いて回避するというのも良いかもしれません。

9月10〜11日はとても暑かったです。初日は羽織る長袖を持っていきましたが、ライブ終了まで半袖でも大丈夫な印象でした。
翌週、翌々週はどうなるかはわかりませんけど。
あ、虫よけはあったほうがよいと感じました。
近鉄奈良駅近くにダイソーありますので雨天時のカッパ購入などに便利かと。
http://goo.gl/maps/8MyQfeGMMPS2

飲食店は会場の周りにはあまりありませんが駅周辺には十分あり。
ライブ語の語りの場などは、ぐるめサイト等で駅近辺を調べておけば問題ないと思います。

No.5938Re: Candle Night 2016 奈良公演詳細レポ
by Miya-Y - 2016/09/14(Wed) 20:31
 

●会場に入って〜
私は17時前に会場へ到着。会場の周りはテントなどに囲まれていて入場口は狭めな感じです。
ですが私が行った時間は特に入場待ちの列などはなくスムーズに入場できました。

今回もキャンドルは入場時に手渡し。色は選べません。
今年のキャンドルはこんな感じ〜。
で11日はキャンドルのシールがなくてビックリ!!
理由は画像をよく見ると想像できます(-_-;)

会場へ入ります。私は奈良に詳しくないので
『飛火野特設会場から、ステージの後ろにライトアップされた春日大社本殿が見えるのでは〜』
なんて想像していましたが、ステージ後ろは森。春日大社はまったく見えません(^_^;
私は野外公演大好きなので問題ないですが、中城城や高野山などのような『世界遺産劇場』らしさを期待していた方は残念に感じたかも。

座席はパイプ椅子で横100列(前列は少し少なめ)、縦は…ノーチェック(^_^;
50列ぐらいまではあったかな???

天気のほうは両日とも晴れ時々曇り。
今回の私の座席は〜
10日:30列代右端付近
11日:20列後半左より
という感じです。
11日の座席は若干横に傾いていて気持ち悪かったです(^_^;
野外ライブ用の場所ではないので仕方ないですかね。斜めな状態でライブ観るのは初経験だ(笑)。

●開演まで
座席に座って(私の中では恒例の)楽器チェック。遠かったのでイマイチ分かりづらかったですが
明男ちゃん参加、ストリングス不在は確認できました。
鍵盤が3つあったので『清水ミチコさん分かな〜』と思っていました。これは正解。

場内では注意事項などのアナウンスが流れています。
…かなりカミカミです(笑)。大阪から来ている方も多いのか周りからツッコミが聞こえてきます(笑)。

開演時間少し過ぎて、見慣れない人が中央のアコギを持ちます。
スタッフかと思っていたら、演奏体制に!?
オープニングアクトですね〜。

17歳の『RYO』ちゃん。
自らのアコギ演奏で2曲歌いました。なかなか良かったですよ〜(^^。
ただ自己紹介はわかりやすくお願いします(笑)。
10日は自己紹介なしで1曲目開始するし〜。
(周りから『名乗れ!』『誰やねん!』とツッコミが(笑))
曲間で自己紹介しましたけど、聞き取り辛かったです。
こういう時は『こういうスペルで〜』とか『漢字でこう書いて〜』とか言うと分かりやすいですよ〜って誰かアドバイスしなかったのかな(^^;
それとも緊張して飛んじゃったのか…。
もしかしたらカミカミなアナウンスはRYOちゃんだったのかも。
だとしたら少しでも緊張ほぐす為だったのかもですね。

RYOちゃんの曲終わって、1分後ぐらいにステージにメンバー登場。
あ、今回はHanahちゃん、サトシさんが不在なんだぁ〜。

そして演奏が開始。Candle Night奈良公演開始ですっ。


※9/19『RIO』→『RYO』に修正


No.5939Re: Candle Night 2016 奈良公演詳細レポ
by Miya-Y - 2016/09/14(Wed) 20:49
 

●SUPER RAINBOW
必ずやると思っていた曲。オープニング曲として登場ですね。
オーディエンス立ち始めます。前後列とのスペースはそこそこあったので、この時キャンドルを床に置いている人が多かったです。
MISIA登場。頭には大きい紫の被りもの。私は『紫頭巾』が脳内に浮かんできました(笑)。
10日は遠くて分からなかったのですがMISIAは鹿の角(発泡スチロール製)をつけていて、その上から紫の布を被せていた感じです。
この様子を皆さんに見せたい(見たい)のですが、音楽ニュースサイト等にはないのですよねぇ。残念(>_<)
会報には是非掲載してほしいなぁ。衣装はこちらを参照してくださ〜い↓
http://popscene.jp/foundit/034156.html

曲レポへ。私はNHKホール以来の超虹。初聴きのときはノリきれなかった感もありましたが、今回はダウンロード済なので予習バッチリ。
NHKホールの時より明るく伸びやかに感じます。1曲目だから&MISIAが歌い慣れてきているからかもしれませんね。
私が聴き慣れたという事もあるかもですが。
サビ前では『チャン・チャチャン』のClapをしている人が多かったです。

音響のほうはいつものように私にとっては低音強め。
ですが野外という事で低音のぬけは良いのでホールよりかは聴きやすいです。
10日はベースの低音が気になりましたが、11日は許容範囲。
これは場所的なものかもしれません。その分11日はバスドラがやや気になりましたが。
ステラシアター(半野外)のような反響音はなく、純野外の音って感じです。特に11日はそう思いました。
純野外の音ってダイレクト感があって私は好きなんですよ〜。
MISIAのボーカルがややエッジきつめに感じますが、こちらもいつものような印象です。

●真夜中のHIDE-AND-SEEK
CN2015、星VIII、星IXとツアー4連続なので流石に『またか〜』と思った人も多いかも。
私もその気持ちはありますが『奈良でのライブ』は2013年の星VII以来。
その意味では最近の曲(届けたいであろう曲)を歌うという考えは通常の流れですかね。
『関西でのライブ』と考えるとまた変わってきますが。
まぁ私のようなどこにでも行く遠征組視点でセットリストを考えるのは間違いだとは思います(笑)。
会場全体での遠征組、最近のライブ参加歴とか知りたいものです。

サビでのコーラスは2人って事で少々寂しくは感じますが、逆に言えばよく2人でここまで厚く感じさせるなと思います。
明男ちゃんは相変わらずサックス、フルートと多彩に曲を盛り上げてくれます。
今回も間奏がまたカッコいいです〜♪ で、間奏後にブレイクが入ります。
何かと思ったらここでメンバー紹介。グループに分けての演奏あり。
Tomoさん、JINOさん、周平君
Lynちゃん、久美さん、重実さん
明男ちゃんだけ単独です。流石(笑)。
11日の明男ちゃん紹介は〜
『みんなで呼ぶよ〜、鈴木ぃ〜…(皆で)あ・き・お・ちゃぁーーん!』
とやりました。これ楽しいです♪
そして明男ちゃんのソロからMISIAとのバトル開始。
これが新パターンで、めっちゃノリノリです♪ 私のテンションがみるみる上がっていきます。
最後はお約束となった?『ラッタ、タララッ!タララッ!』もあり。盛り上がりましたー!
イントロ聞いたときの私のテンションと、曲が終わった時のテンションが大きく違いました(笑)。

●MC
【両日共通】
・『世界遺産劇場 春日大社第六十次式年造替奉祝 Misia Candle Night』にようこそいらっしゃいましたー!
 (Miya-Y:タイトルなげぇー!)
・奈良では初めてのCNになります。心を込めて歌ってまいりますのでどうか最後まで楽しんでいってください。
・式年造替とは20年に一度行われている事で今回で60回目になります。つまり1200年以上の受け継がれてきた行事です。
・大切なものを伝えていく為に行われてきた事だと思います。
・皆さんから見てこちらが三笠山。武甕槌命(タケミカヅチノミコト)様が白鹿に乗って来られたと言われている場所です。
・ここ飛火野は昔から沢山の人が集り、語りあい、歌いあった場所だそうです。

【10日】
・せんとちゃんでーす(笑)。
 (Miya-Y:(笑)。鹿の角ライクなものをつけていたので)
・これ発砲スチロールです。ここで取りたいと思います。
 (Miya-Y:鹿の角&紫の布を外します。外すのに苦戦しているMISIAが可愛いです☆ 外したら普段の巻物MISIAな感じです。)
・普段はここに沢山鹿さんがいらっしゃるそうで。
・CNライブも大切なものを伝えていく為に『自分以外の誰かの為に祈りを捧げる世界であってほしい』という想いで、2012年から毎年開催しています。
・CNでは毎回カバー曲を歌わせていただいております。今回も歌いたいと思います。
・この方の曲を歌うのは初めてです。皆さん座っていただきましたが、また立ってしまうかも? そうでもないかな? 皆さんの判断にお任せします(笑)。
・とっても素敵な歌詞です。槇原敬之さんの『僕が一番欲しかったもの』。

【11日】
・CNは東日本大震災が起こった次の年、2012年から鎮魂と復興への願いを込めてやらせていただいております。
・あの時私達が感じた『大切なものを忘れたくない』という想いからスタートしました。
・六十次式年造替の年に奉祝のお話しをいただきまして、とても光栄に思います。
・CNでも1200年続いている祈りのように、私達の大切なものを守っていけるきっかけになればと願っております。
・飛火野は三笠山のふもとにあるので、神様の力を感じる場所と言われています。
・このキャンドルと自然の空の下で音楽と共に、皆さんにとっての大切なもの、愛しい人、幸せな一時に思いを向けていただけたらと思っております。
・次の曲を歌う前にこの被り物をとらせていただきたいと思います(笑)。
・見えない人もいるかもしれませんが〜…
 (Miya-Y:紫の布をめくって鹿の角を見せます。)
・MISIAせんとちゃんでした(笑)。
 (Miya-Y:今日も外すのに苦戦していました。角がひっかかるんですね(笑))
・では次の曲を。あなたにスマ〜イルっ。

●あなたにスマイル:)
10日はイントロで『え、ここで「:)」?』と思いました(^^;
『僕が一番〜』で落ち着いたと思ってからの(10日は着席)『:)』は違和感あり。
MISIA自身『僕が一番〜』のオーディエンスがどう反応するか読めていなかったようですし、
10日の経験を生かして11日は変更になったのだと思われます。
11日は『うん、この流れでしょ!』と思ったものです(笑)。

という感じで10日はスタート時点の気持ちの切り替え遅れと、
ベース音の強さ(PA的な意味)で曲に集中するのに時間がかかりました。
11日は上記の点が改善された印象で、最初から曲に世界にどっぷり入れました。楽しい〜(^▽^)
オーディエンスの声は両日とも後方にしては良い印象。
JTBさんのツアーのほうが『15列以内確定』としていたので濃いファンが中盤〜後方だったからかもしれませんね。
それにしても野外で声出すのは、ホールより開放的に感じますね(^^。
MISIAも11日のほうが伸び伸びしている印象で、終盤のオーディエンスとの声出し時間も長めに感じました。
お約束の歌詞変えは『ここ飛火野で〜ぇぇ〜希望を歌う〜♪』でした。
この曲は本当は終盤にやるほうが私は好きなのですが、CNではアップテンポは最初に持ってくるのが多いので11日がほぼベストな場所かと思いました。

No.5942Re: Candle Night 2016 奈良公演詳細レポ
by Miya-Y - 2016/09/15(Thu) 21:43
 

●MC
ここでは清水ミチコさんも登場するので以下MISIAは『M:』、清水ミチコさんは『清:』を付けて書いていきます。

【10日】
・M:ここで私の大好きな方を紹介します。清水ミチコさーん!
・清:皆さん楽しんでいますかー? MISIA大好きー(オーディエンス:Yeah-!)! ミっちゃんも大好きー(オーディエンス:(笑))!
・M:今日はお天気も素晴らしくて〜。
・清:晴れ女らしいですねぇ。
 (Miya-Y:そ、そうかなぁ…(^_^; でも11日の天気予報は雨でしたが降りませんでしたし、フェスも中止にはなりませんでしたし2016年のMISIAはそう言っても良いかもしれません。)
・清:着席が始まりましたね。これから休み時間だという事がわかっていますね(笑)。どうぞゆっくりしてください。
・M:ステージに一緒に立つのは去年のBDライブ以来ですね。その時はアンコールが終わってからでした。
・清:あの時めっちゃ怖かったです。場違いって(笑)。でもお客さん優しくて〜。
・M:私ミチコさん大好きですし。皆も大好きですよねー?
・M:ミチコさんとは15年ぐらい前に、私が『徹子の部屋』に出たいと言っていてステージでそれを再現して〜。
・清:偽物の『鉄子の部屋』ですね(ここで黒柳徹子さんのモノマネ)。
・M:それ以来お付き合いさせていただいていて。お家にも遊びに行かせていただいて美味しいご飯いただいたり。
・清:お互いのライブを見に行ったり。この前は一緒に矢野顕子さんのライブに行きました。
 (Miya-Y:ここで矢野顕子さんのライブの軽いネタバレありました。そこは省略)
・M:今年の誕生日にもらった、あの猫の漫画〜………(タイトルが出てこない様子)。
・清:なんだっけ、めっちゃ好きなのに失念しちゃった(笑)。
・M:知りません? 猫の人情的な〜。『泣く子はいねがー』って言うの。
 (会場:シーン(笑))
・M:猫が出てくる4コマ漫画で〜。よ、よ、よ、夜廻り猫!!
 (Miya-Y:よくぞ自力で思い出しました(笑)。気になる方はコチラ↓(amazon短縮URL)
 http://ur0.biz/ymgE )
・清:年とると嫌だねぇ〜(笑)。
・M:その猫の漫画、フェスの移動中に読んでいて飛行機の中で泣いちゃって〜。
・M:凄く暖かい物語で、辛い時も笑顔で乗り切っている人の話とか大切な事を教えてくれるように感じました。
・M:私『あなたにスマイル:)』とかチャップリンの『SMILE』とか歌っていますが『スマイル』って言うと自然に笑顔になるんですよ。
・清:皆さんは勿論MISIAさんの歌を聴きに来ていらしているのでしょうけど、それだけでなくMISIAさんの性格の良さ、愛情深さをもらいにも来ているのだと思いますよ。
 (会場:拍手〜)
・清:この前MISIAさんが『友達沢山作ろうと思ってもなかなかできなくて〜、もしかしたら人見知りなのかも』って『デビューして十数年経っていまごろ気づいたの!?』って(笑)。
・清:社交的すぎる人より、人見知りの人のほうが信用できます。
・M:そうですか(照れ)? 心が通いあった人とは大切に付き合ってきています。
・清:これからも仲良くしてください。
・M:ではミチコさんの歌を〜。お楽しみくださ〜い☆

【11日】
・M:ここで私の大好きな方を紹介します。清水ミチコさーん!
・M:それではミチコさんよろしくお願いします。

という感じでMISIA退場。
11日は短かったですが、その分次のMCが10日より長い感じです。

●清水ミチコさんタイム
約20分ほど(11日は時間計りました。10日よりやや長かったかも)清水ミチコさんがネタを披露しました。
音楽ニュースサイトによると

・サッちゃん
・100年の声の歌
・私のフォークメドレー

となっています。
いろんな方のモノマネ披露しました。今回も面白かったですよー(^^。
去年のBDライブに参加した方や、清水ミチコさんの一人フェスを観た方は大体想像できると思います。

MISIAのここ数年のライブは2時間10〜30分ぐらいが多いです。
10日は約2時間10分、11日は約2時間25分だったので
(RYOちゃんの時間は含めていません。)
MISIAの時間が少々削られた感はあるでしょうか。
と言っても約2時間のライブも珍しいというわけではないので
(CN2015初日2時間5分。星VIIIは2時間5分ぐらいの公演も多かったです。)
極端に削られているという事はないですね〜。
清水ミチコさんの登場について個人的に感じた事は最後に書きます。

●MC
ここでは〜

【10日】
・M:(MISIA再登場)清水ミチコさーん!
・清:一生懸命頑張りました(笑)。
・M:キャンドルが凄く見えるようになりました。皆さん振り返ってみて〜。
 (Miya-Y:毎年観ていますけど、やはり一面のキャンドルの光は感動します〜。)
・清:今日は二人で何か歌おうかと考えました。MISIAさんは『「奈良の春日野」はどうですかって。心込めにくいっ(苦笑)』
 (Miya-Y:MISIAの『フンフンフーン 黒豆や〜♪』ちょっと聴いてみたい(笑)。)
・清:で、さっきリクエストあったユーミンさんの歌を。荒井由実時代の名曲で『雨の街を』という曲を。

【11日】
・M:(MISIA再登場)清水ミチコさーん!
・M:皆さん楽しかったでしょー?
・清:今日は凄い場所で、そしてMISIAさんの前でやらせていただいて嬉しかったです。
・M:六十次式年造替の年に二人で一緒にできるなんて〜。二度とないですよね。
・M:映像や音も録っていないので、目と耳に焼き付けてくださいね。
 (Miya-Y:ってことでCN2016の映像化、CD化はなしですね(>_<)。CN高野山公演発売してー!!)
・清:MISIAさん奈良に初めてきたのはいつですか?
・M:初めての時は赤ん坊のころ家族旅行で。鹿に囲まれている中、鹿せんべいを食べている写真があります(笑)。
・M:その後はライブで。その時奈良公園行ったり、参拝したりしました。
・M:その時の思い出は、奈良公園って奈良がいっぱいで〜。…じゃなくて(汗)。
・清:そりゃそうだ。奈良だから。
 (Miya-Y:良いツッコミです(笑)。)
・M:鹿がいっぱいで〜。その時奈良公園の郵便ポストを回収している局員の方がいて。
・M:そうしたら荷台に置いた手紙の袋の隙間から鹿がむしゃむしゃと(笑)。
・清:凄い現場見たね。それどうなったのかな?
・M:鹿は神の使いですから届けてくれたとは思うんですけど(笑)。
・清:鹿って珍しいものが好きなんですってね。
・M:今回ライブの準備中にキャンドルに興味深々だったそうです。
・清:鹿がいるって素敵な街ですよね。そんな奈良をイメージする曲を二人で歌おうという事になって〜。
・清:荒井由実さん時代の名曲で荒井〜…じゃないや(汗)
・M:奈良公園は奈良がいっぱいみたいになっていますよ(笑)。
 (Miya-Y:MISIAツッコミ返した(笑)!!)
・清:『雨の街を』という曲を。MISIAさんと一緒に歌いたいと思います。

という感じでした。

●雨の街を
カヴァーは原曲を知っている・いない・原曲の思い入れの強・弱によって感じ方は変わってくるとは思います。
ちなみに私はこの曲は知りませんでした。そんな私の感じた事ですが〜

ミチコさんのピアノから曲開始。1番はミチコさん担当。
ミチコさんはユーミンを降臨させてモノマネで歌います。
1番終了してバンドも参加。明男ちゃんのフルートが暖かみがあって凄く良い感じ。
TomoさんのドラムもGood。鈴虫の音も良い雰囲気となっています。
2番はMISIAが担当。10日より、11日のほうが柔らかく声を出している印象。私は11日のほうが断然好み。
3番は二人で、MISIAが高音でハモリを入れてきます。やはり2回目って事もあってか11日のほうがより美しいハーモニーだと感じました。
MISIAのハモリは最近こそ星空のラジオで聴く機会が増えましたけど、基本機会は少ないですよね。特に生だと貴重です。

凄く良かったですけど、個人的にはユーミン降臨のミチコさんではなくミチコさん本人の声で聴いてみたかったなー。
少数意見だと思いますけど。
清水ミチコさんのライブにMISIAゲストだったら文句なしの内容でしたが、
MISIAのライブにミチコさんゲストの場合は、私はそう思います。
会場全体的なウケを考えればユーミン降臨のほうが絶対良いとは思っていますけどね〜。

●MC
【10日】
・『雨の街を』初めて歌わせていただきましたけど、凄く素敵な歌ですね。
 (ふとMISIAアカペラでサビを歌います。………正直私は本編よりここのほうがズキューンときました。
 良い意味で力が抜けていて哀愁もあって、すっごく良い感じだったんですよ〜。)
・鈴虫の声も気持ち良いですね。
・この素敵な時間、久しぶりにこの曲を…『時をとめて』。

【11日】
・はぁ〜嬉しい〜。清水ミチコさんだけでいろんな方の歌を聴けて凄いですよね〜。
・手元のキャンドル持ち上げてみて〜。ほら〜♪ 皆が一つずつ星を持っているみたい。
・キャンドル持っていると拍手し辛いと思いますが、歓声やキャンドルを掲げてくださるだけでも気持ちは伝わってきます。
・CNでは毎回カバー曲を歌わせていただいております。CNで歌うカバー曲は素敵な歌詞のものを選ばせていただいています。
・次は槇原敬之さんの『僕が一番欲しかったもの』を。
・心豊かで、こういう幸せの形があるんだな〜って教えてくれるような素敵な曲です。
・そしてもう一曲はここ奈良出身の堂本剛さんの曲を今夜初めて歌わせていただきます。
・以前星空のラジオという番組で一緒に歌わせていただいた『街』という曲を。
・これは堂本さんが奈良の街に住んでいた時に、幼少〜10代の自分に向けた歌だそうです。
・大人になってから無くしたくないものがあるよな〜って感じます。
・あなたにとって一番欲しいもの、一番大切なものはなんでしょうか? そんな気持ちに触れられたらと思います。
・カバー曲は自分の歌とはまた違う緊張感があります。2曲続けて聴いてください。

●時をとめて(10日のみ)
この曲は初めてのCN(2012)以来でしょうか。CN2012は一夜限りで映像・音源化されていないのでレア感ありますね。
重実さんのイントロ開始。夜空、鈴虫との相性バッチリです。私は歌に入る前から曲の世界にずっぽり入ります。
MISIA歌い始めます。この曲ってゆったりと夜空を泳いでいる気分になるのですよね〜。はぁ〜幸せ(=▽=)♪
私は曲に集中しまくってイントロから目を閉じていたのですが、夜空を見ようとふと目を開けると皆がキャンドル揺らしてる(遅)!
あ〜ビックリした(笑)。
MISIA、2番の歌い出しに入れないミス。重実さんに合図を送りうまく修正。生バンドの良さの一つですね。
柔らかく美しい語尾も感じられて、脳内再生の2002、星IIを越えているな〜と思います。
Tomoさんの音が心地よく響いてきて良い感じ。Lynちゃん、久美さんのコーラスも素晴らしいです。
そして明男ちゃんのサックス。優しく曲に生命力を加えるような音です。
ノリ良い音、優しい音、自由自在ですね。ホント感嘆です。
終盤の高音は星II同様、最後の声出しは2002、星IIとは違うパターンでした。
これぞCN!って感じられた一曲でした。

●僕が一番欲しかったもの
そういえば会場の入口付近に槇原敬之さんから花束来ていました。
『マッキーと絡んだ事あったっけ???』って思っていたのですが、まさかカバー曲をやるとは。
10日は『真夜中の〜』後、11日は『雨の街を』後に歌いました。
11日のミチコさんタイム→二人で『雨の街を』→カバータイムって流れが良いと感じました。
この曲は私はサビを知っている程度の状態です。
10日、MISIAパワフルに声出してきます。どちらかと言うとMISIAの歌声のほうが前に来て歌詞はあまり入ってきませんでした。
11日のほうが柔らかくなっていた印象で、歌詞を含めて曲を楽しめました。良い曲ですね(^^。
後日原曲を聞かせていただきましたがこの曲はパワフルに声を出すより、明るめな声で軽快に歌っていたほうが相性が良いような気がします。
10日と11日でも結構変わった印象なのでまた聴いてみたいものです。公演回数が少ないが残念っ。

●街(11日のみ)
この曲は私は星空のラジオバージョン(以下星ラジオ)しか聴いていない状態。なので比較対象は星ラジオになります。
音程を下げてはいますがイントロからの流れは星ラジオと同様な感じ。
MISIA、星ラジオより低めにゆったりと歌っていきます。個人的にはこちらのほうが良い感じ。
星ラジオではBメロは堂本剛さんとのハモリ担当でした。今回はMISIAソロで声を綺麗に伸ばしていきます。
ここは原曲と雰囲気違うと予想しますけど個人的にはMISIAらしさも感じられてGood。野外で聴くのがまた気持ち良いです。
サビはパワフルに。『僕が一番〜』ではパワフルさと相性良くない印象でしたが、こちらは良い感じ。
私は1番で曲の世界へ入り込んだ感じです。
2番へ。Aメロ良いです。MISIAの曲ではあまりない早口になるところは少し違和感ありますが、基本ゆったり感が心地よいです。
BメロでLynちゃんが入ってきます。これがまた良いです〜♪ 堂本剛さんのライブでもLynちゃんこんな感じで入ってくるのかな(^^?
個人的なこの曲のツボはBメロからの展開だなぁ。大サビの入りでミスったような気もしますが、原曲知らないので確実とは言えません。
終盤はよりパワフルに。ゾクゾクっと来ましたよ〜。最後がしっとり終わる展開も良いですね。

●MC(11日のみ)
・CNでは最後にキャンドルに願いを込めて吹き消すという事をやらせていだいています。
・キャンドルの炎を吹き消す時に願いが叶うと言われています。願い事を考えておいてくださいね。
・願い事は一つじゃなくてよいと思います。その願い事の中に是非自分以外の誰か為の願いも入れていただけたら嬉しいです。
・今日はこんなロマンチックな感じだから手とか繋いで良いんだよ〜…自分で言って照れちゃった(笑)。
・次は久保田利伸さんに作っていただいたオリジナル曲。『Let It Smile』。

●Let It Smile
10日は曲名言わなかったのでイントロ聴いてビックリ。いやぁ予想外です。
星V(2009)以来でしょうか。星Vでも全会場でやっていたわけではないので、この曲もレア感あり。
脳内再生はSINGER SHOW DVD(2005)。生バンド構成&DVDには入っていない明男ちゃんサックスが新鮮に感じます。
原曲より少ししっとりとした感じでしょうか。
『Why don't you show me〜』はLynちゃんが担当。脳内再生と比べると低めで薄くも感じますが、
これはこれで良い感じ。シヴいです。明男ちゃんのフルートも好き♪
11日は『雨もいつしか』の『い〜』にグっときました。最近のMISIAの味ですね。ウヒ。
今回『Sun will shine〜』はMISIA、Lynちゃん、久美さんで歌います。これも新鮮に感じました。
後半〜終盤の明男ちゃんのサックスがまた反則的に良いです。これはやられますって(笑)。
あ〜このバージョンまた聴きたいなぁ。収録していないのが残念(>_<)

●Indigo Waltz
しっとりとした久美さんのオルガンと鈴虫の音が会場に響いていきます。野外感あって良いです。
『何の曲かな〜(わくわく)?』と思っていると、なんと『Inidigo〜』!!
これは星II(2003)以来でしょうか? また生で聴ける日が来るとわ思っていませんでしたぁー!
そうそう、セットリスト日替わりになると聞いていたので10日の
『時をとめて』『Let It〜』『Indigo〜』が変わるんじゃないかと不安でした。
(私にとって10日の大きなポイントは上記3曲でした。)
『時をとめて』は残念でしたが『Let It〜』『Ingdigo〜』は変更なしでした。良かったぁ。
こちらも10日より11日のほうが柔らかめな印象。私の好みは11日。
前半のバンド演奏は薄めでMISIAのボーカルが際立ちます。
Lynちゃん、久美さんのコーラスも凄く良いです。間奏は10日と11日で変わったかな?
私は11日のほうが好みでした。星IIより一段階大人っぽくなったアレンジとなっています。
終盤の転調が素晴らしく私はクラクラしちゃいました。終盤は明男ちゃんとの掛け合いも少し入りましたよ〜。
うぅ…収録なしかぁ(T_T)

●MC(10日のみ)
・今歌ったのは久保田利伸さん『Indigo Waltz』。以前からカバーさせていただいています。
・その前が久保田さんに作っていただいたオリジナルの『Let It Smile』でした。
・ロマンチックな夜ですね〜。先週雨の心配していたのですけど天気にも恵まれて。
・CNは私達の大切なものに想いを馳せようと、東日本大震災をきっかけに2012年からやらせていただいています。
・歌を聴きながら好きな人や大切な人、大切な事が心に浮かんだりしたら嬉しく思います。
・では次の曲を。『Back In Love Again』

●Back In Love Again(10日のみ)
曲名聞いて私は『えぇ〜〜〜〜』と少々テンション下がりました。
結構好きな曲で最近ずっと『やらないかな〜』と思っていたんです………ツ・イ・ンギターで。
よりによってサトシさん不在の時にやらなくても(>_<)
気を取り直して曲に集中。歌い出し良いです。この粘り感が〜…あれ歌詞ミスった?

MISIA『もう一回(汗)。大事な大切な歌なので〜』

というわけで歌い直し。
歌い出し良いです。この粘り感が好きなんですよね〜。
サビへ。まだ星VIIの時の爆音の衝撃を身体が覚えています。
野外という事もあってか星VIIよりかは良いです。それでも私には少しキツイかな。
歌詞ミスがちょいちょいあった気がしましたが、あまり気にしないでおきましょう。
MISIAはパワフル&声も伸びていて良い感じ。あぁツインで聴きたかった。

●逢いたくていま(Aco ver.)
超定番曲きました。と言っても正確にはギターから入る星VIII(2015)でやっていた『Aco ver.』です。
そういう意味ではやや久しぶり。星VIIIのツアー当初は無印と随分歌い方変えていた感じでしたが、中〜終盤には無印よりになった印象でした。
今回もツアー後半の無印よりな感じ。オリジナルを期待している人にもそんなに違和感ないのではと思います。
このバージョンはゆったり感があり、MISIAのボーカルがより前に感じられて、野外と相性良いと感じます。
………というか良いな。
ライブ参加回数が多い人ほど『もうこの曲はお腹いっぱい〜』って人が多いと思いますが、
久しぶりのAco ver.という事もあって〜…いや、星VIIIのときここまで良くなかったと思う(笑)。
無印よりではありますが、Aco ver.独自の味も出ているように感じます。
大サビ前の入り方とか新しくなっていたように感じましたし、Aco ver.としての完成度が上がっているように感じました。
野外の雰囲気もプラスに働いているとは思いますが。
自分でも意外だと思っていますが(笑)、CN奈良公演で印象深く感じた曲の一つです。

No.5943Re: Candle Night 2016 奈良公演詳細レポ
by Miya-Y - 2016/09/16(Fri) 22:57
 

●オルフェンズの涙
最近の曲では私の一押し。『きたか〜』と思いつつ曲に集中します。
…ですが打ち込み弦の音で少々テンションダウン。贅沢だとわかってはいますが何か違和感が(^_^;
打ち込みなしでやってみても良いと思うのですけどね〜。って聞いてみないとどうなのか分かりませんけど。
迫力ある歌い出しからの『Ah〜〜〜』は相変わらず惹きこまれます。
反響のほぼない環境で、この響きはMISIAの凄さですね。
何かこの曲に限らず11日のほうがMISIAのボーカルが柔らかく感じます。
10日は何度か歌詞ミスがあった印象あり。その分今までにない声出しをしてきました。この声出しは10日のみ。MISIAミスあるとその後燃える傾向がありますよね(^^。
NHKホールから開始した(と思われる)『Uh Ah〜ah オールフェーンズっ!』は両日ともあり。定番化したかな(^^。
終盤の声出しからの『オルフェンズ』の繰り返しも、11日は少しパターンが変わりました。
聴く度に変わっていきますねぇ。初披露からどんどん進化していると感じている曲です。

●MC
ここでは〜
(上のほうで既に書いてある同じような内容は省略します。)

【両日共通】
・ここで祭られている武甕槌命様はナマズの頭を踏んで地震をコントロールするという神様です。
・春日大社では震災から毎朝復興への祈りを捧げているそうです。1万回祈りが捧げられると1つの木札を立てるそうです。現時点で17本の札が立っているそうです。
・式年造替は20年に一度行われるそうです。20年に一度という理由の一つは、20年は親から子へと世代が変わる月日で宮大工の知恵と技術の伝承という意味もあるそうです。
・今年は熊本・大分でも大きな地震があって、私達はどうやって大切な事を語り継いで守っていくのかが課題になっているのだと思います。
・今夜のライブで愛しい人が思い浮かんできたら、その人に『好き』と、感謝している人には『ありがとう』って伝えてください。
 お父さん・お母さんはお子さんを抱きしめてください。そうやって人と人が沢山繋がっていって優しさが広がって、それが復興に繋がれば良いなと心から願います。
・一つ一つの灯りに、皆さんの幸せが広がっていきますように願いを込めて『One day, One life』。

【10日】
・昨日春日大社のほうに参拝させていただきました。近づくほど空気が優しくて清らかに感じました。
・東日本大震災で沢山のものを失いましたが、沢山の大切な事にも気づいたと思います。
・人と人との繋がりや、誰かが誰かを想う事の強さ。そういうものを無くしたくないと強く思いました。

【11日】
・武甕槌命様は武力を用いずに話し合いで国替えをしたり、戦争をせずに力比べをしようと相撲を始めた神様でもあるそうです。
・7月はap bank fesで歌わせていただきました。沢山のアーティストが集まって力を合わせて石巻の海岸付近で行う事ができました。
・開催されている小林さんや桜井さん、全てのスタッフの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
・東北に行った時に、被災にあった方が海岸で、小学生の方達にどう津波が来てどう逃げたのかなどを伝承なさっていたのを見ました。
・こうやって語り継がれていくんだと、私達も大切なものを守っていかなくてはと思いました。

という感じでした。

●One day, One life
CN2015高野山公演以来でしょうか。この曲のイントロ凄く好きです。
何か暖かみがありますよね。
11日はMISIAの歌声が明るめで、より優しく・暖かく感じられます。
特に前半は良い意味で力が抜けていた印象です。
最後の『それが重なってゆくOne Life』の
『それ〜が〜』のタメ『One Liぁぁぁ〜〜〜〜〜〜fe』のビブラートが私のこの曲の大好物です。
弦の印象が強い曲でもありますが、この曲では打ち込み弦は無し。
弦が入っているバージョンを多く聴いてきたので寂しく感じるかもと思いましたが、そうでもなかったです。
私の場合は下手に打ち込み入るより生音構成のみのほうが好みなんでしょうね。
終盤へ。明男ちゃんは弦がいるときはフルートでしたが今回はサックス。つーか何この音。素晴らしすぎ!!
毎回思いますけど、明男ちゃんホント偉大ですわ〜。
最後の『One day, One life♪』の繰り返しはHanahちゃんとの印象が強いですが、こちらも違った味があって良かったです。

●LIFE IN HARMONY
ピアノのイントロ開始。『何の曲かな?「LIFE IN〜」っぽい』と思っていたら正解。
この曲はCN2014以来でしょうか。
MISIAビブラートの良く効いています。
繊細さ、声の響き、パワフルさは10日、暖かみは11日という感じでしょうか。
この曲は10日のほうが私は好みです。
脳内再生はSOUL QUEST(2012)なのでコーラスが厚く、新鮮に感じます。
11日は歌詞飛びが二回ほどありました。
この曲も野外との相性良いですね。より壮大に感じます。

●果てなく続くストーリー
イントロで即反応。『果てなく〜』です。この曲もCN2014沖縄公演以来。
星VIIIでも何回か歌っています。
CN沖縄公演では終盤に声が荒れるところが少しありますね。難易度の高い曲だと思います。
ライブ後半〜終盤に歌う事が多いのも影響しているのでしょう〜。
私はCN2012のデキが良かったのが印象的。脳内再生は2002。
こちらもとても良いデキでアレックスの名演奏曲として挙げられている曲でもあります。
という感じで私の中ではハードルの高い曲。
で、MISIAですが期待以上に良い感じ。打ち込み弦は残念に思いますが、この曲は弦は必須かな〜。
間奏のTomoさんのドラムも良い感じ。私のこの曲のポイントの一つなのですが見事っ。
MISIA2回目の『不器用だから』前の『Uhuh Yeah〜〜〜〜〜〜』綺麗に伸びてきました。
その後の『I'm going my wa〜〜〜〜y』もクリア。
ですが、この曲はまだまだ難易度が上がります。

MISIA『Just go〜ing my wa〜ぇぇぇ〜〜〜〜〜y♪』
Miya-Y『(ぐはーーーー!!)』

見事にキメてきます。ここまでやってくれたら私はもう9割方満足。
その後一瞬入りが微妙に遅れたところがありましたが、荒れる事もある印象の『ただ進めばいいの』や『続く夢はーーー』を地声で綺麗に出してきます。
期待が高まります。
『ちい↑ーさな↑ーー星を〜 ま↑わ↑し続けーてる〜…きっと〜…きっと〜…』
キマったー!!拍手(し辛いですが)喝采!!
『ちい↑ーさな↑』と『ま↑わ↑し』ダブルでくるとは思いませんでしたー!
この後のアンコール中に感動の声がところどころから聞こえてきましたよ☆(誇らしげ)。
CN2012、2016とこの曲の名盤が出ないのが残念。まぁ私は荒れるところがあるとはいえCN2014もかなり好きなのですけどね。
この感動は心とレポに刻んでおくとします。

●アンコール〜MC
普段に比べるとアンコール時間はかなり短かったと思います。あっという間。
バンドさん再登場。そしてMISIA&ミチコさんも再登場。
両日とも大体同じような内容で〜。

・清:アンコールお邪魔しまーす。
・M:この前ミチコさんと矢野顕子さんのライブに行かせていただいて、ミチコさんと歌いたいなと思った曲があって。
・M:歌い継いでいきたいと思う素敵な曲です。
・清:矢野顕子さんの『ひとつだけ』という曲を。

という感じでした。
そしてミチコさん、矢野顕子さんを降臨させて『ひとつだけ』開始。

●ひとつだけ with 清水ミチコ(矢野明子カヴァー)
曲開始。ミチコさんから歌います。昨年7月のBDライブではミチコさん一人で矢野顕子さん&忌野清志さんをやりましたねー。
ちなみに昨年12月のミチコさんの武道館公演では矢野顕子さん本人と歌いました。
その時ミチコさんは清志郎さんパートを担当…って当然か(笑)。
今回は清志郎さんパートはMISIAが担当です。MISIAはモノマネしていませんよ(笑)。
この曲も11日のほうが柔らかい感じです。サビはMISIAが高音ハモり入れてきます。
私はMISIAのハモりに意識いきまくっていて全体的に聴けていなかったかも(^_^;)
力抜いた裏声ハモり良かったんですものー!こういうMISIAなかなか聴けないしー(笑)。
という感じで正確には言えませんが、11日のほうがより明るく楽しく感じられました。

●MC
ミチコさん退場。ミチコさんへの歓声も聞こえていましたよー。
ここは両日とも大体同じ感じで〜

・では皆さんと一緒にキャンドルに願いを込めていきたいと思います。願い事は決めましたか?
・最後にもう一曲歌いますので、まだ決まっていない方は曲の間にいろんな願いを思い描いてください。『Candle Of Life』

という感じでした。
何か11日のMISIAは、MCもゆったり優しく語りかけているように感じました。

●Candle Of Life
CN2015以来。CNって事でこの曲は必ずやりますよねー。
MISIA伸び伸びと、そして力強く歌っていきます。
最近は『明日へ』のように燐とした気持ちも感じられます。
歌の世界に引き込まれていきます。私の脳内映像は俯瞰視点となって一面のキャンドルの灯。
何か以前より『繋がり』を強く感じられます。
10日も良かったですけど、11日は一段階レベルが上がったように感じるデキでした。
柔らかな『そしてふと気づいたの』でズキューンときます。
軽い粘りも入れてくるところもあって凄く良いです。
『喜び悲しみ』とか表現力がグッと上がっていて聴いていてビックリです。
あ、両日とも間奏で『Candle Nig〜〜〜htっ!』と声出してきましたよ〜。
『本当の光を 今こそ灯せ』で皆でキャンドルを掲げたり、
『LALALA LALALA〜』を皆で歌うのも一体感あって好きです(^^。
初聴きのときは少し戸惑いもあった曲ですが、もうしっくりきまくっていると言うか、
今はCNライブはこの曲で締めたいと思うほどです。
CN2014公演では声の疲れもあって裏声も使っていますが、今回は疲労感はありません。
最後の『照らせ今〜っ 愛のほ〜のおぉぉぉ〜〜〜』
(ちなみにここはCDにはないです。追加されていまう。)
の地声での『あ』の力強さ&気持ちの入りっぷりにゾクゾクきました。
さらに最後に『Candle Nig〜〜〜htっ!』を追加して曲終了。

●キャンドル消灯
ここでは〜

【10日】
・(MISIA涙を流しながら)7月に石巻(ap bank fes)に行ってきました。沢山の想いが溢れました。
・私達は忘れてはいけない事があると思います。皆で大切に守って笑いあえる時間を繋げていきましょう。

【11日】
・それでは願いを込めていきますよ。キャンドルは持ちましたか?
 (キャンドル消灯)
・心より鎮魂と復興を祈っております。そして皆さんの幸せを祈っております。

【両日共通】
・MISIAの故郷の博多弁で『いっせーのーせっ』という意味の『さんのーがーはいっ』という合図で灯を消しましょう。
・キャンドルに願いを込めて………さん・のー・がー・はいっ(フー)。
 (少し間をあけて『Candle Of Life』のCD音源が流れます。)
・全ての願いが、祈りが、届きますように〜。
・バンドの皆さん、そして清水ミチコさんに大きな拍手をー!
・今日は本当にありがとうございました。この幸せな時間が10年、百年、千年、万年ずっと続いていきますように。

という感じでライブ終了。
CNなので今回も『MISIAと呼んでくださーい!』はありません。
今回はMISIAコールがない旨をMCで説明していませんでしたが綺麗に終了しました。
次記事でCandle Night 2016 奈良公演 2daysを通して感じた事を書いていきたいと思います。

No.5944Re: Candle Night 2016 奈良公演詳細レポ
by Miya-Y - 2016/09/17(Sat) 08:34
 

●飛火野特設会場について
上でも書きましたが、CN2014中城城跡、CN2015高野山壇上伽藍と比べると視覚的には世界遺産感は薄かったです。
また(私の11日の席は)傾斜があって少々見づらかったです(^^;
(私の席からは)夕陽が大きな木で隠れて見えなかったのも残念。
ライブ会場自体というより、会場に行くまでの雰囲気は良い感じ。
また三笠山の麓で、太古から語り合ったり、歌い合ったりした場所という事を知っておくと想像は膨らみます。
月も出ていましたが客席の後方で基本見えず。逆にMISIAは気持ち良く歌えたかも(^^。
反響のない純野外らしい音や、鈴虫の声は良かったです。駅からアクセスしやすいのも良い点ですね。
また飛火野でやる可能性はほぼないでしょうけど、またやるなら行きたいと思っていますよ〜。

●キャンドルについて
今年のキャンドルは10日しかツアーロゴが入っていないという問題を別にすると、
キャンドル自体はとても良かったと思います。
今まで直径が広いと重くなり、狭いと軽くなるけど取手部分が熱くなる〜という感じだったのですが、
今年のはロウ(?)がジェルのようにプルプルしています。
このおかげなのかは分かりませんが、比較的直径が小さいキャンドルでも取手部分はあまり熱くなりませんでした。
カメラマローソクさんの改良でしょうか(^^。

●セットリスト
最近歌い続けている曲も結構あったので残念に感じた方もいるとは思います。
『星IX』と『TOUR OF〜』の間の公演なので、初代CN2012のようなレア曲多めを期待していたりするとその傾向が強いかと。
私もそうなりそうでしたが抑えました(^_^;
他記事でも書きましたが『2013年以来の奈良でのライブ』とするか
『毎年の関西でのライブ』とするかで印象は変わりそうですね。
最近歌い続けている曲はMISIAにとって今皆に届けたい曲なのでしょうし。

濃いMISIAファンの方々=コア層は
『時をとめて』『Let It Smile』『Indigo Waltz』『果てなく〜』、
そしてカバーの『雨の街を』『僕が一番〜』『街』『ひとつだけ』はウケが良かったのではないでしょうか。
個人的には『逢いたくていま』をAco ver.にしてくれたのはポイント高かったです。

ライト層はメジャーなカバー曲、ミチコさんのネタ、『逢いたくていま』あたりがウケが良かったと思われます。
という感じでどちらのコア層、ライト層、MISIA自身と全体的な視点から見れば、そんなにバランス悪くはなかったと思っています。
『逢いたくていま(Aco ver.)』や『Candle Of Life』は歌い続けているからこその成長を感じられました。
まぁ個人的にはレア曲多いとウハウハしますけどね(笑)。

●清水ミチコさん
曲数は清水ミチコさんが入った事により大幅減って事はないと思います。
特に11日は時間的(RYOちゃん&ミチコさん除いて約2時間)にも、曲数的(15曲)にも星VII〜VIIIでは珍しくはなかったです。
アンコール時間も普段よりかなり短縮していた印象でした。
なのでミチコさんの時間はほぼ+αと考えても良いと思います。

私は清水ミチコさんのネタ面白いし、クオリティも高いと思っています。
(昨年ミチコさんの一人フェスにも参加して、楽しませていただきました。)
ただMISIAのライブ中となると、気持ちが盛り上がってきたところで中断〜という感じはありました。
個人的には昨年のようにアンコール後のほうが良かったかな〜。
またBDライブはイベント色も強めなイメージもあったのでそんなに気にならなかった事も、
世界遺産劇場・CNというイメージからすると少々違和感はあり。

私はMISIAのライブをじっくり集中して入りこみたいという気持ちが強いので、
100%入りこめなかったかなと言う気持ちはあります。

まぁ昨年も書きましたが、ミチコさんと一緒で嬉しそうなMISIA、
楽しそうなオーディエンスがいて、全体的に楽しんでいる人が多いのならばそれも良いのかなとは思っています。
ただ昨年は公演数の多い星VIIIの中の2公演。今回は2公演中の2公演。
純粋なCN2016も一度体験してみたかったというのが正直なところです。

●最後に〜
ミチコさんの

・皆さんは勿論MISIAさんの歌を聴きに来ていらしているのでしょうけど、それだけでなくMISIAさんの性格の良さ、愛情深さをもらいにも来ているのだと思いますよ。

という言葉が印象に残っています。オーディエンスから拍手もおきました。
MISIAのライブに参加した後って、暖かい気持ちになりますよね。
そういう事も含めて『MISIAの作り出す音楽』になっているのだと私は思っています(^^。

さて本日9月17日は『Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2016』。
レポどうにか終わった(笑)。
午後から雨予報ですが、どうなりますでしょうか。
楽しんできまーす(^^。

No.5954Re: Candle Night 2016 奈良公演詳細レポ
by Miya-Y - 2016/09/19(Mon) 10:04
 

上で『RIO』ちゃんと書いていたオープニングアクトの女性ですが『RYO』ちゃんでした。
記事のほうは後で修正しておきまーす。

No.5963Re: Candle Night 2016 奈良公演詳細レポ
by G/R - 2016/09/22(Thu) 09:17
mail
 

9月11日の春日大社は白血病の息子が亡くなり、遠征出来ず京都の仲間夫妻に行って貰いましたが、星空のラジオで「果てなく続くストーリー」を聞いてビックリしました、Miya-yさんのレポートを読むと判る通り、久し振りの完璧なMisia でした、最近あのレベルの超高音、ホイッスルは出さなく、出せなくなっていた感がありましたが、今回はなんと4オクターブ?に迫るアレンジでしたね、Misia さんにもチャレンジだったと思いますが、本番であれをやる勇気はさすがMisia です、感動しました、僕の代わりに初めてMisia を見た友達の奥さんはノリノリで大感激だったそうで良かったです、ファンがまた増えました、
Tour of ではあんなすごいMisia を見れそうですね、期待しています、

No.5964Re: Candle Night 2016 奈良公演詳細レポ
by Miya-Y - 2016/09/22(Thu) 12:01
 

>G/R
息子さんのご冥福をお祈り申し上げます。


レポに書いたとおりMCでは『映像や音を録っていない〜』と言っていたので、また聴けるとはビックリでした。
ライブに参加できなかった方々が聴く機会があって良かったです。
『商品化するような機材では録っていない』という意味だったのかもですね。ビットレートが低いのを感じましたがこれはネットラジオだったからでしょうね。
原音はもっと良さそう。このレベルで良いので販売してくれないかなぁ〜。
鈴虫の音が入っているのが個人的には会場を思い出して良かったです。
久しぶりの『TOUR OF〜』楽しみですね。


No.5948ジャズ クロスオーバー
by G/R 投稿日:2016/09/18(Sun) 07:47 mail
 

【次記事】
このところのMisia さんの活動には驚き、興味深く見守っています、
やはり星空のラジオの影響ってすごいね、
僕自身はずっとジャズもロックもR&Bもそれぞれに好きで
数少ないartist のファンになっていますが、MisiaさんはClosed Misia worldに執着していて、訳のわからないジャンルクロスオーバーには?なんです、
アルバム「love BEBOP」が現れてから、もしや先祖帰りしてジャズに接近?なんて思ったり&#10071;R&B/hip-hop の権化GOMIさんが絡んでいるとしたら、
GOMI さんもなの?なんて思ったり&#10071;
星空のラジオでの石川さゆりさんや小林武史さんとのトークから
Misia さんの他ジャンルとのクロスオーバーは加速して行く感じ、
楽しみでもあり恐くもありです、

No.5952Re: ジャズ クロスオーバー
by Miya-Y - 2016/09/19(Mon) 09:55
 

ども〜(^^。
MISIA自身は特定の音楽ジャンルにこだわっているわけではなさそうですかね〜。
私としては『いろいろなMISIAを聴いてみたい!』という気持ちが強いので楽しんでおります。
さすがに『演歌』とか言われたら引くとは思いますが(笑)、それでも聴いてからでないと感想は言えませんからね〜。
そういえば以前生物多様性関連で歌った『故郷』もシビれたなぁ〜。フルの音源ほしい(笑)。

No.5956Re: ジャズ クロスオーバー
by G/R - 2016/09/19(Mon) 12:12
mail
 

そう言っても、僕もアニメソングをもっと歌って欲しいとか言ったこともあって一貫性はないんですけどね、ただ初期のMisia さんの世界が強烈でなかなか抜け出せないんですよね、ジャズ、特にBEBOPは人生を通して追いかけて来た
ジャンルなので、妥協できないんですよね、
今のジャズボーカルってきれいな強い高音を期待するのは無理なので、
Misia さんが歌いだしたらとんでもない世界が実現しそうな気もしますが、
若いファンは少ないですからね、
ジャズもR&Bが分離してからは殆どの楽曲はスタンダードミュージックになっちゃって、創造性や即興性を表現出来る音楽じゃなくなっちゃいましたしね、
それもR&BのMisiaさんに魅了される理由なんですけとね、

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 編集キー

- KENT & MakiMaki -
携帯用改造:湯一路
写メールBBS:レッツPHP!
アレンジ:裕壹